2018年モデル ソニー H3213 Avenger ミドルレンジ機種が登場予定

2018年にソニーが新しいスマホを発売する予定にしておりますが、ミドルレンジモデルのスペックが出てきたようです。

ミドルレンジということなので、日本でのキャリアモデルでの発売は見送られる可能性は非常に高いような気もします。

どんなモデルになるの?

こちらがベンチマークに上がってきたものとなっておりますが、Android8.0を搭載しており、カメラは2100万画素となっております。

CPUに関してはこれを見る限り不明ですが、SnapDragonの6番台になる見込みです。

機種はH3213となっており、フロントカメラに2つのカメラを搭載していることがわかります。

全体的なスペック

フロントデュアルカメラの機種はあまりない

フロントのデュアルカメラを搭載している機種というのはあまりありません。

こちら上記のベンチマークを見てもらえればわかるようにフロントカメラは1500万画素及び700万画素のカメラ2つがあることがわかります。

フロントカメラに2つのカメラを持っているモデルというのは世界的に見てもかなり珍しいことなのではないでしょうか。

フロントカメラを撮ることがわたし自身ほとんどないので、フロントカメラに2つのカメラを搭載していること事態がよくわかりませんが、自撮りなどを積極的に撮る人にとってはこのデュアルカメラというのは、非常にいいことなのではないでしょうか。

フロントデュアルカメラを採用しているソニーの機種には期待です。

6インチフルHD画面

6インチのフルHDの画面を採用しております。

フルHDの画面を採用している機種というのは、廉価版の機種ではまだこのフルHDを採用しておりますが、実際のところフルHDでも十分キレイに動画などを見ることが可能です。

現在2K解像度などの機種がかなり出ておりますが、ミドルレンジということを考えるとこれもやむなしではないでしょうか。

6インチという大画面なので、大画面を楽しみたいという人にとってはかなりいいと思います。

Androidのバージョンは8.0

Androidのバージョンは最新の8.0を採用しております。

XPERIA XZ1などでもAndroid8.0を採用しており、Androidのバージョンに関しても気になる人は多いと思います。

最近のバージョンを採用しているということは、かなり評価出来ることなのではないでしょうか。

引用元:xperiablog

初回投稿日:2017年11月15日