2018年モデルのiPhoneXは4GBのRAMでバッテリー増強もあり


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

最新のiPhoneXの情報が掲載されております。

最新のiPhoneXの中でもLCDモデルが本当に現在注目を浴びています。

その中で発売される6.1インチモデルのLCDモデルですが、JDIがiPhoneのパネルの70%を供給すると見込まれております。

70%というのはかなりの量ですね。

またその機種というのは0.5mmしかベゼルがないというモデルになる可能性が非常に高いということです。

2018年モデルに発売されるiPhoneでJDIの液晶が使われる可能性

こちらの記事がそれに当たるかと思います。

2018年モデル iPhoneX iPhoneXPlus

2018年モデルのiPhoneX及びiPhoneXPlusですが、iPhoneXPlusは6.5インチディスプレイを搭載すると報じております。

またその中に搭載されるRAMの容量ですが、4GBのRAMを搭載すると報じられており、大容量のRAMが搭載されるということです。

またバッテリー容量は、3300〜3400mAhもの大容量のバッテリーが採用される見込みになっているようです。

iPhoneXPlusは6.5インチにも達するということで、かなり大画面になる見込みです。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



TrueDepthカメラは2019年まで改良なし

TrueDepthカメラというものがiPhoneXから採用されておりますが、こちらは2019年まで改善がないようです。

ということは今のままということになります。

2019年モデルではノッチがなくなると報じられており、その頃にはまたさらに小型化されたモデルになるのではないでしょうか。

iPhoneX 2019年モデルでノッチ (DepthCamera)などを搭載している部分が減る

こちらがノッチが小型化になると報じられているニュースとなっております。

まだ次期iPhoneの名称などはわかっていない状況となっており、本当にどうなるのでしょうか。

iPhoneXの名称は今のところ2018年iPhoneXと報じられているにとどまります。

またiPhoneXPlus及びiPhoneXSEという名称になる可能性も十分あります。

4GBはPlusモデルのみに?

iPhoneXPlusというモデルが今後発売される可能性があり、4GBを搭載するモデルというのはiPhoneXPlusというモデルになる可能性が高いことがわかりました。

iPhoneXPlusというモデルというのは6.5インチモデルとなっており、最も画面サイズの大きなモデルとなっております。

画面サイズが大きなモデルということで、非常に期待が持てると思います。

4GBのRAMを搭載するということは他のモデルは3GBのままの可能性もあります。現行のiPhoneでも大容量のRAMを搭載したモデルというのは上位モデルのみです。

iPhone8は残念ながら3GBのRAMしか搭載しておりません。

そういう事を考えるとやはり大容量のRAMを搭載したモデルというのは上位モデルのみになります。iPhone8Plusというのは3GBのRAMを搭載しており、ハイスペックモデルという位置づけですからね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。