MacOS MacBookでiPhoneやiPadのアプリを動作出来るようにする可能性が高い

MacOSで今後iPhoneやiPadアプリを動かすことが出来るかもしれません。

iOSなどの次のOSというのは、品質改善などに重点を置いているということで、新機能を見送るということは以前お伝えしたとおりですが、新機能の目玉としてiPhoneアプリやiPadのアプリを動作させる可能性が高いことがわかりました。

MacでiOSアプリを動かすということに対して期待は膨らむ

MacでiOSアプリを動作させるということは非常に期待したいことで有ることは間違いありません。

次に発売されるOSというのは、WWDC2018で発表される可能性が非常に高いと報じられており、その時にiOS12及びMacOS10.14が発表される見込みです。

iOS11が発表され、今年9月には正式にiPhoneやiPadに反映されることは間違いないということがわかりました。 そうなるとiOS...

こちらにその情報を掲載しておきます。

正式発表はおそらく2018年9月頃になる見込みとなっております。

MacOSでiPhoneアプリを動作させるメリット

MacOSでiPhoneアプリを動作させることの出来るメリットというのは、iPhoneのように1つのウィンドウしか表示出来ない場合でも複数のウィンドウを上げることが出来るということです。

何かのアプリを見ながら違うアプリを操作するということや、実機を見ながらMac側でiPhoneを操作することが出来るということもメリットのあることかもしれません。

また動作環境に関しても、特に開発者にとってはMacでiPhoneアプリが動作させることが出来るということは、シュミレータなどを利用することなくiPhoneを利用することが出来るということになるのかもしれません。

基本的に1つのOSで複数の動作をさせるということは今の技術ならそれほど難しいことではないかと思いますが、いわゆるバーチャル環境で動かすのではなく、Mac自体にその機能が備わっているということなので、オーバーヘッドが少ない状態で利用することが可能になるでしょう。

使い方は人それぞれかと思いますが、メリットの恩恵は享受出来るのではないでしょうか。

引用元:macrumors

初回投稿日:2018年2月2日