1GBの通信量で足りる? 学割に見る小容量と費用のバランス

1GBの通信なら非常に安価に契約出来るプランというものを各社が出してきました。

auならピタットプランなら1GB〜の通信で大丈夫です。

au 学割発表 学割は1480円〜 ピタット学割 フラット学割 で非常にお得に契約可能

ソフトバンクに関しても1GBの通信のプランを出してきています。

ソフトバンクが1980円からiPhone8 /8Plusを所持することが可能に スマホデビュー割

スマホデビュー割という施策です。これら1GBを中心に新しいプランが色々と発表されておりますが、実際にこのプランで満足する人というのはいるのでしょうか?

見た目の価格のみが安い

見た目の価格のみがこれらのプランは安価になっており、実際に1GBの通信で足りる人というのはほぼいないという現実があります。

1GBの通信というとどれくらいのことが出来るの非常に気になる人も多いでしょう。

1GBで出来ることということをしらない人もかなり多いのです。そのため1GBで出来る通信というのはどの程度のものなのか知っておく必要があります。

基本的に動画の閲覧はしないこれは大前提としてあります。

動画の閲覧をすると1GBはすぐに到達します。

YouTubeの動画なら数十分見たら1GBの動画になってしまうので、それだけで一発アウトです。

それからは従量制課金が待っていますので、動画を見ると基本的にアウトという判定になります。

それではウェブ閲覧などはどうでしょうか?

最近非常に多いのはニュース系のアプリなどを利用する人です。

ニュース系のアプリの通信

ニュース系のアプリというのは先読み機能というものがあり、事前にアプリを立ち上げた状態で通信をして先の記事まで先読みしてくれます。

実はこれは非常に便利な機能なのですが、わたしの場合このニュース系のアプリだけで1ヶ月の通信が2GB程度いっております。

当然ながら頻度にもよるため、人によって通信はまちまちですが、ニュース系のアプリの通信というのは結構食います。

本当に注意したいところです。ニュース系のアプリで有名なところは以下の通りです。

・グノシー
・スマートニュース

これらのニュース系のアプリというのは非常に通信を食うため正直なところ先読み機能など便利ではありますが、通信容量が非常に少ない人にとってはかなり辛いところではないでしょうか。

動画でもないわけですので、そこで通信が発生していると思っている人はそれほど多くないのです。

しかしながら実際にはそれなりの通信を行っていることは明らかです。

本当にこれらは気をつけたいですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

学生は1GBでは足りない可能性が高い

学生は1日の大半をスマホを触っているという時間を費やしているという結果も出ております。

1日に5時間程度スマホを触っているという結果になっております。

実はそこまで触るのであれば、正直なところ依存症レベルです。当然ながら1GBで足りるわけもなく人によっては50GBあっても足りない可能性があります。

それくらい容量を利用するわけですね。

かなりすごい通信が毎月発生していると思います。

ただしWi-Fi環境なら1GBの上限があっても関係ありません。Wi-Fiをうまく利用することで、上限を回避することが出来るわけです。

Wi-Fi通信を行うことで、1GBで足りる可能性も十分にあるわけですね。

それにしても通信というのは目に見えないだけに怖いですね。

いつのまにか通信されていることも結構ありますので、注意が必要です。

初回投稿日:2018年1月17日

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。