GALAXY S10では 3D顔面認証やディスプレイ埋め込みの指紋センサーが搭載


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

GALAXY S10という次に発売される予定のGALAXY Sシリーズの最新モデルからの情報となります。


※こちらはGALAXY S9の画像です。

GALAXY S10(仮)というGALAXY S9の後継モデルですが、GALAXY S9からGALAXY S10の大きな外観の変更はないようです。

外観の変更はないもののGALAXY S10+では6.3インチと若干画面サイズが大きくなる見込みとなっております。

とはいうものの、外観の変更はほぼないということで、大きさはGALAXY S9とほぼおなじになるのではないでしょうか。

またベゼルは基本的にないインフィニットディスプレイを搭載すると言われております。

生体認証システム

生体認証システムは搭載されるのですが、イスラエルのマンティスビジョン社及び韓国ウッドゲート社によって開発される3Dセンシングカメラを搭載する予定です。

このセンシングカメラを利用することで、3Dによるカメラにて顔面認証を行う予定になっているようです。

顔面認証というのは、iPhoneXで搭載されたものと同じような仕組みになると思われます。いわゆるFaceIDのAndroid版ということになります。

続いて指紋認証機能というのはQualcomm、シナプティクス、台湾イージステック社の技術が採用されると思われます。

この指紋認証機能というのは2年ほど前から最新モデルには搭載されるとも言われておりました。iPhoneでもディスプレイ埋め込み型の指紋認証機能というのは搭載される可能性があると報じられており、非常に期待されていた生体認証システムとなります。

生体認証システムの中でもこの指紋認証というのはかなり使い勝手がいいのです。

なぜ使い勝手がいいのかということ、やはりマスクなどをしている状態でもロック解除ができるということです。

ただし真冬に手袋をしてマスクをしている状態なら指紋認証及び顔面認証というのは基本的には使えません。

そこでGALAXY S10に搭載される予定があるのは虹彩認証です。これなら目を元に認証を行う為、非常に有効だと言われております。

目はマスクも関係ありません。手袋も関係ありません。

少し気になるのはコンタクトをしている時とそうでない時はどうなるのか?ということくらいでしょうか。

指紋認証がディスプレイに内蔵で大画面化がさらに進む

指紋認証がディスプレイに内蔵されることで、大画面化がさらに進む可能性があります。GALAXY Sシリーズの場合だと背面に指紋認証機能が搭載されているので、すでに大画面化は実現出来ているわけですが、利用用途としてはいまいちです。

そのあたりの使い勝手の部分はかなり改善されるものと思われます。

基本的に使い勝手というのは、全面にすべて操作できるものが揃っているということだと思います。

全面に操作できるものが揃っていることはかなり使いがってとしてはよくなるでしょう。

基本的にスマホというものは毎日触れるものなので、使い勝手に関しては非常に期待したいところです。ディスプレイ内蔵の指紋認証があれば、本当に使い勝手がよくなるでしょうね。

ディスプレイに指紋認証機能が搭載されることはほぼ確実

2018年9月に入ってまたもやこの件に関していろいろなところが情報を掲載しております。

ディスプレイに指紋認証機能が搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。

これに伴い背面にあった指紋認証機能というものがなくなります。指紋認証機能というのは非常にいい認証機能となっており、個人的に見ても指紋認証機能というのはかなり使い勝手がいいです。

背面に指紋認証機能があるとどうしてもケースなどにカメラ以外の部分に穴が開くためどうしても使い勝手が悪くなります。

そういう心配がないということが非常にいいと思います。指紋認証機能というのは、本当に使い勝手もよく正直FaceIDこれはiPhoneの機能ですが、それよりも使い勝手がいいと思います。

FaceIDと同様の機能も搭載される可能性もありますが、一旦は虹彩認証があればそのあたりは回避できるかと思います。

虹彩認証及び指紋認証というのは両方ともに素晴らしい認証機能であることは間違いありません。

最近特に認証機能に関しては強化されている印象です。認証機能の強化というのはスマホを利用する側からするとかなりの安心感が生まれるかと思います。

スマホがこれだけ世界に販売されており、個人情報なども気にする風潮になっております。それだけ認証機能の強化というのはいいことだと思いますね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。