2018年 iPhone スペック 3種類をリリースと日経が報じる 廉価版の機種の発売

Nikkei Asian Reviewが2018年に発売されるiPhoneは3種類のiPhoneであると情報筋から情報を得たとして報じられております。

情報によると3種類発売されるiPhoneですが、画面の大きさが3種類になるとも言われており、以下の画面のサイズになる可能性があります。

iPhoneの画面サイズ

6.3インチ
5.8インチ
6.1インチ

この3種類のものが発売されると言われております。

6.3インチモデル及び5.8インチモデルは従来のフラッグシップモデルとなる可能性が非常に高いといわれており、これら2つの機種というのは有機ELを搭載すると言われております。

有機ELを搭載しているモデルというのは現行のiPhoneXが有機ELを搭載しており、そのモデルの後継モデルとなることは間違いないでしょう。

そのため、iPhoneに関しては有機ELを搭載したモデルが今まで通りに発売されることはほぼ間違いありません。

また6.1インチの機種ですが、こちらのほうは、液晶モデルが発売されるといわれております。

液晶モデルが発売されるということは、これは今まで通りのiPhoneが発売されるということです。

それはそれで期待出来るモデルとなっており、そちらのモデルが金属ボディを搭載することでコストダウンを図っているというのです。

金属ボディを採用するということで、ワイヤレス充電もなくなるとも言われております。

そういうことを考えると今のiPhone8及びiPhone8Plusという大きさのモデルが最後のモデルになる可能性があるということです。

今まで発売されていたiPhoneというのは、4.7インチ及び5.5インチでした。

今後6.1インチモデルが発売されるということは、若干ながら形は変わるのではないでしょうか。

コストダウンを図るということで、ワイヤレス給電も省かれ、価格は結構安価になってくるのでしょう。

それにしても6.1インチというわりと巨大な液晶になるということですが、実際のところ全体的な大きさはどの程度になるのでしょうね。

廉価版モデルなのに6.1インチという大画面

若干気になるのが廉価版モデルにも関わらず6.1インチという大画面さです。

ちょっと画面サイズは大きすぎるような気もしますが、廉価版ということで、価格差は数万円程度の価格差になると思われます。

数万円程度の価格差となれば、やはり廉価版でも問題なしと思う人は多くいるでしょうね。

6.1インチという廉価版モデルというのは今まであまりありませんでしたが、iPhoneというクオリティを維持しつつそれなりの大画面にするということは、結構期待出来るかもしれません。

iPhoneXもiPhone8やiPhone8PlusとCPUは同じです。そのため廉価版モデルであってもCPUなどの基本的なスペックは同じになるのではないでしょうか。



iPhoneの2018年モデルはベゼルレスに

iPhoneの2018年モデルというのは、ベゼルレスになるということです。

最近の流行りというのはベゼルレスの機種が非常に多くなってきており、Androidではたいていの機種がベゼルレスになりつつあります。

ベゼルレスのメリットというのはなんといっても、本体サイズがそのままで画面を大きくすることが可能になるということです。ベゼルの部分がまるまる大きくすることが可能なのです。画面が大きいほうが何かとメリットがあります。

そのメリットというのは、やはり画面のみやすさです。画面が大きいほうが何かと見やすくなります。

そういうことからベゼルレスというモデルは流行ってくるわけです。

個人的に見てもベゼルレスというのは、見た目はかなりかっこよくなります。ベゼルの部分がどうしてもかっこ悪く見えてしまうのです。

ベゼルレスのモデルが発売されることにより、廉価版機種などでもベゼルレス化がかなり進むと思われます。

実はAndroidを搭載しているメーカーのほうがAppleより先にいっているケースもかなりあるのです。それはiPhoneというのは1年に1度しか基本的にはフラッグシップモデルは発売されませんが、それまでにAndroidは色々なメーカーが色々なモデルを発売してくるのです。

そういうことから今後はiPhoneも他社に負けないような機種を色々販売してくることは間違いあrません。
 
初回投稿日:2017年12月11日

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。