MacBookAir Proでは保存容量が足りない iPhoneXのバックアップをiTunesにとる方法

MacBookAirやMacBookProでは正直なところ保存容量が足りないという人が最近非常に多くいます。

どうしてもiPhoneで動画を撮ってきてMacなどで編集もしくは保存などをしたいと思っていても正直なところなかなかうまくいかないというケースが非常に多いと思います。

最近はiPhoneなどのスマホ側の容量が非常に大容量化しているわけですが、MacBookなどがまだ大容量化にはいたっておりません。

もちろん大容量化も出来るわけですが、そうするとかなり価格が高くなります。

それなりに低価格の費用で抑えるのであれば、MacBook側の保存容量というのはそれほど大きいものにはしたくないですね。

そういう人はiTunesの保存場所を変更することで、非常に低価格にバックアップをとることが可能です。

MacのiTunesの保存場所の変更

デフォルトでは、iTunes ライブラリに表示される音楽、テレビ番組、ムービー、Podcast、およびその他のファイルは、次の場所に保存されます:

ホーム/ミュージック/iTunes

iTunes メディアファイルの保存場所を変更できます。

重要:最適な結果を得るために、「iTunes」フォルダやその中のフォルダの場所を変更しないでください。

読み込むファイルの保存場所を変更する
「iTunes」メニュー>「環境設定」と選択してから、「詳細」をクリックします。

「変更」をクリックしてから、ファイルの新しい保存場所を選びます。

これ以降に読み込む新しい曲およびその他の項目は、新しい場所に保存されます。すでに読み込んでいる曲は、現在の場所から変更されません。

読み込むファイルの保存場所を「iTunes」フォルダに戻すには、「iTunes」メニュー>「環境設定」と選択し、「詳細」をクリックしてから、「リセット」をクリックします。

「iTunes」フォルダにファイルをまとめる
「iTunes」に項目を読み込む方法によっては、ライブラリの一部の項目がほかの場所(別のフォルダや別のストレージデバイスなど)に保存されることがあります。

ライブラリを新しいコンピュータに簡単に移動したいときなどに、すべてのファイルを「iTunes」フォルダ内のライブラリにまとめることができます。

「ファイル」メニュー>「ライブラリ」>「ライブラリを整理」と選択します。

「ファイルを統合」を選択します。

ファイルは元の場所に残り、そのコピーが「iTunes」フォルダに置かれます。

「iTunes」フォルダ内に「Music」、「Movies」、「TV Shows」、「Podcasts」、「Audiobooks」などのフォルダを作成し、読み込んだすべてのメディアファイルを対応するフォルダに格納するには、「“iTunes Media”フォルダ内のファイルを整理し直す」を選択します。

ファイルを「iTunes」フォルダに追加せずにライブラリに入れる
コンピュータ上にすでにある項目を iTunes ライブラリに追加すると、「iTunes」フォルダにファイルのコピーが置かれます。元のファイルは現在の場所に残っています。

この設定を変更して、ファイルを「iTunes」フォルダに追加せずに iTunes ライブラリに追加できます。たとえば、ビデオファイルを外部ディスクに保存したいけれども視聴は「iTunes」で行いたい場合には、このようにすることをお勧めします。

「iTunes」メニュー>「環境設定」と選択してから、「詳細」をクリックします。

「ライブラリへの追加時にファイルを“iTunes Media”フォルダにコピーする」の横にあるチェックボックスの選択を解除します。

次回以降、ライブラリにファイルをドラッグするか、「ファイル」メニュー>「ライブラリに追加」と選択したときには、「iTunes」にその項目が表示されますが、実際のファイルはコピーまたは移動されません。

ヒント:ファイルを iTunes ウインドウにドラッグするときに、Option キーを押したままドラッグすることによって、この設定を一時的に逆にすることができます。

iTunes ファイルを見つける
次のいずれかの操作を行います:

ファイルの保存場所を調べる:「iTunes」で項目を選択してから、「編集」メニュー>「<項目> の情報」と選択します。「ファイル」パネルの下部(「場所」の横)に、ファイルのパスが表示されます。

Finder にファイルを表示する:「iTunes」で項目を選択してから、「ファイル」メニュー>「Finder で表示」と選択します。

曲が iTunes に表示されない
「iTunes」に表示されていた曲が表示されなくなった場合は、iTunes ライブラリファイルが「iTunes」フォルダから移動されたか、曲が「iTunes」フォルダから移動されたことが原因と考えられます。曲をもう一度 iTunes ウインドウに表示するには:

Finder で「iTunes」フォルダを見つけて iTunes ウインドウにドラッグします。ライブラリにある曲がもう一度表示されます。iTunes ライブラリファイルが含まれている場合は、プレイリスト、曲の評価、その他自分で設定した情報も表示されます。

それでも曲が表示されない場合には、ハードディスク上の別の場所にある可能性があります。Finder で「ファイル」メニュー>「検索」と選択して、タイトルまたはアーティスト別に曲を検索します。または、iTunes Store からダウンロードしたファイルを探すときは、「MP4」を検索します。MP3 フォーマットでエンコードされている曲を探すときは、「MP3」を検索します。曲(または曲が含まれるフォルダ)を iTunes ウインドウにドラッグして、曲を「iTunes」にもう一度追加します。

a href=”https://support.apple.com/kb/PH19507?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP” rel=”noopener” target=”_blank”>引用元はこちらとなっております。

Macbook含めて最近は非常に保存場所というのが少なくなってきております。

それはHDDからSSDというものに変わり、本体の起動などは非常に早いのですが、残念ながら起動が早いことは非常にメリットなのですが、保存容量が非常に少なくなってきたということがデメリットなのです。

快適に利用する上では全く問題ありませんが、保存容量が少ないという点では正直なところかなり辛いものがあるかと思います。

そういう人はNASなどを購入してみるのも手ですね。

NASを購入して保存場所を確保する

NASというものを購入して保存場所を確保するというのもいいと思います。

このようなものです。2TBの容量がありこの価格です。MacBookAirの最小容量が128GBなので、それと比較するとかなり大容量であることがわかります。

ざっくり2000GBあるのです。それなら保存場所にこまるということもないかと思います。

わたしもMacを普段は利用しておりますが、バックアップに関しては本当に苦労します。

このようにある程度設定をすることにより、非常に安価な費用でバックアップをとることが可能なので、ぜひ検討してみるのはどうでしょうか。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

筆者がオススメ外部ストレージ

これが筆者がオススメするUSBメモリです。これは非常に小型なので、かなりオススメ出来ると思います。

個人的にはこれを3つ所持しており、非常に活用出来るガジェットとなっております。

これはそういう意味ではかなりオススメ出来るガジェットではないでしょうか。USBメモリで容量不足に陥っている人ならこのようなものを1つは持っておきたいところです。これは本当に便利でオススメ出来るガジェットです。

当然ながらバックアップにも利用することが出来るので、かなりオススメ出来るかと思いますね。

初回投稿日:2017年12月28日