TSMCが2018年 モデルのiPhoneのCPUを独占供給 A12

A12という次期iPhoneに搭載されるCPUですが、TSMCが独占供給を行うようです。

A12というのは、次期iPhoneに搭載されるCPUとなっておりますが、iPhoneに搭載されるCPUはかなりの性能になることが予想されます。

7nmプロセスルールで製造

7nmのプロセスルールで製造される見込みになっております。7nmというのはかなり細かいプロセスルールとなっており、現行が10nmとなっておりますので、当然ながらそれよりもプロセスルールは細かくなります。

そのためバッテリー消費量なども現行よりも少なくなることはほぼ間違いありません。

バッテリー消費もそうなんですが、処理速度がトータル的にかなり上がることが予想されております。

7nmのプロセスルールになるということで、かなり期待値が上がっているかと思います。

個人的にもiPhoneに関しては先進的なイメージと処理能力が高いということは、以前から言われていることです。

次に発売されるCPUでかなりスペックアップされると思われます。

iPhone8やiPhoneXの進化以上の進化になると思われますので、かなり楽しみですね。

iPhoneXの2018年モデルでは有機EL採用率もあがる

iPhoneXの2018年モデルでは有機ELの採用率もかなりあがるでしょう。

有機EL採用モデルが2機種発売される可能性があり、かなり期待している人も多いのではないでしょうか。

有機EL+A12ということで、バッテリーの消費はかなり抑えられることが予想され、さらに薄型になるかもしれません。

すでにiPhoneはかなりの薄型ですが、さらなる薄型に向けて動いていることは間違いないでしょう。

トータル的なスペックアップに関しては相当期待できそうですね。

引用元:qudong

初回投稿日:2017年12月6日