シャープが有機ELを国内初の量産開始 スマホ用で他社への提供も実施?

シャープが有機ELの国内初の量産の開始を行います。

有機ELというのは、現在SamsungやLGなどがスマホ用では独占しており、市場では日本国内の開発が急がれていました。

これはかなりありがたいニュースになるのではないでしょうか。

有機ELはSamsungから発売されているGALAXYシリーズには採用されていることは知っている人も多いと思います。

また昨年発売されたiPhoneXにも有機ELが採用されたことは知っている人も多いと思います。

シャープが自社開発の端末に導入

シャープがこれに伴い自社開発の端末に導入する予定にしているようです。

初回に搭載する機種はまだ未定ですが、おそらくAQUOS系の最新フラッグシップモデルに搭載する可能性がかなり高いと思います。

自社開発のスマホに搭載するのは2018年の夏頃と予想されており、2018年の秋モデルあたりで搭載される機種になるのではないでしょうか。

しかしながら期待したいのは次のAQUOSシリーズです。次に発売されるAQUOSシリーズの予想はこちらに記載しております。

現行のAQUOS Rの次のモデルになることが予想されておりますが、今後最新のスペックとしてはAQUOS Rという機種を採用すると思われま...

こちらは時期AQUOSシリーズを紹介しているページです。ひょっとしてこの機種の発売をずらしてこの機種に搭載する可能性も十分に考えられます。

AQUOSシリーズは日本でもかなりメジャーな機種となっており、非常に期待できるかと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

シャープからOEMで他社提供も十分にありえる

シャープからOEM提供をする可能性も十分にありえます。OEM提供を行うことで、シャープのブランド価値がかなり上がるものと思われます。

シャープは自社でIGZOを開発するなどかなり開発には力を入れていることは知っている人も多いでしょう。

今後も間違いなく対外的に向けてかなり開発を行うことは予想されます。

シャープは鴻海に吸収されましたが、シャープブランドは残しております。

ある意味鴻海に吸収されたほうがうまくやっているのではないでしょうか。鴻海もこのシャープの技術力をきっちり活かした経営をしていると思いますので、非常に評価できますね。

今後はAppleなどへの提供ももくろんでいることは間違いありません。

シャープの有機ELならかなりの人が興味を示すことは間違いないでしょうね。今後のアップルなどとの提携に関してもかなり興味深いです。

初回投稿日:2018年1月10日