iPad iPodTouchでは予期せぬシャットダウンをする バッテリーの劣化により 性能が落ちることはなし

iPadを利用している人やiPodTouchを利用している人も多いでしょう。

つい最近Appleはバッテリー交換プログラムに関しては、iPhone6以降の機種のバッテリーを通常の8800円から3200円で交換すると声明を出したことを知っている人も多いでしょう。

Appleが謝罪をし、バッテリーの経年劣化に伴う交換や保証がない交換に関しても非常に安価に交換が出来るようになります。 実はこのことは...

こちらの記事がその記事となっております。

こちらでお客様に伝えたいことということをAppleは申し出ているのです。

iPad及びiPod touchはシャットダウンをする?

今回なぜこのような対応になっているのかということですが、iPhoneでは予期せぬシャットダウンを回避するため、バッテリーが経年劣化するとiPhoneの性能を意図的に落としていたという事実が報じられました。

バッテリーが経年劣化をするといきなり電圧が下がったりと何かと不便です。そのためバッテリーが経年劣化をすると処理速度を落とした上で、バッテリーの消耗を抑えるということをシステム的に対応していたおいうことです。

要するに古い機種は性能をあえて落として予期せぬシャットダウンから本体を防いでいたと言われています。

そしてなぜバッテリー交換プログラムになったのかということですが、バッテリー交換プログラムというのは、あえて性能を落として買い替えを促しているAppleに悪意を感じるということで集団訴訟などにもなりかねない事象でした。そのためバッテリー交換プログラムの費用が元々8800円だったのですが、それを落として3200円という非常に低価格でバッテリー交換を行うというプログラムを新しくもうけることで決着しました。

iPadやiPod touchには適用外

iPadやiPod touchを利用している人はそもそもシステム的にバッテリーの経年劣化により、性能を落としたりはしていません。

それはどういうことかということですが、バッテリーが経年劣化により、突然その機能を抑えるとなると、予期せぬシャットダウンが起きるわけです。

性能を落として予期せぬシャットダウンが起きないようにしていたわけですが、iPadやiPod touchにはその施策が入っていないので、予期せぬシャットダウンがおきても仕方ないのです。

その代わりに性能は維持されたままとなっているので、初期化をすると購入時の性能の戻るわけです。

初期化をして利用し続けることは可能となっており、バッテリーが経年劣化するとやはりすぐにバッテリー切れにはなるものの、使い続けるということは可能ということになります。

いいか悪いかは別にしてシャットダウンを勝手にしないという施策が入っているほうが逆に幸せなのかもしれませんね・・・

iPhoneは電話などをするために利用する人が多いので、ショットダウンをしないほうがいいと感じる人も多いのかもしれません。

引用元:engadget

初回投稿日:2018年1月16日