iPhoneのバッテリー交換料金が下がる 3200円で交換が可能に


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

Appleが謝罪をし、バッテリーの経年劣化に伴う交換や保証がない交換に関しても非常に安価に交換が出来るようになります。

実はこのことは、iPhoneがバッテリーの経年劣化により、処理速度を抑えるという非常に残念なことをしていたことを公式に認めたからです。

バッテリーの経年劣化により処理速度を抑えるということは?

バッテリーが経年劣化すると突然シャットダウンしたりと本体に悪影響を及ぼします。

そのためAppleはバッテリーが経年劣化をすると処理速度を落として、緩やかにバッテリーの消費を抑えるようにしていたことが判明しました。

そのことにより、買い替えを促すというように世間的にとられて残念ながらこの施策に対して裁判まで起こされるという自体になりました。

そのためAppleは公式見解としてバッテリーの経年劣化により処理速度を抑えるという事実を認めました。

確かに経年劣化により、処理速度を落とされると買い替えかなぁ〜なんて思う人も多くいるわけです。

そのため新しいiPhoneに買い換えることを推進しているかように思うわけですね。

それに伴いバッテリーを安価に購入出来る施策をAppleは出しました。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



Appleの施策内容

こちらAppleのサイトからの引用となります。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、
お客様にお伝えしたいこと
バッテリーが古くなったiPhoneのパフォーマンスに関するAppleの対応や、Appleの対応をお伝えする方法について、お客様からフィードバックをいただいてきました。Appleへの期待を裏切られたと感じる方もいらっしゃるでしょう。心よりお詫び申し上げます。この問題に関しては多くの誤解が生まれているため、事実を明確にし、私たちが行う変更についてお知らせします。

何よりもまずお伝えしたいのは、お客様による製品の買い替えを促すために、私たちが意図的にApple製品の寿命を縮めたり、お客様の体験が損なわれるようにしたことはこれまでに一度もなく、今後も決してないということです。Appleの目標は常に、お客様が夢中になるような製品を作ることであり、iPhoneをできるだけ長く使えるように設計することはその重要な要素の一つです。

バッテリーの経年劣化について
すべての充電式バッテリーは消耗部品です。バッテリーが化学的に古くなるとその性能は低下し、充電された状態を保つ能力が落ちていきます。この化学的劣化プロセスに影響を与える要素は、バッテリーの充電時間とその回数だけではありません。

デバイスの使い方も、バッテリーが寿命に至るまでの間のパフォーマンスに影響を与えます。例えば、高温な環境の中でバッテリーを放置したり充電したりすると、バッテリーの劣化を早める原因になります。これはバッテリー化学の特性であり、業界全体で普及しているリチウムイオンバッテリーに共通しています。

バッテリーが化学的に古くなると、特にバッテリー残量が低下している時にピークエネルギーの負荷を処理する能力が落ちるため、状況によっては結果的にデバイスが突然シャットダウンする場合があります。

お客様がiPhoneの充電式バッテリーと、そのパフォーマンスに影響を与える要素についてより詳しく知ることができるように、iPhoneのバッテリーとパフォーマンスという新しいサポート記事を掲載しました。

言うまでもなく、私たちにとって突然の予期しないシャットダウンは容認できるものではありません。お客様の通話が途切れたり、写真が撮れなかったり、iPhoneでのそのほかの体験が中断されてしまうのは不本意なことであり、可能な限り防がなくてはなりません。

予期しないシャットダウンを防ぐ
Appleは1年ほど前、iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供しました。このアップデートでiOSは、シャットダウンを防がなくてはならない状況下で、一部のシステムコンポーネントの最大パフォーマンスを動的に管理するようになりました。ユーザーがこうした変更に気づくのは稀だと思われますが、場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性があります。

iOS 10.2.1は予期しないシャットダウンの発生を減らすことができたため、お客様から好意的な反応をいただきました。私たちは最近、iOS 11.2でこのサポートの対象をiPhone 7とiPhone 7 Plusにも広げています。

もちろん、化学的に古くなったバッテリーを新しいものと交換すると、標準的な条件下で操作を行った際のiPhoneのパフォーマンスは正常に戻ります。

ユーザーから最近寄せられたフィードバック
この秋、特定の状況におけるパフォーマンスの低下を感じた一部のユーザーからフィードバックが届くようになりました。私たちは当初、過去の経験にもとづき、この問題は二つの要素が組み合わさって起きると考えていました。一つは、オペレーティングシステムをアップグレードした際に、iPhone上での新しいソフトウェアのインストールやアプリケーションのアップデートによって起こる一般的で一時的なパフォーマンスへの影響。もう一つは、最初のリリース時にあったものの、後に修正された小規模なバグです。

私たちは今、こうした体験をお客様にもたらしたもう一つの要因が、古くなったiPhone 6とiPhone 6sに使われているバッテリーの継続的かつ化学的な経年劣化であることを認識しています。そしてこれらのiPhoneの多くで、購入時のバッテリーがそのまま使われています。

お客様の懸念への対応
私たちは常に、お客様がご自身のiPhoneをできるだけ長く使えるようにしたいと考えてきました。Apple製品がその高い耐久性で知られており、競合他社のデバイスよりも長い間価値を保てることを私たちは誇りに思っています。

お客様の懸念に対応し、お客様によるご愛用に感謝する同時に、Appleの意図に疑問を抱いたすべての方の信頼を取り戻すために、私たちは以下の対応をとることを決定しました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。
2018年の初頭に、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートを提供します。これにより、ユーザーはバッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えているかどうかを自分で確認できるようになります。
Appleのチームはこれまで通り、お客様の体験をさらに良いものにするための取り組みを続けます。これには、バッテリーの経年劣化に伴うパフォーマンスの管理方法の改善と、予期しないシャットダウンを防ぐ対策の強化が含まれます。
Appleにとって、お客様の信頼ほど大切なものはありません。私たちはお客様から信頼を得て、それを保つための取り組みをこれからも絶えず続けていきます。お客様がAppleを信頼し、支えてくれるからこそ、Appleは自らが夢中になれる仕事ができるのです。私たちAppleがそのことを忘れたり、そのことを当たり前だと思うことは、決してありません。

これに伴いバッテリーを安価に交換することができます。

iPhone6あたりを所持している人は非常にお得にバッテリー交換が可能になるので、かなりお得ですね。

古いiPhone6あたりをまだ利用し続けたい人はぜひこの機会に利用してみるのもいいかと思います。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



バッテリー交換は結局どうなるのか?

2018年までAppleCare+に加入している人は無料で実施そうでない人は有償で実施してくれるようです。

その有償の金額は3200円です。

基本的にバッテリー交換の申し出があった場合にバッテリー交換は行ってくれるので、古いiPhoneをまだ使い続けたい人にとっては間違いなくこれはお得な施策となっております。

Appleとしてはかなり痛い出費となり、買い替えを行ってくれなくなる可能性があります。

それでもAppleは毎年新しい機種が欲しいと思っている人もかなり多いと思いますので、そういう意味では新しい2018年モデルのiPhoneに期待したいところではないでしょうか。

iPhoneX2 /Plus iPhoneⅪ XI スペック 予約 価格 容量 2018年モデル ドコモ au ソフトバンク

こちら新しいiPhoneの予想を掲載しております。こちらも合わせてご確認頂ければと思います。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



すでにバッテリー交換開始中

すでにバッテリー交換は開始されております。

iPhoneのバッテリーの交換受付は開始中 ただし修理になるので 手元のスマホがなくなることに

こちらを確認してもらいたいのですが、こちらにバッテリー交換の件は記載されております。すでにバッテリーを交換出来るということで、非常にありがたい施策です。

しかしながら注意が必要となりますが、その注意というのは5日ほどの修理中は代替え機がないということです。

基本的にはiPhoneは手元からなくなってしまいます。

その時のためにこの5日だけ過去の機種へSIMの差し替えを行う必要があります。

ある意味仕方ないことかもしれませんが、そうしないとバッテリー交換を3200円で受けることができません。

バッテリー問題は色々言われておりおよそ10%程度の人がこのバッテリー交換プログラムに申し込むのではないかと試算されております。

かなりの人の数ですよね・・・それでも端末を買い換えずに済むわけで、バッテリー交換を行った人は本当に得した気分になるでしょう。

今回のこのプログラムで対応可能なのはiPhone6以降の端末となっております。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



iPhone6sも当然対象 長期利用する人にはオススメ

ワイモバイルのiPhone6sの購入がオススメ バッテリー交換プログラムを利用して長期利用がGOOD

こちらの記事をみてもらいたいのですが、長期利用したい人にとってはかなりオススメしたい記事です。

iPhone6sが今回のバッテリープログラムの対象ということであれば、当然ながらワイモバイルから発売されているiPhone6sも対象になることは間違いありません。

そういうことを考えるとやはりこのタイミングでiPhone6sの購入というのはありでしょうね。

そしてほぼ1年経過した時にバッテリーの交換を行い、それから2年利用するわけです。これならかなり長い間利用することが可能となっており、非常にオススメ出来ることは間違いないでしょうね。

iPhone6から対象ですが、現在新品で購入出来るキャリアモデルはiPhone6sが対象となっております。

それならワイバモバイルのiPhone6sを購入することが非常にオススメ出来るのですが、どうでしょうか?

バッテリー交換は3月から4月くらいになる

Appleのバッテリー交換 プログラム 多数の申し込みで3月〜4月になる

これはかなり痛い問題かもしれませんが、バッテリーの交換は今申し込んでも3月から4月くらいになる予想です。

iPhone6Plusのバッテリー在庫が枯渇していることが原因のようです。

それ以外はまだスムーズにバッテリー交換が出来るかもしれません。

バッテリー交換をしたいと思っている人は待ったほうがいいのかもしれませんね。

バッテリー劣化時の速度低下回避へ

iPhoneのバッテリーが劣化した時に 性能が落ちる問題 今後回避することが可能に

こちらの記事を見てください。

今後のアップデートで速度低下問題を回避させるようです。OSのアップデートで速度低下をOFFにする設定をもうけるというのです。

iPhoneの速度低下問題が発覚してからかなりの人がバッテリー交換を行っているようですが、すでにバッテリーの在庫がない場合もかなり散見されるようです。

バッテリーが低下するということは当たり前のことなのかもしれませんが、速度低下ということはエンドユーザーとしてもかなり辛いところですからね。

本来なら速度低下しない方向にもっていくようにするわけですが、今回の速度低下問題というのは、予期せぬシャットダウンをしないようにというメーカー側の工夫です。この工夫がユーザーからはそっぽを向かれてしまうかっこうになったわけです。

一応速度低下に関しては回避させることが出来るようですが、実際のところAppleとしては推奨の方法というわけではありません。

推奨されない方法となりますので、実際のところ速度低下回避問題というのは、一旦これで収束すると思いますが、継続的にどれくらいバッテリーが低下するとどれくらい性能が下がるのかというところの検証は行う人は多いでしょうね。

引用元:apple

初回投稿日:2018年1月1日

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。