iPhoneを買うとMacが欲しくなる MacBookは本当にいいの?パソコンからの乗り換えでどう?

iPhoneを持っている人が日本では非常に多いことは知っている人も多いでしょう。それこそ電車の中にのっているとiPhoneを持っている人が多いことが本当にわかると思います。

iPhoneはいい機種だと感じているので、それだけiPhoneは売れているわけですが、自宅で利用しているパソコンにMacを採用しているという人はどれくらいいるのでしょうか?

会社や学校がWindowsだからWindowsを利用している人が多い

会社や学校でWindowsを利用しているから自宅のパソコンもWindowsという人が非常に多いです。

確かにWindowsは世間的には非常に台数が多くあることもあり、ある意味普及率だけでいえばかなりのものです。

また色々な機種が発売されており、安価なパソコンなら2万円台から購入することも可能なのです。

相当安価に購入出来るということもあり、購入を検討する人もかなり多いわけです。また使い勝手に関しては一から勉強をする必要もなく、基本的には利用方法を色々な人に聞くことが出来るということも非常にありがたいことなのです。

そういうことからWindowsパソコンを利用する人は非常に多いことは間違いありません。

それではWindowsを利用している人がMacに乗り換えを検討していることはどれくらいいるのでしょう?

iPhoneを利用しているからMacを使ってみたと思っている人もかなり多いはずです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Macを利用している人

Macを利用している人というのは、年々徐々に増えているのかなぁ〜と思いつつも実は利用している人の割合というのは10%未満です。

6%程度と非常に少ないのです。それはやはり会社で利用しているパソコンの大半がWindowsということがあるのではないでしょうか。

最近は会社でも一人1台のパソコンを利用している会社がほとんどです。

そのためMacを利用している人というのは非常に少ないのです。それこそモバイルをメインにやっている人やWindowsアプリケーションを利用しない人と実は用途がかなり限られている人しかMacを利用することが出来ないのです。

基本的にMacを利用したくてもWindowsアプリケーションを動作させる必要がある人は残念ながらMacを利用することは出来ないのです。

ある意味それは残念ですね・・・

Macを利用している人というのはある意味Macの購入最低ラインが10万円ほど〜ということになるので、3万円くらいのパソコンでも構わないと思っている人からすると相当高い買い物になるわけです。

そのためMacを利用しようとは思わないのかもしれません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MacBookはiPhoneのバックアップ用途としては使いにくい

これはかなりの課題事項になるわけですが、Macbookを利用している人も多いとはいうものの、iPhone自体の容量がかなり増えてきたので、Macをバックアップ用途に利用するということがかなり難しくなってきました。

どういうことかというと、iPhone自体の容量が最近では256GBと非常に大容量になってきました。

そこまでの大容量になってくると正直なところ、バックアップの用途としてMacBookなどの本体を利用しようと思っても、本体に大容量の空きがないと厳しいです。

実際には本体以外のところにも保存させることが可能ですが、やはりなかなかそういうことをやる人というのは非常に少ないのです。

そのためバックアップ用途にMacを利用したいというのは正直なところ安易な発想かもしれません。

実際にはバックアップを行うことは出来ますが、MacがなくてもWindowsだけでもiTunesを利用することは可能なので、トータル的にコスト削減を行うのであれば、Windowsのほうがいいことのほうが多いですね。

それでもMacが非常に気になるという人は多くいると思います。

Macのいいところをお伝えしたいと思います。

直感的に利用することが出来る

やはりこれに尽きるでしょう。数年前までのMacはそこまで直感的というわけではありませんでしたが、今のMacは本当にiPhoneやiPadのように利用することが可能になってきました。

まさにiPhoneやiPadを購入したような感覚で操作させることが可能です。

また最新のMacにはナンバーズと呼ばれるエクセルのような使い勝手の出来るソフトも同梱されており、それを利用すればエクセルも操作することが可能です。

ページズと呼ばれるソフトなどもあり、MicrosoftOfficeのビジネスに近いソフトがはじめから入っております。

これはかなりありがたいですよね。

Office系のソフトが初めから入っているということもあり、使い勝手は非常にいいです。

しかしながら完全互換しているわけではありませんので、正直なところ周りが全員エクセルというところなら正直なところあまりオススメはできません。

とりあえず見ることが出来るというレベルなのであれば、非常にいいのではないかと思います。

MicrosoftOfficeもMac版がありますが、実はこれに関しても残念ながら完全互換しているわけではありません。

周りにMac版のOfficeソフトを利用している人もいるのですが、完全互換していないと聞きます。

仕事で利用するのであれば、完全互換しているほうが使いやすいことは間違いありませんからね。そういう意味ではMacでは出来ないということも結構あるようです。

それでも自宅用途ならMacは非常にオススメ出来ると思います。自宅での用途となると誰かとエクセルのやり取りなんかをすることも非常に少なくなります。

そういうことを考えるとやはりMacというのは、利用用途が限定的なら利用することが可能ということになります。

今後MacでiPhoneが楽しめる?

今後MacでiPhoneアプリを楽しむことができるようになるかもしれません。

タッチスクリーンがMacに搭載されることはない MacでiPhoneのアプリは利用可能に

こちらの情報を見てもらいたいのですが、WWDC2018にてMacは今後タッチパネルには対応しないただしiPhoneアプリは動作させるようにするといっているようですね。

MacがあればiPhoneアプリを楽しむことが可能です。といってもiPhoneを持っている人前提の話なので、あまり関係ないかもしれません。

MacとiPhoneの親和性はやはり高いと思います。

とはいうものの最近ではMacよりもiPhoneのほうが容量が多いこともしばしばです。

そういうことを考えるとやはりオススメできるかと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。