iPhoneXSEという名称に 2018年のLCD搭載モデル スペック 価格は?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2018年に発売される可能性のあるiPhoneは4種類のiPhoneになると現時点では報じられております。

その4種類のiPhoneというのは、SEが1機種で通常のiPhoneが3種類になる可能性があると報じられております。

そしてこの中の名称の一つとして、iPhoneXSEというモデルが加わる可能性があると報じられております。

KGI証券のクオ氏

iPhoneなどのリーク情報をいつも握っているこのクオ氏が新しいニュースとして、報じております。

2018年にはiPhoneXの2017年モデルの後継モデルを発表する予定にしているようです。これは知っている人も多いでしょう。

そしてそのラインナップの一つにiPhoneXPlus及びiPhoneXSEという名称のものが含まれているようです。

iPhoneXPlusというのはiPhoneXのPlusモデルいわゆる大画面モデルということになります。

そしてiPhoneXSEというのは廉価版モデルになる可能性があるということです。

iPhoneXPlus XP アイフォンテンプラス スペック 発売日 価格 予想 まとめ 大画面モデル

こちらがiPhoneXPlusの記載のあるページとなっております。これは大画面モデルで6.4インチ程度になる可能性が高いと報じられております。

そして新しいSEのモデル名称というのは、iPhoneXSEとなる見込みでスペック的には他の機種とは何が違うのかというと、LCDディスプレイを搭載し、デュアルカメラも搭載しません。

3DTouchも搭載しないといういわゆる廉価版のモデルということになる可能性が非常に高いです。

価格はどうなる?

iPhoneXPlusというモデルの価格は1200〜1350ドル程度となり、非常に高い価格設定となっております。

iPhoneXSEという機種は700ドルから800ドルとこちらも非常に高額な価格設定となっております。

700ドルというと日本円で8万円ほどで販売される計算になり、かなり価格が高くなると思います。

現在のiPhoneSEが349ドル〜ということを考えるのであれば、相当高額な機種になることは間違いないと思います。

約2倍の価格設定ということになります。

高額機種というのは、日本ではそれなりに販売しても売ることが出来るわけですが、やはりまだ中国などでは高額機種というのは結構厳しいのかもしれません。

そういう国で販売しようと思うのであれば、価格はもう少し下げなければいけないとも思いますね。

実際にiPhoneXは2018年の夏頃には生産を終了させるとも噂されております。その理由ですが、やはり販売不振というものにあると言われております。

販売不振というのは、やはり価格設定でしょう。価格は非常に高い機種となっており、世界的に10万円を超えるような価格設定で販売しているのであれば、正直なところ販売することはかなり難しいと思います。

このように世界的に販売させる機種というのは、相当難しいことも予想され、今後SEも700ドルを超えるということであれば、かなり厳しいのではないでしょうか。

2018年にはいってiPhoneXSEは発売されるかもしれないとの報道

2018年にはいってまだiPhoneSE2というモデルは発売されておりません。

iPhoneXSEという名称のモデルは今後発売される可能性が高いことがわかりました。

iPhoneSE2という名称になるのかiPhoneXSEという名称になるのかまだそのあたりは不明確ですが、ノッチのあるiPhoneが発売されるのです。その大きさというものは廉価版の位置づけの大きさということになるわけです。

iPhoneXSEというのは、非常に期待できる廉価版になりそうですね。基本的なスマホの能力というのはiPhoneXと同じくらいの能力になることが予想されております。

iPhoneXよりもトータル的なスペックは落ちるかもしれませんが、iPhoneXSEという廉価版モデルが発売されるわけです。廉価版モデルが発売されるということは、価格も下がることが予想されますので、消費者目線でいえばかなりありがたいことになることは間違いないでしょう。

iPhoneXSEという名称になれば、完全にiPhoneXの廉価版モデルということになります。iPhoneXの廉価版ということになれば、相当売れることは間違いないでしょう。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。