2018年 新型 iPad ApplePencilにも対応で低価格にて発売開始

2018年の新型iPadがついに発表されました。今回は教育向けということで、非常に安価な価格で発売されるようです。

低価格のiPadということで、9.7インチというProモデルとは異なる画面サイズとなっております。

Proモデルが発売される前の大きさのiPadということになっており、非常に期待できるモデルです。

セルラーモデルも発売されることにより、各社から発売が予定されております。

新型iPadのセルラーモデルの購入なら

<ドコモ>


<au>


auから発売されるiPadは実質0円で販売されるのです。 これはかなりお得ではないでしょうか。 こちらがau...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、auモデルなら3年契約となるものの実質0円で維持することが可能となっております。

実質0円でこのiPadを所持できるのはかなりお得ですね。

実質0円で維持しようとしている人ならこのiPadは買いでしょう。

<ソフトバンク>

こちら各社のオンラインショップとなっております。こちらからセルラーモデルの購入は可能となっております。

まだ今の時点ではキャリアからの案内はありませんが、今後案内は間違いなくあるかと思います。

それではセルラーモデルの価格に関してお伝えしたいと思います。実際のキャリアから発売される価格とは異なりますので、注意が必要ですがApple Storeではセルラーモデルの購入が可能となっております。

新型iPadの価格

32GB x WiFiモデル:3万7800円
32GB x WiFi&セルラーモデル:5万2800円
128GB x WiFiモデル:4万8800円
128GB x WiFi&セルラーモデル:6万3800円

Wi-Fiモデルなら37800円という非常に低価格となっており、これくらいの価格ならかなりお得にiPadを購入することが可能です。

iPadでも今回はスペックもそこまで高くはないので、Wi-Fiモデルの32GBで十分ではないでしょうか。価格も非常に抑えられており、あえてセルラーモデルの購入は控えてもいいのかもしれません。

それでも外出先で利用したいという人にとってはやはりセルラーモデルは必須でしょうね。

セルラーモデルはGPSが内蔵されており、地図アプリなどを利用する場合は便利ですが、iPadを購入する人はiPhoneもセットで持っているケースが非常に多いと思いますので、その場合はWi-Fiモデルで十分かと思いますね。

テザリングいわゆるインターネット共有でiPadを動作させることも出来ますので、Wi-Fiモデルでも問題ないでしょう。

低価格のiPadはApplePencilにも対応

ApplePencilというものを知っていますか?

SIMフリー版のiPad Pro 10.5を購入してみました。 iPadの購入は本当に久しぶりです。iPadは2の頃に一度購入したきり...

こちらApplePencilも以前購入しました。

ApplePencilがあれば、文字を書いたり、絵を書いたりと非常にいいと思います。

相当便利です。とはいうもののApplePencil自体が10800円とかなり高額なガジェットとなっており、もう少し安くならないかなと思います。

今回はCrayonと呼ばれるApplePencilと同じ性能を持つサードパーティも出てきているので、そちらを検討するほうがいいのかもしれまえんね。

今回は教育向けということで、手書きからペンで書くことにも対応することになりました。

ペンで書くほうが間違いなく書きやすいです。またこのようなタブレットを利用することにより、書いた内容を保存することも可能となっております。書いた内容を保存することができるということは、メモのように利用することが可能ということです。

メモ書き代わりにiPadを利用するなんてことも可能になります。

教育向けということで、基本的にはそこまでスペックも要求されません。当然iPadとして利用することになりますので、他のアプリなどを楽しむことも可能です。それでもやはりiPadとして教育向けとしてうたっている以上ある程度教育機関で導入される可能性もあるわけです。

スペックを紹介

モデル Wi-Fiモデル セルラーモデル
大きさ 240×169.5×7.5mm 240×169.5×7.5mm
重さ 469g 478g
OS iOS11 iOS11
CPU 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10コプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10コプロセッサ
RAM 2GB? 2GB?
ROM 32GB/128GB 32GB/128GB
画面サイズ 9.7インチ 9.7インチ
解像度 2,048 x 1,536ピクセル 2,048 x 1,536ピクセル
カメラ 800万画素/120万画素 800万画素/120万画素
カラー シルバー、ゴールド、スペースグレイ シルバー、ゴールド、スペースグレイ
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac

カメラ、写真、ビデオ撮影

8メガピクセルカメラ
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43メガピクセル)
写真のHDR
露出コントロール
バーストモード
タップしてフォーカス
タイマーモード
ƒ/2.4の開口部
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
自動手ぶれ補正
人体検出と顔検出
写真へのジオタグ添付

1080p HDビデオ撮影
スローモーション(120fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
人体検出と顔検出
3倍ビデオズーム
ビデオへのジオタグ添付

1.2メガピクセルの写真
Live Photos
ƒ/2.2の開口部
Retina Flash
720p HDビデオ撮影
裏面照射
写真とビデオのHDR
人体検出と顔検出
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

ビデオ通話

FaceTimeビデオ
iPadからすべてのFaceTime搭載デバイスにWi-Fi経由で

セルラーモデルでは携帯回線経由でも可能

オーディオ通話

FaceTimeオーディオ
iPadからすべてのFaceTime搭載デバイスにWi-Fi経由で

セルラーモデルでは携帯回線経由でも可能

携帯電話/ワイヤレス通信方式

Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
Bluetooth 4.2テクノロジー

Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
Bluetooth 4.2テクノロジー
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900MHz)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、27、28、29、30、38、39、40、41)4
データのみ

SIMカード

セルラーモデルのみ

nano-SIM
Apple SIMに対応(別売り)

位置情報

Wi-Fiモデル

デジタルコンパス
Wi-Fi
iBeaconマイクロロケーション

<セルラーモデル>

デジタルコンパス
Wi-Fi
Assisted GPS、GLONASS
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション

センサー

Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー

Touch ID

ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー

Apple Pay

Touch IDを使った、アプリケーション内とウェブ上でのiPadによる支払い

Siri

あなたの声でメッセージの送信やリマインダーの設定などができます
ハンズフリー対応
曲を聴いて認識

電源とバッテリー

Wi-Fiモデル
32.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、
オーディオ再生:最大10時間
電源アダプタ、またはUSB経由でコンピュータを使って充電
<セルラーモデル>
32.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、
オーディオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
電源アダプタ、またはUSB経由でコンピュータを使って充電

こちらにスペックを紹介しておきました。スペック的にはA10ということでiPhone7と同じCPUを搭載しております。

それだけのCPUが採用されているということで、正直なところ十分ではないでしょうか。画面はLEDとなっており、有機ELではありません。

その分価格も抑えられております。価格を抑えることで、当然ながらかなり販売されることは間違いないでしょうね。

各社からの月々サポート、毎月割、月月割が出てきた

新型のiPadが発表され、各社から新型のiPadの発売が開始されることがわかりました。 日本ではキャリアの取扱が行われることは...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、各社から月々サポート、毎月割、月月割の価格が発表されました。

発売日はauを除いて3月31日からの発売となっております。

すぐの発売となることは間違いありません。

当然ながらかなり人気の機種となっていることは間違いないと思いますので、かなり期待したいですね。

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする