au 下取り 注意すべき事項 どの機種を対象機種として出すのがいいの?

auの下取りに関して検討している人もいるでしょう。

auの下取りに関しては、どの機種が下取り出来ないのでしょう?

下取り出来ない機種というのはこちらにあります。

auで下取りを受け付けてくれない機種

こちらauで受け付けてくれない機種というものがこのようになっております。

電源が入らないということはいわゆる潰れている機種ということになります。

基本的に故障している機種というのは無理ということになります。ある意味当然といえば当然かもしれませんね。

故障している機種は下取りが出来ないということもありますが、ある意味故障すれすれの機種ならOKということになります。

故障すれすれといわれてもあまりよくわからないのかもしれませんが、故障しそうな機種というのはダメということです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

水濡れ反応は致命的

水濡れ反応というのは致命的です。水濡れ反応のある機種というのは、本当に何にも使えません。

水濡れ反応というのは、本当に痛いですよね・・・

水濡れ反応は修理に関しても一番痛いことなので、そうならないように古い機種の保管は必須ですね。

一番注意すべきなことは下取りとして出す時の機種の水濡れ反応ですね。下取り機種を出す場合に一番気にしたいところですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ロック解除 リセットをして提出することを忘れない

下取りをした場合郵送の場合特に忘れやすいのが、リセットを行うということです。リセットを行うことを忘れる人がかなり多いです。

リセットを行ってから出さないと下取りは行ってもらえません。

リセットを行うことは本当に忘れそうですよね。

リセットは確実に行うようにしてから郵送は出してください。

初回投稿日:2017年11月11日