Samsung フレキシブル OLED 7.3インチの折りたためる スマホを開発中

Samsungは2018年の量産に向けて折りたたみのスマホを現在開発しているようです。

ディスプレイを折りたたんで展開可能なスマホというのは、今まではありませんでした。

日本では最近ドコモから「M」という機種を発売する予定にしておりますが、実際にはそれはヒンジがついており、ディスプレイ自体が折りたたむということはありません。

2画面の非常に面白いスマホをドコモは発売します。 2画面スマホというのは昔NECが発売しておりましたが、なんとZTEというメー...

こちらがその日本から発売されるスマホを紹介しているページになります。

ただしこちらは先程も書いたようにヒンジがついており、ディスプレイ自体が折りたためられるということはありませんが、SamsungはついにフレキシブルOLEDの量産開始を行うようです。

2018年11月から量産開始になると思われます。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

7.3インチのフレキシブルOLEDが有力

今のところ7.3インチという割りと大きめのディスプレイを折りたたみ式スマホにする予定になっているようです。

このフレキシブルOLEDが採用されるとなると折りたたみ部分が残ることなく、キレイに折りたたむことが可能となり、非常にCOMPACTにスマホを持ち運ぶことが可能となっております。

そして画面を見る時は最大7.3インチという非常に大画面でウェブ閲覧や動画を楽しむことが出来るというものです。

これは本当にかなりいいでしょうね。

この情報というのはCES2018のプライベート展示ブースにて発表されることがわかりました。

CES2018というのはラスベガスで開催される見本市となっており、この時はSamsungから発売されるGALAXY S9の発表はありませんでした。かわりにこのような面白いガジェットが今後発売されることになり市場はかなり活性化するのではないでしょうか。

液晶では出来ない

残念ながらこのような形状というのはOLEDいわゆる有機ELだから出来るのです。普通のLCDであれば、このようなフレキシブルにはいきません。

通常であれば液晶が折れてしまってそれで終わりということになります。

OLEDは数年前から日本でもありましたが、価格が非常に高額だったために残念ながら流行ることはありませんでした。

最近ではiPhoneXにも有機ELいわゆるOLEDが採用され、かなりOLEDの需要は高まってきております。

そのため、このようなガジェットも今後はどんどん生産されていくのではないでしょうか。

非常に期待出来るガジェットで有ることは間違いありません。

今後このOLEDの飛躍にはますます期待したいところですね。

引用元:etnews

初回投稿日:2018年1月10日