ドコモから新料金プラン ベーシックシェアパック ベーシックパック

ドコモから新料金プランが登場しました。

ドコモの新料金プランは段階的に料金負担が増える従量制となっておりますが、非常に安価に抑えられていることが特徴的です。

それではどのような料金プランになるのでしょうか。

ドコモの料金プラン

こちらが料金プランイメージです。この中でベーシックパックというものが今回追加されたことにより、1人あたり2980円で維持することも可能となりました。

利用イメージ

こちらが利用イメージとなっております。こちらの利用イメージというのはdocomo With 対象スマホを所持している場合毎月1500円が通信費から割引されます。

そういったプランの場合はこちらのプランを利用することにより、非常に安価に維持できるというイメージとなっております。

3人で利用する場合はかなりオトクに維持することが可能となっており、非常にいいプランが出来たと思います。

シェアの5GBで3人を維持することは難しいかもしれませんが、それでも次のステップにいったところでそれほど費用は上がりません。

それならシェア5GBで契約しておいて使った月だけ料金があがると思っておいてもいいかと思いますね。

利用開始日

2018年5月25日からこの新しい新プランにて利用が可能となっております。

新プランで利用することによりオトクなので、その時にはショップに一度詳しく聞いてもいいのかもしれませんね。

今回の料金プランまとめ

今回新しい料金プランが出てきましたが、プランは従量制のプランです。5GB〜20GB程度の割りと小容量の人が従量制にかわります。

従量制に変わることにより、今まで多い月とそうでもない月のばらつきが多い人にとっては間違いなく新料金プランのほうがオトクでしょう。

例えば10GBのプランを契約していて、新しいプランで10GBを超えると次のプランの価格になるのです。

今までは通信速度が遅くなることを我慢していた人にとってはちょっと残念な感じかもしれません。

遅くてもある程度使えると判断している人にとってはこのプランは少し微妙でしょう。とはいうものの毎月10GBを契約していて5GB程度しか通信をしていない人にとっては間違いなくオトクなプランとなるわけです。

人によってはこのプランは高くもなりますが、安くもなるのです。トータル的に見るとオトクになる人のほうが多そうな感じですね。

とはいうものの大容量まで思わず通信をしてしまった時は20GBまでの料金を払う必要もあり、一概にいいか悪いか判断することは難しいかもしれません。

旧料金プランは選択できない

旧の料金プランというのはすでに選択できません。新料金プランしか選択することができないのです。

新料金プランのほうがお得な人とそうでないことがいるということは本当にどうかと思います。

もう少しエンドユーザーのことを考えた料金プランであってほしかったですね。とはいうものの料金プランをそれなりに統合するという意味合いもあったかと思いますので、仕方ないことかもしれません。

旧プランのみを選択できる人は旧プランを選択し続けたほうがよかったかもしれませんね。

新料金プランにこだわる必要はないかと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。