ジンバルを利用すると動画がスムーズに動く 手ブレ補正を物理的に行う

ジンバルという言葉を知っていますでしょうか?

ジンバルというのはwikiに乗っていたので、掲載しておきます。

ジンバル(英: Gimbal)は、1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種である。軸が直交するようにジンバルを設置すると、内側のジンバルに載せられたロータの向きを常に一定に保つことができる。例えば船舶や航空機に搭載された、ジャイロスコープ、羅針盤、焜炉、ドリンクホルダーなどが一般にジンバルを使って地平線に対して常に垂直を向くようになっている。

動画を撮るには水平に保つことをオススメ

このようなジンバルに対応している機種というものは色々販売しております。

実はこのようなものは非常に安価に購入することが可能です。

価格だけで見るとこのような安価なものも発売されているようです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ジンバル機能のある自撮り棒は便利

ジンバル機能のついている自撮り棒というのはやはり便利かもしれません。

ジンバル機能というものは一般的な自撮り棒には付いておりません。

やはりこのような機能が付いていることで、本体自ら手ブレ防止を行うことが可能なのです。

動画を撮っている時の手ブレというものはいやですからね・・・

基本的にはカメラの手ブレ補正というものもカメラ本体にこのような機能がついており、手ブレを防いでおります。

それでもやはりカメラ自身では限界があるので、カメラ本体にこのようなものを装着させるほうが面白いですね。

一度このようなジンバル機能があるものというのを検討してみてはどうでしょうか。

視野が広がると思います。

初回投稿日:2017年12月14日

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。