GALAXY S9 /S9のバッテリーは S8の容量と同じに 発表は2月26日に

GALAXY S9は2018年2月26日に発売を予定しているようです。

2018年2月26日に発表を行い、3月頃からの発売になる見込みとなっております。

日本でもGALAXY S9の発売は行われる予定となっており、今後はGALAXY S9の発売に関して情報をとる人もかなり増えてくると思われます。

昨年のGALAXY S8を発表した時よりも5週間ほど早まっているということで、非常に期待は出来るものと思われます。

それではバッテリーの容量に関してお伝えしたいと思います。

GALAXY S9及びGALAXY S9+のバッテリーの容量は?

GALAXY S9及びGALAXY S9+のバッテリーの容量は3000mAh及び3500mAhとなっており、バッテリーの容量は現行のS8とそれぞれ同じものとなっているようです。

基本的なディスプレイの構造などはGALAXY S8の時と同じになると思われますので、バッテリーの容量が同じということであれば、電池の持ちなどはほとんど変わらないことが予想されます。

わたしの所持しているGALAXY S8+のバッテリーの持ちは正直なところ2日程度しか持ちません。

よく使うともっとバッテリーの持ちは悪くなり、1日程度しかバッテリーは持ちません。

正直なところ3日程度はもってもらいたいと思いますが、残念ながらそこまでバッテリーの持ちが良くなるということはありませんでした。

とはいうもののSamsungは購入2年後の端末でも「95%バッテリー容量を保証」と宣言しており、これはiPhoneと異なり非常にありがたい施策であることは間違いありません。

Samsungはそういう意味では間違いなく、iPhoneの対抗をしているということはいうまでもありません。

昨今バッテリーを外すということは正直なところ素人ではかなり難しいので、バッテリーを外さないで長い期間運用が出来るように設計を変更していっているのかもしれません。

基本的にはバッテリーというものは交換出来たほうがいいのですが、バッテリーを交換出来るようにスマホを作りこむことで、防水や防塵のレベルを上げることが出来ないなど結構構造上難しくなってきているのかもしれません。

今後もバッテリー交換は出来ない仕組みのスマホがもっと増えてくると思われます。

引用元:forbesjapan
初回投稿日:2018年1月22日

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする