学割のシーズンに入り 一括0円案件は増えてくるのか 安くスマホを買いたい

学割がついに各社発表されました。

学割を利用して非常にお得にスマホを購入する人がこれからの時期はかなり増えてくることは間違いありません。

学割を利用することで、通常価格よりもかなり安価にスマホを維持することが可能となっているのです。

各社の学割はどのような施策になっているのでしょうか。

それでは各社の学割に関して見ていきたいと思います。

ドコモ、au、ソフトバンクの学割は?

ドコモが2018年の学割を発表しました。待っていた人もかなり多いと思います。 2018年の学割に関してですが、今年は各社かなり早めの学...
auが新しい2018年の学割を発表しました。 それではどのようなプランか見てみましょう。 ピタット学割 12ヶ月に...
ソフトバンクが2018年の学割をついに発表します。他社はすでに発表しており、学割がかなり盛り上がってきておりますが、ソフトバンクは例...

こちらが各社の学割の様子です。学割に関していえば今回インパクトが大きかったのは個人的にはソフトバンクでしょうね。

ソフトバンクの50GB使えるというのは非常にありがたい施策ではないでしょうか。

50GBを利用することが出来るプランに入ると各社かなり高額になってしまいます。各種割引を併用することで、50GBでも非常に安価に利用することが可能となっております。

ソフトバンクはそのあたりが非常に今回はうまくやったなぁ〜という印象です。また対象を教職員まで増やしました。

教職員まで増やすことで、拡大幅はかなり広がると思います。

ドコモ、auは教職員まで対象を増やしておりませんので、かなりお得にこれで契約することが可能になったと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

1GBの小容量を安く使うならau

auは1GBの小容量を利用するなら間違いなくauです。

auは1GBのプランなら1480円という非常に低価格からスマホを所持することが可能です。実際にはこれに加えて本題の費用が発生するため、実際のところはもう少し高くなるわけですが、毎月の支払いにかかる通信費というのは1480円となっております。

これくらいの価格ならかなりお得なこと間違いありません。

しかしながらauの1GBの容量というのは、実際には非現実的な数値であることも認識出来る人も多いでしょう。

1GBの容量しか使えないというのは学生にとってはかなり辛い容量制限です。

ソフトバンクの50GBと比較するとその差は明白です。1GBの容量というのは、非常に少ない容量となっており、人によっては1日で食いつぶす容量なのです。

そう考えると実際のところちょっとつらい容量かもしれません。

それでも基本的にLINEくらいしか利用しないという人なら1GB程度の通信量でも問題はないでしょう。

今回は小容量で費用を抑えるか大容量を利用したい人向けのソフトバンクのプランを選択するかではないでしょうか。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

一括0円案件は増えてくるのか

気になるのは学割に伴い一括0円案件は増えてくるのかということですが、一括0円案件というのは間違いなく増えてくるでしょう。

2月頃から一括0円案件は増え始めると予想されます。

この時期というのはスマホがかなり売れる時期なのです。

新モデルの発売時期はかなりスマホが売れますが、それ以外にもこの学割のシーズンというのはスマホがよく売れる時期なのです。

その時期に合わせてかなりの人が購入することは間違いありません。

基本的には家族での囲い込み契約が非常に増えるためにこの時期は一括0円案件というのもかなり増えてくると思われます。

契約するのであれば、今の時期なのかもしれませんね。

初回投稿日:2018年1月17日

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする