ドコモ au ソフトバンク ブラックリスト 短期解約 比較 審査 条件が厳しいのは?

各社から過去の契約を鑑みて、今後契約させないようにするいわゆるブラックリストに入る条件というものをお伝えしたいと思います。

確実にブラックリストに入る条件は他社を含めて未納があるこれが一番の条件ですね。

この未納に関してはすぐに払ってください。当然ながら払っていないということは、信用情報にも響くわけです。

自動車のローンや住宅ローンなども組むことが出来ません。

自分の信用情報に傷がついているわけですね。この状態を放置しておく事自体が、正直なところかなり信用がない人とみられるので、本当に気をつけたいところです。

オンラインショップでほしい機種を選定する

<ドコモ>


<au>


<ソフトバンク>

<ワイモバイル>


各社のオンラインショップでほしい機種を選定して一度契約してみるのもいいと思いますね。

オンラインショップというのは実はかなりお得に契約出来るので、ここ最近ブラックの人が増えてきているので、多くの人はMNPを好まず機種変更を行う人もかなり多いと思います。

そういう人はやはりオンラインショップが一番お得かつ便利ですね。なぜ便利なのか?ということですが、自宅にいながら端末を受け取ることが可能ということです。実はこれはかなりいいことです。

ここ最近は店舗にいちいち通うことが面倒と思う人も増えてきております。ネット時代だからこそですが、ネット時代だからこそ自宅での購入というのは本当に便利です。私もiPhone7をネットで購入しました。

非常にいいと思いますね。

気になるのは短期解約した期間?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

気になるのはここだと思います。過去になにか嫌なやめ方をした。

契約してすぐにやめたなど普通のやめ方をしていない人が気になる条件ですね。

ドコモ:90日
au:180日
ソフトバンク:180日(iPhoneはそれ以上とも言われている)

ざっくりとこんな感じです。

auのブラックリスト入りの条件が180日に変更 120日を超えて解約してもNGのよう

auは最近180日が安心して次回契約出来るような条件になったようです。

ドコモは以前から90日といわれていますが、実はこれも確実性には乏しいですね。一応90日以上経過した契約を解約しても次回契約できたなどのことで、契約出来ている人が多いわけです。

ソフトバンクは180日とありますが、iPhoneなどを180日=210日程度で解約した人は次回契約する時の審査で落とされていることが結構あります。

いわゆる総合的判断というものですね。このあたりが非常に難しいところです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ソフトバンクだけこれ以外にも条件が

ソフトバンクはそれ以外にも総合的判断で契約を断ることもあるようです。

どういうことかというと、過去に契約していたものがいわゆるユニバーサルサービス料だけでねかしていたものが多かったとか、途中で変わった契約変更を行ったとかそういう契約で、どんどんポイントが加算されていくのです。そのポイントがある閾値を超えた時にブラックとして判断されるようです。

非常に面倒な会社ですね。

ということで、ソフトバンクは契約時には本当に注意しないといけません。

契約時というより、ソフトバンクでブラックを回避させるためには1年は所持しておきたいところなのかも知れません。

それでも維持費の高いソフトバンクは本来ならあまり持ちたくないところですね・・・

 

docomo ドコモ au

ソフトバンクに対して裁判を起こそうとしている人も

ソフトバンクの総合的判断で契約拒否で訴訟を起こす 電気通信事業法違反か?

いわゆるソフトバンクからみてブラック契約になっていた人が訴訟を起こそうとしているようです。

正直なところこの訴訟で勝訴というのは厳しいような気がしますが、ソフトバンク自体もこのままなら戦う気ということになりそうです。

恐らく負けないという自信があるからでしょう。しかしながら理由を求めた時に理由を答えられない状態というのは違法状態だといえますね。恐らく訴訟を起こした時にはその理由を明かす必要があると思いますね。

しかしながら小額訴訟でどうなるのか?ということですがこれはこれで非常に面白い訴訟ですね。

それより先にブラックにならないことが大事だと思いますが・・・どうでしょうか?

 

docomo ドコモ au

ドコモからは端末購入サポートが出たので

端末購入サポートという新しい施策が発表されたので、実質3ヶ月で解約することは難しくなりました。

それこそ解約するならかなり高額な違約金が発生します。

ドコモ 端末購入サポート 6ヶ月以内の解除料負担 実質8ヶ月契約する必要あり

こちらを見てもらえればわかりますが、とりあえずこの施策で短期解約する人は非常に少なくなると思いますね。

ドコモは違約金が発生させないようにそれなりに長期間利用を進めているので、MNPしても儲けられるということはなくなりました。

 

docomo ドコモ au

そもそものブラックにならないように

2015年6月4日追記

携帯電話の分割契約の支払いでブラックリスト入りで クレジット作れない

携帯電話の短期解約でブラックになるのもいかがなものか?ということですが、そもそも料金の支払いでブラックにならないようにして欲しいと思います。

ブラックになると結構厄介です。携帯電話に加入出来ないブラックというのは1年くらいでもが開けるといいますが、リアルブラックになると5年くらいもが開けません。

そうなるとかなり厳しくないですか?なんといっても一番つらいのはクレジット契約が出来ないことでしょう。

クレジット契約が出来ないということは社会的信用がなくなるということです。そうならない為に気をつけましょう。

それが一番怖いですね。携帯のブラックもなっては困りますが、支払い未納によるブラックのほうがさらに怖いので注意して欲しいところですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモの特価BL

2016年1月8日追記

ドコモは特価BLというものを発動しており、これによりかなりの契約者数を逃しているといいます。

ドコモ 特価BL (ブラックリスト) 契約は出来るが割引が出来ない 事態が発生中

こちらが特価BLと呼ばれるものです。これによりかなりの契約を取りこぼしているということです。

要するに特価を受けることは出来ないが、契約は出来るという微妙なブラックリストのことです。

過去に何回ドコモの施策を適用させているということになるわけですが、一応そのあたりの内容はブラックリストです。

現在総務省などの要請があり、機種変更の顧客を守るようにというお達しが出ております。今後は新規顧客開拓よりも既存顧客にどれだけ優遇出来るか?ということが大事になってくると思いますね。

機種変更のお客様は携帯電話もそうですが、それら以外の通信費や通話料もMNPなどの優遇を受けずにいわゆる定価を払っています。

今後はそうなっていくのでしょうか・・・少し残念な限りですが世の中がそう変わっている以上仕方ないことかもしれません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

今後はブラックになる人が減る

2016年1月26日追記

今後はブラック入りになる人はかなり減るのではないでしょうか。

やはりMNPをする人が減るということはブラックになる人が減るということです。

なぜMNPをする人が減っていくのでしょうか?ということですが、MNPをすることにより、儲けることが出来ると思われておりましたが、今は儲けることが出来ずに毎月の維持費をかなり払う必要があります。

毎月の維持費をなぜ払うのか?ということですが、縛りが各社あるからです。その縛りというのはお金で解決出来るわけですが、その額がかなり大きいわけです。

よってその違約金を払って解約してもメリットが非常に少ないわけですね。

メリットが少ないことは当然する人がいません。よって今後はMNPをする人が減り、ブラックになる人が少なくなるということです。

 

docomo ドコモ au

未納は絶対しない

それでも未納は絶対にしてはいけません。未納は本当に怖いのです。怖いというか未納をしたらダメということは周知の事実ですが、それでも未納をしてしまう人がかなり多いのです。

携帯の支払いを行うということは借金を背負うということになるので、その意識が弱い人は残念ながら未納してしまうわけです。

未納することにより、今後ローンが組めなくなったり色々やっかいなことが起きるわけです。

絶対にそれは避けたいところですね。是非支払いは健全に行ってください。

 

docomo ドコモ au

払えない学生が多い

払えない学生がここ最近かなり多くなってきているのではないでしょうか。

携帯電話料金を払うことは当たり前で携帯を契約するときには当然払えると自負していたはずです。

それが払えないという学生が急増している可能性があるのです。

学生 高校生が携帯 スマホの料金を払えない 高額請求で

ここ最近スマホの価格はかなり上昇しました。それにより毎月の維持費が高すぎて払えないということなのです。

確かに社会人でさえ高いなぁ〜と思いながら払っていると思いますが、本当にこのままでいいのでしょうか?

未納は絶対にNGと先ほどもお伝えしましたが、ブラックになるということは本当に辛いものです。クレジットカードなどの契約も出来なくなる可能性があるのです。

そのような状態はかなり不健全といえます。世間的に評価をうけるならクレジットカードを持つということもその手段の一つなのです。

クレジットカードを持つということは今の時代ステータスでもなんでもありません。普通にみんな持っています。

それが契約出来ないということが問題なのです。是非未納や強制解約はやめたほうがいいですよね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモオンラインショップでも特価BL

平成28年3月10日追記

ドコモオンラインショップでも特価BLになるようですね。

特価BLになるとドコモオンラインショップから電話があるようです。

電話に出てみると特価BLですがどうしますか?と聞かれるようです。

非常に残念ですよね・・・結局特価BLなら購入をしないという人が多いと思いますので、結果的に契約が出来ないということになります。

まさかといったところでしょうか・・・

結構ドコモの審査は厳しくなってきているといわれておりますので、審査に落ちない為には定期的なMNPをやめて健全に携帯電話を維持するということに限ると思います。せっかく現在はドコモオンラインショップで機種変更一括0円施策をしているので、それが欲しいと思っている人も多いと思います。

このような施策が入れば売れないので、結構きついですよね・・・

そうならないように気をつけて欲しいです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MVNOは優しい

2016年7月27日追記

MVNOはなかなかブラックになりにくいとおもいます。

その理由はMVNOに契約して普通に使う分ならMNPなどもそれほど頻繁に行わない人が多いというのがその理由となっております。

それでもMVNOはまだまだ市場には浸透しておりません。

mineo マイネオ メリット デメリット お得 価格 値段は?

こちらmineoというSIMを紹介したいのですが、結構こちらがお得なのです。

価格もかなり安価でありながらauとドコモのMNPにも対応します。

この場合のauとドコモのというのはmineoの中にau系のSIMとドコモ系のSIMの2つがあり、そのどちらかをMNPすることが可能ということです。

それが手数料2000円(税抜き)のみで完了するというから非常にありがたいと思いませんか?

一般的にmineoにかぎらず普通のスマホというのは、ドコモ系のMVNOです。

ドコモ系というのは、ドコモの回線を利用して格安SIMを提供しているというものになります。

それがこのmineoはどちらの回線も借りているので、自社の中でau系の回線もドコモ系の回線も分けることが可能なのです。

ぜひ一度検討してほしいと思いますね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7をほしい人

2016年9月4日追記

iPhone7が今後発売されますが、どうしてもほしい人は間違いなく機種変更の一括払いにしてください。

そうすることで、ほぼ間違いなく審査は通ると思います。一括払いといったところで、かなり高額になるわけですが、仕方ないことかと思います。

iPhone7の情報を追記形式で掲載しております。iPhone7の噂などを確認いただければと思います。また発売後の予約情報も掲載して...

こちらにiPhone7の情報を掲載しておきますが、こちらの購入に関しては、一括購入が必須となると思われます。

一括購入しないと残念ながらブラックの人は購入することは出来ないと思われます。

iPhone7Plusの価格表が出たようです。 iPhone7Plusの価格表というのは以下のようになっております。 価格は? ...

価格予想に関してもこちらのページで実施しております。こちらも合わせてご確認ください。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

管理人は特価BL中

2017年1月3日追記

現在管理人はまだ特価BL中です。久しぶりにドコモショップに行きました。年末年始だったので時間を兼ねて行ってみました。

1月1日に来店したので、かなり空いていました。

いつもドコモオンラインショップで購入しているので、久しぶりの来店です。

ということで、今回新規契約をしてみようとドコモショップに訪れたわけですが、未だに特価BL中でした。

特価BLというのは契約は出来るものの特価での購入が出来ない状態です。

2015年6月にiPhone6を特価購入したからでしょうか・・・

非常に残念な限りでした。せっかく店舗に来店して契約出来ないって本当に厳しいですよね・・・

ちなみに前回MNPをしたのは2015年9月でした。1年4ヶ月経過しても契約出来ません。

2015年6月のiPhone6引き続き9月のMNPこれが響いているのでしょうか・・・一体いつになったら恩恵を受けることが可能なのでしょうか。

とりあえず2月に仮審査を受けたいと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ソフトバンク ブラック入りの人 他の契約方法などで、ブラックを回避する方法を教えてくれる店舗

ブラックに入っており、ソフトバンクの携帯を契約出来ない人もいるでしょう。そういう人にオススメしたい店舗があります。

ソフトバンク 大阪 中央区 心斎橋 長堀橋 モバイルステーション 特典 キャッシュバック クーポン 特典

上記のリンク先の中の記事にもあるように審査が通らないという人にアドバイスをしてくれるのです。当然ながらアドバイスをしてもらっても無理なものは無理かもしれませんが、一度相談してみるのもいいと思います。他店舗で契約を断られたという人などは一度相談してもいいのかもしれませんね。

またこちらの店舗に電話をして「携帯情報」を見たという合言葉でガラスフィルム4000円相当が契約時にプレゼントしてもらえます。

それは非常にオトクなことだと思います。このサイトを見た人限定の施策です。一度上記リンク先からページを確認いただければと思いますね。

最近は契約が出来ずに審査がおりないという人は少なくなりましたが、それでも少なからずいるわけです。

そういう人にはある意味救世主ということなのでしょうね。

auのブラック条件で解約後すぐに契約はNG

auのブラック条件(これは各社当てはまるかもわかりません。)として解約後同一名義でのすぐの契約というものがあるようです。

実際にこれはauの枠をあけるために、auを一度解約するわけです。

音声通話なら1名義5回線までとあるわけですが、すでに5回線うまっているとします。

その場合、やはり何か一つをやめようと思うわけですね。その時に解約してすぐに契約しようとおもってもその契約は出来ないことがあります。

実際のブラックというわけではないかもしれませんが、解約後すぐの契約というのはやはり危険でしょう。

よって5回線の契約を解約する場合は解約してから数ヶ月が経過してからのほうがいいでしょうね。

4回線あるのであれば、やはり契約してからの解約が間違いなくお得でしょう。

大量解約することがある場合はさらに危険性が増します。

ちなみにこの条件で契約できなかった人もいるので、本当に注意したいところですね。

初期投稿日:2015年2月15日