2018年に発売されるiPhoneはギガの通信も可能 大容量通信にも対応可能

9to5macというサイトは見たこともある人が多いと思いますが、こちらのサイトにiPhoneの記載がありました。

2018年に発売されるiPhoneではギガ通信も可能になるということです。

ギガ通信というのは1Gbpsという非常に高速な通信をsupport出来るようになるということです。

ドコモのPREMIUM 4Gで最大788Mbps

現在日本ではドコモのPREMIUM 4Gで最大788Mbps程度となっております。

それでも十分早いのですが、さらに早い1Gbpsという速度を利用することが出来るかもしれません。

キャリアアグリゲーションという技術を利用しているわけですが、このキャリアアグリゲーション略してCAというものはどういうものなのでしょうか?

キャリアアグリゲーション CA とは? 何? 意味がわからない人に解説

こちらにCAのことを書いている記事がありますので、紹介しておきます。

要するに複数の通信を束ねることで高速通信が可能になるということです。この技術を応用してさらに高速になるモジュールの組み込みを行っているということです。

すべてのiPhoneで高速アンテナモジュールを採用

すべてのiPhoneで高速アンテナモジュールを採用しているということで、この詳細に関することをサプライアに情報提供しているようです。

2018年に発表される予定の4×4 MIMOアンテナ構造はカバレッジ(網羅率)の低い領域で改善することが可能になる可能性が非常に高いです。

現在最新のAndroidでは、4×4 MIMOアンテナを搭載している機種も結構多くなってきましたが、iPhone8及びiPhoneXは2×2 MIMOとなっており、現在高速通信されるというわけではありません。

そのため今後は4×4 MIMOで通信が可能という形にする予定になっているようです。

今月のレポートでは今後iPhoneの5Gモデムを製造するためにIntelと密接に協力しているようです。

またこのギガ通信以外に、新しいiPhoneXは5.8インチ、6.5インチと6.1インチのLCDモデルが発売される可能性が高いと予想しています。

通信速度も早くなりかなり期待出来る次期iPhoneXです。今からかなり期待出来ると思います。

引用元:9to5mac

初回投稿日:2017年11月23日