実質0円の施策がなくなったことにより 格安スマホが 経済が衰退すると 復活を提言

マイケルマンデル氏という方がアメリカのシンクタンクPPIと呼ばれるところに在籍しておりますが、その方が日本の経済への影響というのは実質0円の規制というものがあげられると主張しました。

昨今携帯電話というのは、実質0円というものがなくなり、携帯電話の市場価格というのはかなり値上がりをしております。

そのため携帯電話を購入しようと思う人がかなり少なくなってきました。

総務省というのは、実質0円で販売しないようにと忠告をかなりしております。 そしてここ最近また形骸化されている携帯の料金に関して、再度指...

このような総務省の施策によるものです。

2016年2月より総務省の施策が稼働

2016年2月より総務省が各キャリアに指導し、実質0円を禁止している動きになっております。

実質0円のため、端末価格は上昇しましたが、それとは別に非常に安価にスマホを持つことが出来るような施策も色々出てきました。

総務省がこのことをなくすことにより出てきた施策というのは、auのピタットプランなど2000円前後からスマホを維持出来るようなプランも出てきており、正直なところそれがかなり喜ばしいと思っている人もいるのかもしれません。

しかしながらスマホを購入する時の補助金を減らすということは本体が売れないということになり、日本経済が悪化するというのです。

これは施策開始前から言われていたことで、当時MNP一括0円キャッシュバックというものが社会問題にもなってきました。

一部の人が大量にスマホを購入し中古市場に流すということをやることにより、一時的に大金を得ることが出来るのです。

MNP乞食と呼ばれる人たちがかなり増えてきたのです。

携帯でMNPをしようと思っていた人は非常に残念ですよね。 このサイトでも何度も書いていますが、いわゆる携帯乞食と呼ばれるスマコジが終了...

こちらを見てもらいたいと思います。

このようにどんどんスマホを購入する人が減ってきたわけです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ショップ店員に聞いてみた

ショップ店員に売れ行きを聞いてみたところやはり2015年と今では全く売れ行きは違うということです。

売れ行きが違うということは、どういうことかということですが、やはり売れないということです。以前のようにスマホが売れないということで、新機種を持たないという人もかなり増えてきたのです。

特に最近は次の機種変更まで安価な価格設定で利用出来る機種なども出てきました。

docomo withという新しい施策が出てきました。こちらの施策はかなり面白い施策となっております。docomo withと呼ばれる製品を...

こちらですが、ドコモなどはdocomo Withという新しい契約形態が出てきたことにより、同じ端末と長い期間利用する人にとっては非常にお得な割引精度というものも出てきております。

このように市場は総務省から言われたように徐々に変化しつつあるわけです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

一括0円キャッシュバックの復活を望む声も多い

一括0円かつキャッシュバックを望む声というものは多いです。それこそ2年に1度の割合でMNPをする人というのもかなり減ってきました。

今ではこの総務省の指導により、2年に1度MNPではなく機種変更を行うわけです。

それはそれで仕方ないことなのかもしれませんが、エンドユーザーとしてはかなり残念な感じですね。

おそらく提言されたところで、総務省はなし崩しにはしないと思いますが、やはり端末が売れないということで、日本経済は売れないということがかなり問題になっていることは間違いないでしょう。

確かにそのとおりなのかもしれませんね。

引用元:engadget

初回投稿日:2018年1月23日

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする