2018年モデルのiPhoneにはFaceIDが必ず付く 指紋認証はなくなるの?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

最新のこの記事ではiPhoneは2018年モデルとして3種類のiPhoneを発売すると報じております。

2つの有機ELモデル及び1つのLCDモデルの合計3つのモデルが発売されるというのです。

その中でもFaceIDを採用するというのは、これら3台の機種に対してすべてに導入する可能性が高いことがわかりました。

FaceIDの部品拡大

FaceIDというのはiPhoneXから搭載された顔面認証機能です。虹彩認証とは異なり、顔面での認証機能となり今までの指紋認証から今後FaceIDに切り替わっていくのではという憶測は以前から飛び交っておりました。

それがついに2018年に発売されるモデルではFaceIDの関連部品が増えているようです。

2018年に発売されるiPhoneに関してモジュールサプライアーというものを選定したようです。2017年モデルのiPhoneXで採用されているモジュールというのは、LGイノテックとシャープが担当しており、2018年はさらに中国企業が新たに参入したようです。

その中国企業というのは2社選定されたということで、FaceIDの拡大はほぼ間違いないということがわかるかと思います。

中国の企業ということしか明かされておらず、明確にどのメーカーということはわかりません。

LGイノテックは1月にモバイル用カメラ女ジュールと新技術のモジュール議場に8737億ウォン約880億円を設備投資すると発表もしており、LGイノテックというのはカメラ以外の新技術のモジュールに対してのという新技術に関しては触れられておりません。

おそらくこの新技術というのが、FaceIDになるのではないかと思われます。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



アジア系の企業が新たに参入

アジア系の企業というのがサプライアチェーンに新たに入っているということで、日本企業もがんばってもらいたいですね。

Apple製品には日本の企業も部品を提供しているものもあり、期待はかなりされているかと思います。

最近では特に中国系の企業の参入というのがかなりのものかと思います。

LGやSamsungなどもAppleに部品を提供しており、ある意味ライバル会社であるにも関わらず部品を提供するというちょっと不思議な感じもありますが、それでお互いいわゆるAppleだけではなくLGはLGの機種、SamsungはSamsungの機種に対して技術力アップとなれば本当に市場は活性化して面白いですね。

iPhoneは世界的にかなり売れているスマホとなっており、今後もまだまだシェアを伸ばし続けることは間違いないでしょう。

そういう観点からもかなり期待出来ることかと思いますね。

引用元:etnews

初回投稿日:2018年2月8日

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。