iPhone 2019年モデルで 指紋認証機能が登場 FaceIDとの認証方式を選べるように

2019年に発売されるiPhoneXでは指紋認証機能が復活するようです。

2018年に発売されるiPhoneはFACEIDが全機種に搭載されるなんてことはいわれておりますが、2019年モデルのiPhoneXではFaceIDと指紋認証機能の両方が搭載される可能性があります。

FaceIDは使い勝手が悪いとも言われている

FaceIDというのは使い勝手が悪いとも言われており、その理由は日本人はマスクをする人が多く、マスクをしているときは残念ながらFaceIDが動作しません。

FaceIDが動作するのは普通のときだけということもあり、最近ではHIKAKINさんがFaceIDが使いづらいということで、iPhone8に乗り換えるなんて事態も発生しております。

このようにFaceIDは便利に感じる人と便利ではないと思う人の両方が存在するということで、Appleも苦肉の策という感じではないかと思います。

FaceIDの使い勝手はおそらくこのまま改善されることはないkと思いますので、おそらく指紋認証機能と併用されるということになるかと思います。

指紋認証機能は画面埋め込みに

指紋認証機能というのは画面の埋め込みになるかと思われます。

画面埋め込みの指紋認証機能というのは、非常に面白いですね。

もともとこの画面に埋め込まれるというものはGALAXYシリーズなどでも指紋認証機能の画面埋め込み機能は言われており、非常に期待できる機能の一つです。

GALAXYシリーズは背面に指紋認証機能があることから指紋認証機能を利用するのはちょっとしんどいと感じる人は多かったと思います。

それが指紋認証機能が画面に埋め込まれるということになれば、前面に指紋認証機能がきます。

前面に指紋認証があれば、ロック解除も非常に簡単になり、かなりいいと思います。

指紋認証機能は今のところこの画面埋め込み型になるということが最も有力的でしょう。そうでないとまたボタンが復活ということにもなりかねません。

今のiPhoneの見た目をそのまま引き継ぐのであれば、間違いなく、指紋認証機能は画面埋め込みになるでしょうね。

引用元:forbes

初回投稿日:2018年2月9日