スマホ契約 4年縛り 安く買えるが、格安SIM業者からの競争の阻害

現在スマホの契約で4年縛りというものがあります。実際には4年間契約することで、スマホを安価に購入することが可能ということです。

実質本体代金が半額で購入できるなど利用者にとってはかなりのメリットのあるように見える4年契約なのですが、実際に4年契約をすることにより、格安SIMを販売している会社に対しての利用推進が進まないと指摘されております。

公正取引委員会が調査

 

この4年縛りに対して公正取引委員会が調査をするようです。格安SIMを販売している会社との競争を阻害していないかどうかの調査となります。

今回の調査では今夏をめどに見解をしめす予定となっており、有識者会議というものを行い、大手キャリアに対してヒアリングを実施するというものです。

携帯業界というのは総務省主導の元にMNPは儲かるなどということでMNPに対して高額キャッシュバックを払わないようになどまた実質0円の販売をやめたり一括0円の排除など色々取り組んできました。

それに伴い機種変更のユーザーも公平に取引できるようにということで、価格はかなり高くなったということです。

スマホの販売価格が高くなると当然ながら売れることはありません。安価なので売れるわけです。

数年前まではMNPを行うことで、スマホを契約したら儲かるということが一時的に起きていましたが、今では残念ながら儲けることはほぼ出来ません。

このようにキャリアを取り巻く環境というものもここ数年で様変わりしたわけですが、今回公正取引委員会が動くことで、独占禁止法とのからみなど問題行為の洗い出しを行う見込みとなっております。

4年間の分割プランが問題

4年間の分割払いの契約というものが今回問題視されている契約となっておりますが、4年間契約することで2年目で実質本体代金の半額で機種変更が可能という契約が問題あるようです。

結果的にハイスペックのスマホが半額で手に入れることが可能となっており、格安スマホを販売している会社からすると格安スマホが格安ではなくなるということで、他社への乗り換えが進まないということです。

確かに4年間の分割契約で機種変更代金が半額なら、わざわざ低スペックのスマホを購入することもないでしょう。そういうことを考えるとキャリアモデルのまま契約し続けることが非常に大事かと思います。

個人的に見てもそのほうが間違いなくいいと思いますね。格安スマホとハイスペックのスマホなら当然ですが、ハイスペックのスマホのほうが間違いなくいいと思います。ハイスペックのスマホならカメラなども良好で動作速度も良好となります。

買い控えというものが進むことは間違いないかと思いますね。

4年縛りのプランは改善に向かう

この4年契約問題ですが、4年間契約し続けることが利用者にとってかなりの負担になるということでこの施策というものは今後改善されるということです。

やはり4年間という非常に長いあいだ同じプランに契約し続ける必要があるということは利用者としてはかなりの負担かつ相当な問題になっていたようですね。

独占禁止法にも違反しているということなので、かなり早急に改善する必要があります。

結果的にエンドユーザーが安く購入することができればいいのですが・・・4年契約でも安く持てるのであればOKという人も世の中にはいると思います。

実際にはどうなんでしょうかね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。