iOS11.3 不具合 交換したディスプレイがサードパーティの場合 iPhone8が動作出来ない

iPhone8を現在持っている人も多いと思います。この3月でかなりiPhone8が販売され、非常に多くの人が最新のiPhoneを手にしているかと思います。

そんななかでiOS11は11.3へアップデートを行いました。この11.3へのアップデートというのはバッテリー改善プログラムが入っているものとなっております。

このバッテリー改善プログラムというものは一体どのようなものなのでしょうか?

バッテリー改善プログラム

iPhoneのバッテリーが劣化したら性能が落ちていくという問題があることを知っている人も多いでしょうl. それに伴いバッテリー...

こちらの問題がこの前顕著になりました。バッテリーの能力が低下するとiPhoneは性能を落としていたのです。

それは非常に問題であるということで、改修のプログラムを発動しました。改修のプログラムというのは、こちらのiOS11.3のプログラムにて改修されることになりました。

2018年4月時点では最も新しいOSのアップデートとなっております。こちらのアップデートに関して、不具合があがっているのです。

iPhone8でサードパーティのディスプレイを交換するとタッチの反応がなくなる

まさにタイトルの通りとなっておりますが、タイトルの通りサードパーティのディスプレイに交換した場合とあります。Appleの公式で交換した場合はおそらく問題ないかと思いますが、いわゆる街の修理屋で交換した場合は問題が出そうです。

世の中には格安で修理を行ってくれる店というものがあります。

部材をAppleが提供するものと同じものを利用している場合は問題ないかと思いますが、そうでない場合にはOSのアップデートでこのような問題が発生するということなので、本当に気をつけたいところです。

ディスプレイのタッチ操作が反応しないということはかなり辛いことです。iPhoneはタッチをすることで操作することが可能なデバイスのため、実際にほぼ何も出来なくなるでしょう。

次のOSのアップデートすら出来ない可能性があるということになるのです。

これはかなり申告な問題です。こちらなぜこのような問題が起きるのかということですが、iPhone8のディスプレイはマイクロチップとヒモ付が行われているようです。そのためマイクロチップがない状態のサードパーティーのものは使えないということになる可能性が高いです。

またこの問題は修理業者としても確認しているようですが、このタッチが出来ないという問題に直面すると再度修理を行う必要があるということです。

再度修理をするのは面倒でも残念ながら修理を行う必要はありそうですね。再度修理を行うことで改善すればいいのですが・・・

日本でも今後同様の事象が発生することは間違いないかと思います。結果的にAppleの公式ショップでの交換が一番ということですかね・・・

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする