• HOME
  • ブログ
  • Android
  • Android8.1でエリアメールや緊急速報メールが届く SIMフリー端末には朗報

Android8.1でエリアメールや緊急速報メールが届く SIMフリー端末には朗報


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

Android8.1からエリアメールや緊急速報メールが届くようになります。

ドコモ、au、ソフトバンクで発売されている機種に関してはある程度アプリ側で対応されており、それほど問題はありませんが、海外から手に入れた機種などにとってはかなりいいことだと思います。

TCAから発表

一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)安全・信頼性協議会 緊急速報メールサブワーキンググループにおきまして、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社の3社は、各社が提供する緊急速報「エリアメール®」及び「緊急速報メール」それぞれにつきまして、グーグルが提供している「Android™ 8.1」向けに共通受信仕様を策定いたしました。
「エリアメール」及び「緊急速報メール」は、災害等発生エリアの携帯電話やスマートフォン等に対して、気象庁が発表する「緊急地震速報」、「津波警報」、又は国や各自治体が住民に避難勧告等を発令する「災害・避難情報(Jアラートで配信される国民保護情報を含みます。)」を一斉配信するサービスです。
これまで、Android を搭載したスマートフォンにおいて「エリアメール」及び「緊急速報メール」を受信するためには、専用のアプリケーションが必要でしたが、各社のメッセージ受信に関わる部分を「Android™ 8.1」向けに共通受信仕様として策定した事により、今後はSIMフリー端末においても、受信いただける事が期待できます。
TCA安全・信頼性協議会 緊急速報メールサブワーキンググループでは、今後もサービス品質の向上を目指し、共通的な課題の検討を行ってまいります。

こちらTCAからの発表ですが、これはかなりありがたいですね。

エリアメールや緊急速報メールなどに関して共通仕様になったということです。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



SIMフリーの機種が対象になる

今後はSIMフリーの機種で対応が可能になるのかもしれません。最近は海外から端末を輸入する人もかなり増えてきました。

正直なところAndroid側で対応されるとは思いませんでしたが、これは本当にありがたいことではないでしょうか。

Android側での対応ということになりAndroid8.1を搭載している機種というのは、おそらく2018年の後半頃から発売される機種ということになるでしょう。

現状海外からまだ輸入出来る機種の大半がAndroid7.1であることを考えるとそれくらいになるのではないかと思います。

それでもSIMフリーなどの海外機種も対象になるのであれば、特にそれこそ日本で発売されている機種限定ではなくなるということです。

これはかなりありがたいことではないでしょうか。

Androidのほうが融通が聞くのか

このようなことはAndroidのほうが融通が聞くのかもしれません。OS自体が対応してくれるということは本当にありがたいことだとおもいます。

エンドユーザーにとってはあまり関係ない話なのかもしれませんが、OS自体に対応されるということはそれだけテストをすることが少なくなるわけです。

そういうことを考えるとやはり、メーカーとしてもかなり助かるのです。テストがへるわけですから、OS側で対応してくれるというのは本当にいいことだと思います。

そろそろAndroid8.1が世間的に認知されてくるかと思います。

Android8.1というのは、エリアメールをAndroid自体で受けることが可能ということで、いわゆるシームレスになるということです。

シームレスになるということは、Androidの開発に関していえばキャリア独自に開発する必要がなくなり、トータル的なコストダウンが図れると思います。

Androidはそういう意味ではかなり日本市場へ歩み寄っていると思いますね。

引用元:tca

初回投稿日:2017年12月30日

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。