ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約必要 メリット 対象機種

ドコモから端末購入サポートという施策が出ています。

端末購入サポートというのはどのような施策なのでしょうか。

どのような施策なのか知りたい人も多いと思います。端末購入サポートに関しての情報をお伝えしたいと思います。

端末購入サポートという言葉を聞いたけどよくわからないという人に端末購入サポートの意味をお伝えしたいと思います。

端末購入サポートとは?

スマホを購入する時に補助金というものが払われているということは、知っている人も多いと思います。

その補助金というのは、ドコモの場合月々サポートという言い方をしますが、通信費からの値引きが行われるのです。

通信費から値引きを2年間にわたり毎月行われるわけですが、端末購入サポートというのは2年間で行われる割引を一括で値引きする施策なのです。

ただし端末購入サポートを受けるためにはいくつかの条件がありますので、すべての機種が端末購入サポートで購入できるとは限りません。

時と場合により、その条件や対象機種は異なります。

そのため端末購入サポート入する機種というのは、随時把握しておくほうがお得です。とはいうものの、ドコモはゲリラ的に端末購入サポート入を増やしたり、やめたりするため、なかなか把握することは難しいかもしれません。それでも少しでもお得に購入するためにはいつから端末購入サポートの機種が増えるのかということは知っておきたいところです。

端末購入サポートを受けられる条件

端末購入サポートというのは、一括で値引きが受けられる代わりに、14ヶ月間契約し続けなければならないという条件があります。

厳密にいうと12ヶ月間所持することということが条件ですが、12ヶ月間というのは、契約した翌月を1ヶ月目とカウントし、それから12ヶ月間契約するということです。そのため、実質的には14ヶ月間利用し続ける必要があるのです。

それより前に解約してしまった場合は、違約金を払う必要があります。それは解約違約金以外に端末購入サポートに伴う違約金の発生があります。

それは注意しておきたいですね。

また端末購入サポートを受けられるようにするためには、契約するプランというのも決まったプランがあります。

端末購入サポートを受けるための契約条件

<Xi機種(スマートフォン)をご購入の場合>

「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」「データプラン(スマホ/タブ)」の2年定期契約型
「パケットパック」または「シェアオプション」のご契約
<Xi機種(タブレット)をご購入の場合>

「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「データプラン(スマホ/タブ)」の2年定期契約型※1※2のご契約
「パケットパック」または「シェアオプション」のご契約
<Xi機種(ドコモ ケータイ)をご購入の場合>
「力ケホーダイプラン(ケータイ)」「力ケホーダイライトプラン(ケータイ)」「シンプルプラン(ケータイ)」の2年定期契約型※1※2のご契約

<Xi機種(データ通信製品)をご購入の場合>

「データプラン(ルーター)」の2年定期契約型※1※2のご契約
「パケットパック」または「シェアオプション」のご契約

こちらが契約条件となっています。またこの端末購入サポートというのは2019年5月31日までとなっています。それ以降はどのような名称になるのかは不明です。

オンラインショップでの購入及び予約

やはりドコモオンラインショップでの予約が一番お得だと思います。

MVNOで利用出来るドコモです。そういう意味では他社に比べて非常に強いと思いますね。

やはりドコモをオススメしたいところです。先ほども書きましたが、上記の記事でオンラインショップは本当におすすめということなので、一度活用してみてはどうでしょうか。

ドコモオンラインショップで契約する場合は、事務手数料が無料となっており、結構なメリットがあります。

ドコモオンラインショップはぜひ検討してもらいたいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

端末購入サポートによりお得に買える機種が増えております

この端末購入サポートで新たに安く購入出来る機種が増えています。

ドコモ 端末購入サポート適用範囲拡大でMNP一括0円 キャッシュバック案件が加速

こちらに増えた機種などを記載しておきます。

安価に購入できることにより、非常にありがたいことではありますが、維持費がかなり増えることが懸念されます。

維持費は正直なところ家計にも結構影響を及ぼしますからね・・・

ということで、今後はさらに端末購入サポートの機種が増えると思いますが、ある意味仕方ないことなのかもしれません。

機種変更でも端末購入サポートが適用になる機種もあり、非常にお得な機種も結構あるはずです。

これなら少しくらいの違約金を払ってもでも一括で購入したほうがお得かもしれません。

特に2台同時にMNPしたらかなりお得になると思いますので、是非検討いただきたく思いますね。

今後さらに端末購入サポート対象機種が増えると思います。

[adsense1]

端末購入サポートは今後使えなくなる?

端末購入サポートの概念というのは一括で安く機種を購入出来る代わりに長い間維持してくださいということを目的に出てきた施策です。

現在2月に入り安売り自体出来なくなってきたのです。安売りすら出来ないということは、残念ながら端末購入サポートでスマホを購入する必要がなくなってきているわけです。

いわゆる一括0円で購入出来るということがこの端末購入サポートの醍醐味だったわけですね。

それが今は実質0円でも販売してはならないということになってきているのです。

世の中の流れがこのまま進めば当然ながら端末購入サポートはなくなるかもしれません。

世の中の流れとして端末購入サポートをなくして2年縛りもなくして欲しいという要望もかなり出てきているようです。

2年縛りの撤回を今後行う可能性も非常に高いわけですが、実際のところこれからは2年と2年1ヶ月目に対してなくしていくということのようです。

端末購入サポートのように実質14ヶ月という割と長期間の縛りははっきりいって要らないと考える人が多いわけですよね。

現在ドコモは国のほうにばっかり目を向けて仕事をしています。ユーザーのほうは向いておりません。国のお伺いをたてて仕事をしていることが多いので、本当に今後は国がどう動くかによると思います。

個人的には端末代金を払うのであれば、それこそ端末購入サポートという概念もなくなっていくのではないのかと思いますね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモ新料金プランで2019年6月1日以降は端末購入サポートで買えなくなる

ドコモは新料金プランを発表したことは知っている人も多いと思います。

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年5月9日

この新料金プランは2019年6月1日から正式に運用されるわけですが、端末購入サポートはそのタイミングでなくなります。

新料金プランになると本体代金と通信費が分離しての支払いになり、端末購入サポートだけでなく、月々サポートもなくなります。

ドコモウィズもなくなります。これにより、結果的に端末代金は高くなると思われます。

端末代金が高くなるということで、残念ながら端末購入サポートはなくなるのです。

もう端末を値引き購入することはかなり難しくなるかもしれません。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモオンラインショップで契約するメリット

ドコモオンラインショップで契約するメリットというのがあるのは知っていましたか?

ドコモ オンラインショップ 機種変更はお得 メリットを紹介

こちらをみてもらいたいのですが、ドコモオンラインショップで契約するというのはかなりのメリットがあるのです。

実はそのことを知らない人が非常に多いのです。ドコモオンラインショップというのは機種変更の手数料がかかりません。(Xi→Xi)

それがないのは非常に助かります。それだけでかなりお得になった気分になりませんか?それくらいドコモオンラインショップというのは、人気なのです。

個人的にも利用はします。やはり手数料の発生が少ないというのはかなりありがたいと思います。

是非これからもドコモオンラインショップの利用をオススメしているので、検討してもらいたいところですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ガラホが端末購入サポート入り F-05G SH-06G

ドコモからガラホと呼ばれる機種を発売しておりますが、2016年6月17日から端末購入サポート入りなので紹介したいとおもいます。

ガラホ F-05G SH-06G 端末購入サポート入りで 一括0円で販売開始 新規 MNP

こちらの情報ですが、6月17日から端末購入サポート入りしました。

ガラホはまだあまり世の中に出ていないとおもいますが、端末購入サポート入りするということは、シェアの子プランでも購入することが可能です。

子プランで購入出来ると間違いなくお得ですよね。とりあえずガラホでもいいので、使ってみたいという人にはこれはオススメかとおもいます。

まだお父さんが普通の携帯を使っていてLINEが出来ないなんて人いたら是非紹介してあげたらどうでしょう?

とはいうものの、機種変更は端末購入サポートに入らないようなので、新規及びMNPが対象となります。

それでもとりあえず子回線で購入してみるというのもいいとおもいます。価格はそれほど高くはありません。

毎月の維持費もそれほど高くはないので、是非検討して欲しいですよね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

d-01Hが一括価格で販売中 GW中は非常にお得に購入可能 一括0円で新規購入が可能

2017年5月1日追記

d-01Hという機種がかなり今お得に購入することが可能です。

ドコモオンラインショップから購入することが可能なのですが、一括0円で購入することが可能になっております。

これはかなりお得なこと間違いありません。

ぜひこれは検討してほしいですね。d-01Hという機種はタブレットでありまた地デジも閲覧も可能になっているのです。地デジの閲覧が出来るということは本当にいいですよね。今購入すると後半のGWに間に合うかもしれません。新規購入ならちょっと厳しいかもしれませんが、これから夏の時期にかけてお得に購入することが可能です。

ぜひ検討してもらいたいですね。

フルセグ テレビも見れるタブレット dtab d-01H が実質0円で販売中→一括0円へ

こちらがこの機種を紹介しているページです。こちらも合わせてご確認ください。

端末購入サポートよりdocomo Withのほうがオトク?かもしれません。

docomo With戦略というものが始まりました。

毎月のスマホの維持費が280円で維持可能 docomo With戦略が非常に安くてオトク

こちらがdocomo With戦略というものです。こちらのほうがオトクなことが多いような気がします。

結果的に長期間スマホを所持するようなことがあるのであれば、こちらを利用するほうが間違いなくオトクです。

中長期的にスマホを維持するほうが端末購入サポートを利用して端末を購入するよりオトクなことがわかると思います。

これから先はスマホも機種変更がどんどん増えてくると予想されております。

MNPが美味しいという時代は終わったのです。これからはスマホも維持していく時代となったわけですね。そういうことを考えるとやはり中長期的にスマホを維持していく維持費に関して考えていく必要があるかと思いますね。

docomo With戦略と一時的に安価になった端末購入サポートを狙うのか非常に微妙なところです。

端末購入サポートというのは一時的に端末を安価に買うことは可能ですが、14ヶ月の所持が必要となってしまいます。そういうことを考えると少し微妙な感じもしますね。

端末購入サポートというのは、その場限りではオトクに感じますが、2年間所持することを前提に考えると別にそれほどオトクではありません。そのあたりは考える必要が有ると思います。

iPhone8 iPhone8Plus 端末購入サポート対象機器に

iPhone8及びiPhone8Plusが端末購入サポート対象機種になりました。

iPhone8 iPhone8Plus MNP 新規 端末購入サポート 入りで非常に安価に購入出来るように

2018年3月13日

iPhone8はまだ発売から数ヶ月しか経過しておりません。数ヶ月のみで端末購入サポート対象機種となるということは非常に嬉しいのではないでしょうか。

少しでも安価に購入したいですからね。少しだけでも安価に購入できれば本当にお得なことは間違いありません。

基本的には端末購入サポート入りするのは発売後半年以上経過してからということが非常に多かったわけですが、年内の端末購入サポート入りというのは少し驚きです。

ユーザーとしては安価に購入することが可能なので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

2018年に入ってもこれは継続されるので、2018年に入って購入してもいいと思いますね。間違いなくお得なので、ぜひ検討してみてください。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

端末購入サポートでV20 Proが購入しやすくなった

端末購入サポート入りでV20 Proが非常に買いやすくなっていることを知っていますでしょうか?

なんとか書くは648円という低価格で購入することが可能となっております。

ドコモ 端末購入サポート適用端末が2018年1月より追加 安く購入可能に

こちらの記事を見てもらいたいのですが、端末購入サポート入りした機種が色々あります。

その中でもやはりV20 Proという機種は非常にオススメしたい機種の一つです。端末購入サポートに入ったことにより、648円という非常に低価格で販売しているのです。

今最も熱い機種ではないでしょうか。カメラに関してもかなり使える機種となっており、正直なところ広角カメラの性能はピカイチではないでしょうか。

それくらいオススメ出来る機種となっております。

このV20 Proを今のタイミングで購入しないとダメですね。それくらいオススメ出来る機種となっておりますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

在庫限りの特価となっており、今購入しないといつ購入するの?というくらい人気の売れ筋機種です。ぜひ検討してもらいたいですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。