GALAXY Note10+ 5G ギャラクシーノート10+ スペック 発売日 価格 ドコモ au レビュー

GalaxyNote10が2019年の冬モデルとして登場する予定です。GalaxyシリーズというのはSシリーズとNoteシリーズは日本で販売されるサムスンのフラッグシップモデルです。日本人というのはいわゆる新しいモノ好きのため、Galaxyシリーズの中でもNoteシリーズに対して興味を持っている人は多いのではないかと思います。

GALAXY Note10及びGalaxy Note10+の2つのモデルの発表会が開催されました。です。

2017年ではGALAXY Note8までが発売されました。GALAXYS7が発売された時にGALAXY S7とGALAXY Note7という名称の統合が行われました。

そしてその後GALAXY Note7は発火問題などで発売が見送られました。そしてGALAXY NOTE8という機種が発売されたのです。

そんな経緯のあるGALAXYシリーズですが、その中でのNoteシリーズというスタイラスが付属しているモデルに関してのスペックなどを予想してみたいと思います。

GALAXY NOTE9の発表から約1年が経過し、どのように進化したのでしょうか。

非常に期待したいところですね。

GALAXY NOTE9 ギャラクシーノートナイン 開封レビュー カメラ 見た目 デザイン 動き 動作速度は?
GALAXY NOTE9の発売が開始されました。 GALAXY NOTE9はやはり動作速度なども非常によくかなりオススメできるスマホとなっております。 今回ドコモから発売されたGALAXY NOTE9を手に入れることが出来ました...

GALAXY NOTE9とこちら比較してみてください。

 

GALAXY NOTE10+はドコモ及びauから発売予定

こちらドコモオンラインショップとなっておりますが、ドコモから発売される予定となっています。

GALAXYシリーズの人気というのは、かなりのものになっており、ドコモオンラインショップでもかなりの人が予約を行うと思われます。

Galaxy Note10+に関しては予約特典もあるかと思いますので、かなり楽しみですね。

ドコモオンラインショップでも予約特典の恩恵を受けることが出来ますので、ぜひご確認いただければと思います。

au Online Shopにおいても予約を行うことが可能です。

ドコモと同様にau Online Shopからの予約に関しても予約特典はありますので、ぜひ予約購入をオススメしたいですね。

Noteシリーズというのは、非常にオススメ出来るシリーズです。スタイラスが付属している通常のスマホというのは、世界中探してもほぼありません。

非常に少ないシリーズの中で、スペック的にもかなり高く、日本ではドコモ、auというキャリアから発売されるモデルとなっているのです。

Galaxy Note10 / Note10+ 5G スペック 日本 どんな機種なのか カメラや新しい機能は・
Galaxy Note10シリーズが全世界に向けて発表を行いました。Galaxy Note10は世界で発表される機種となっており、日本でも発売される予定となっています。 Galaxy Note10はどんな機種なのでしょうか? ...

最新のGalaxy Note10+の情報を記載しておきます。こちらから上記のURLから確認ください。

Galaxy Budsが予約特典となっています。

ドコモオンラインショップから予約してみましょう!!

予約特典を利用して購入するメリットというのは、非常に美味しいと思います。特にドコモではスマホの値下げ施策というのはあまり行いません。値下げ施策が行われないということは、それだけ予約して購入することに対してメリットがあるのです。予約購入を行うということは、それだけ売上が確保できるということで、メーカーとしても非常にありがたいのです。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07BZNT1HV” title=”JBL SoundGear ウェアラブル ネックスピーカー Bluetooth/apt-X対応/31mm径スピーカー4基搭載 ブラック JBL…

1年前の予約時にプレゼントされたのはこちらのスピーカーとなります。本当にどのようなものが出てくるのか非常に楽しみです。

ドコモでは順調な滑り出し売上も上々

Galaxy Note10+の売上はかなり上々のようですね。やはり大画面モデルの人気というものは相当なもののようです。

Galaxy Note10の中でもプラスモデルだけが日本に上陸したということもかなりいいと思います。せっかく新しい機種を持つなら最新のモデルのほうがいいに決まっています。またその中でも一番ハイスペックなモデルを使いたいですからね。

現在日本に上陸しているスマホの中では一番スペックが高いのではないかと思います。個人的に見てもかなりこれはオススメできるモデルの一つかと思いますね。

またドコモの場合機種の値下がりも基本的にはなかなか行われません。それなら少しでも早い段階で利用できるほうが間違いなくいいと思いませんか?また今回はToFカメラというものが売りなのです。ToFカメラを利用したいという人もかなり多いはずです。とにかく動画撮影時の背景のボカシ機能というのは、非常にメリットがあります。

相当オススメできると思いますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

まだこの機種は併売しておりますので、購入は検討したほうがいいと思いますね。3Gからの乗り換えならかなり安価に販売されます。

Galaxy Note10+とiPhone11Proとの比較

iPhone11 Pro MAX Galaxy Note10+ スペック 価格 比較 本体サイズの違いは?
Galaxy Note10+とiPhone11ProMAXの本体サイズ比較に関して紹介したいと思います。 Galaxy Note10+というのは、すでに発表されているモデルとなっており、日本でもGalaxy Note10+及び...

Galaxy Note10+とiPhone11Proとの比較となります。Galaxy Note10シリーズは2機種発売されております。

2019年モデルのiPhoneがそろそろ販売されるかと思いますが、Galaxy Note10+のほうが優位性は高いです。

iPhone11Proではまだ残念ながら5Gに対応することもできません。iPhoneは先進的なイメージのあるメーカーですが、今はSamsungのほうがスペック的には上位になってきているのです。

これで本当に大丈夫なのでしょうか。ちょっと心配です。ただし欲しいと考える人はかなり多いはずです。それだけ期待されるモデルとなっているのです。

iPhone11Proシリーズは今回4Gのみの対応となりますが、Galaxy Note10に関しては5G対応です。ただし日本で販売されるモデルは5G非対応モデルの可能性もあります。

海外では5G対応モデルとは別に4Gのみにしか対応していないモデルの発売も行われているのです。そういうことを考えると日本では5G対応モデルの発売はまだないかもしれませんね。5Gの環境が整うのが2020年の春頃ということになりますので、2019年モデルでは5G対応モデルが一つも発売されない可能性も十分にありえます。

Galaxy Note10とiPhone11を比較するとやはりGalaxy Note10に軍配が上がります。当然ながら価格も異なるため、それだけGalaxy Note10のほうが上位モデルという位置づけになるのです。

iPhone11Proならそれなりに近づくわけですが、今回Galaxy Note10+ではToFカメラの採用などもあり、もうワンランク上の機種になっていると思われます。

カメラ性能は、自分も比較しましたが、GALAXY Note10+のほうが間違いなく上だと思います。

動画撮影時のボカシ機能などが搭載されているということは、かなりメリットがあると思います。

こちらは静止画ですが、こんなボカシ機能を入れることができるのです。しかも動画で入れることができるという非常にスグレモノとなっているのです。本当にかなりメリットがありますよね。ここまでのメリットがあるというのも、GALAXY Note10+だからできることです。

このあたりの機能にToFカメラが利用されており、ToFカメラ単体での利用は無理ですが、ToFカメラと組み合わせることで、このような動画を撮影することができるのです。

日本では5Gのスマホというのは、Galaxy S20からとなりました。2020年の春モデルとして販売されているモデルから5Gへの対応ということになります。5Gのエリアはまだそこまで広くはありませんが、今後広くなると思われます。2021年には敷設率は90%にするという目標もあるようなので、今後5Gにはかなり期待したいところですね。

Galaxy Note10 Note10+とGalaxy Note9との比較

Galaxy Note10 /Note10+ Galaxy Note9との比較 違い カメラ 進化した点はどこ?
Galaxy Note10の発表が行われましたが、2018年モデルのGalaxy Note9から進化した部分というのはかなりあるかと思います。 Galaxy Note9からGalaxy Note10になり、進化した部分や違いに...

Galaxy Note10が発表され、前モデルとの比較記事を紹介したいと思います。

今回Galaxy Note10が発売され、Note10+に至っては、6.8インチという非常に大画面となっています。

しかしながらGalaxy Note10+とのサイズ比較では、ほぼ同じという結果になりました。画面サイズが大きくなったとしても、実際に本体サイズはほぼ変わりません。

それはかなりいいと思います。比較するとGalaxy Note10+のほうがかなりよくなっている印象ですね。

今回は2つのモデルが日本でも発売されると思われますが、今後もNoteシリーズというのは、2つのモデルで販売されるでしょう。

Xperia 1 ⅡでもToFカメラが搭載


Xperia 1 Ⅱでも同様のToFカメラです。

Xperia 1 Ⅱ エクスペリアワンマーク2 スペック 予約 価格 発売日 日本 ドコモ au ソフトバンク
Xperia 1 Ⅱという最新のモデルが発表されました。まさにXperia 1の後継モデルにふさわしいモデルとなりました。 もともと2020年モデルはXperia 5 Plusなどのモデルが発売されるのでは?と言われておりましたが、Xpe...

Galaxy Note10+でもToFカメラが搭載されましたが、Xperia 1 Ⅱで同様のToFカメラです。奥行きが測定出来るカメラとなっているので、ボカシ撮影がかなり強化されるようですね。
ボカシ機能が動画でも撮影出来るとなれば、まさにプロ用のカメラということになるのではないかと思っています。
XperiaとGalaxyでは日本でかなり人気の高い機種となっており、この2つのモデルはカメラ争いがかなりのものになっているかと思います。
本当に消費者としてはかなり楽しみですよね。

Galaxy Note10の写真が流出

引用元:cnet

こちらGalaxy Note10の写真となります。かなり角ばった印象ですね。Galaxy Note9と比較すると少し異なる形となります。

パンチディスプレイと呼ばれるものが中央にやってきています。中央にあるパンチディスプレイは、ちょっと気になる部分もあるかと思います。

そのあたりも人によるかと思いますが、実際にはどうですか?Galaxy S10のように端っこにあるほうがいいですか?完全に好みが分かれそうなところですね。

Galaxy Note10で今までと比較しても見た目などかなりかわるようになります。

好みが分かれる部分かと思いますが、個人的な好みとしては、大画面化でありながら省スペースという最近のスマホの流行りは非常にメリットがあると思います。

画面サイズが大きくなるとどうしても、それだけ本体サイズが大きくなりますからね。本体サイズの大きさをさほど変更することなく、画面だけ大きくするということは、非常にいいことかと思いますね。

見た目に関してもかなりかっこいい見た目となっているかと思います。パンチディスプレイという新しいスタイルも今後一般的になっていくものと思われます。

オールホワイトのモデルも今回は発売される見込みです。

そしてピンクのモデルの発売もあるでしょう。

今回は色へのこだわりもかなりあるかと思います。

発売されるモデルはNote10+とNote10

発売されるモデルというのは、Note10+及びNote10という2つの大きな異なるモデルが発売される見込みです。

画面のサイズが若干異なる2つのモデルの発売になると思われます。

Note10は6.3インチの画面サイズとなり、Note10+モデルでは6.8インチの画面サイズになるというものです。

Note10+の大きさはGalaxy Note9の大きさとほぼ変わらない大きさとなる見込みで、6.8インチという巨大画面を持つモデルとなります。

6.8インチというのは、本当に大きな画面サイズですよね。数年前は7インチというとファブレットというジャンルでタブレットとスマホとの間のジャンルという位置づけでしたが、今はこのように7インチ近くのモデルであってもスマホという位置づけになりました。

それだけベゼルが薄くなり、コンパクトサイトになったということなのでしょうね。

今のところ楽天モバイルからもGalaxy Note10+シリーズが発売される予定になっているようで、日本でもかなり販路を広げてもらいたいところですね。

キャリアモデルではドコモ、auが発売を行う予定になっています。楽天モバイルがそろそろ自社回線でデビューするということで、期待している人も多いでしょう。

回線とセットでも楽天モバイルは結構安価に利用することが出来るのではないかと思っています。

Galaxy Note10+ 5G スペック SnapDragon855PlusというCPUが搭載
Galaxy Note10+ 5Gのスペックを紹介したいと思います。Galaxy Note10シリーズは日本でも発売されると思われますが、実際に日本でのキャリアモデルはこのモデルになるかは今のところ未定です。 しかしながら参考にはなる...

最新のスペックを確認いただきたいと思います。こちらに最新のスペックを掲載しておきました。スペックは本当にいいと思います。

すべてが最高レベルのスペックとなっています。ここまでのモデルをよく製造できたね・・・というレベルですね。

Galaxy Note9の時点でかなり出来上がった機種となっており、正直なところ申し分ないレベルにまで仕上がっていたモデルとなります。そのため比較をしたところで、Galaxy Note10も後継モデルであることから、かなりオススメのあるメリットのあるモデルであるということが、わかるかと思います。

Galaxy Note10のケースも購入可能に

Galaxy Note10 のケースを発見 カメラにはかなり期待 大きさもわかる
Galaxy Note10のケースがすでに海外サイトでは販売されております。 通常スマホ本体の発売日よりも前にケース類の製造は行われています。 それはスマホ本体と同時にケースを販売するということもあり、事前にスマホ本体の情報がな...

Galaxy Note10のケースが流出しています。TPUケースとなっており、形状がこちらを見ればはっきりとわかるかと思います。

ケースが流出したことにより、どのような形になるのか大きさやカメラの位置までもがわかるようになるかと思います。

カメラは複数存在するようなので、カメラ機能に関して期待している人にとってはかなり嬉しい存在になるのではないかと思います。

基本的にケースというのはスマホの販売より前に行われるケースが最近非常に増えています。

いわゆる流出ということになりますが、すでに販売まで行っているのです。正直なところびっくりですが、これにより本体の形状などが事前に確認出来るというところは、本当にいいと思います。

すでにケースの購入も可能となっています。ケースは事前に流出するケースとして非常に多いです。

Galaxy Noteシリーズも人気モデルとなっていますので、事前に流出することが記事になることも十分にあるでしょうね。

GALAXY Note10のスペック

Galaxy Note10+というのはGALAXY NOTE8からすると2つ後のモデルとなっております。NOTE8の前の前のモデルというのはNOTE5となっております。

NOTE5からGALAXY NOTE8へのスペックアップはどの程度行われたのでしょうか?ということを基準に考えると現在この記事を掲載している2017年現在から2年後はどのように進化しているのかある程度想像することは可能となっております。

2018年にハイスペック機種に搭載されるCPUはSnapDragon845になる予定となっており、2019年にはSnapDragon855というモデルが発表される可能性が非常に高いです。

よってGalaxy Note10+に搭載されるCPUというのはSnapDragon855が採用される可能性というのが非常に高いと思います。

Galaxy Note10+になる頃にはRAMの容量に関しても8GBは当たり前になっていると思います。

8GBのRAMの容量というのはかなりのものかと思います。

ROMに関しても色々な種類のモデルが発売される可能性がありますが、128GBや256GBあたりになると思われます。

この頃になるとGALAXYシリーズでも3.5Φのイヤフォンジャックがなくなる可能性もありますね。

3.5Φのイヤフォンジャックがなくなるということがあったらある意味暴動が起きるかもしれませんが、これはiPhoneに続けでなくなってしまうかもしれません。

本当にそうならないようにしてもらいたいとは思いますね。

SnapDragon855 /Plus スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0
SnapDragon855を正式にクアルコムは発表しました。 855の発表前までは8150という名称になるとか言われておりましたが、名称は855となりました。 SnapDragon855というのは結果的に845の後継モデルとなっ...

すでにSnapDragon855というCPUは開発されており、こちらが搭載される可能性が非常に高いです。こちらのCPUは2018年にも発売されるといわれておりますが、GALAXY NOTE9が発売される2019年の主流のCPUとなっており、今後間違いなくこちらのCPUがメインになっていくことは間違いないでしょう。

SnapDragonの実力というのは本当に最近はすごいですね。かなりのハイスペックスマホに搭載されております。ここまでハイスペックなものということであれば、かなり期待できるのではないでしょうか。スマホの能力の半分はCPUで決まるといって過言ではありません。

スマホの能力というのはCPU以外にはカメラ性能、画面の解像度などがありますが、やはりそれらを含めてどれだけの速度で動作させることができるのかなど色々なことを考えるとやはりスマホの能力というのはCPU全般なのかもしれません。

今回GALAXY NOTE10ではストレージの高速化技術が使われる予定になっております。それに伴い今よりもさらに読み込みスピードなどがあがることが予想されます。

すでにスマホはそれなりの速度で動作するため、そこまで問題ないと思いますが、さらに高速になるのであれば当然ですが、大歓迎ですね。

スマホの高速化というのは、誰もがありがたい技術です。

悩ましいのはiPhone11iPhone11Proとの比較ではないかと思います。

iPhone11Proは9月13日午後9時から予約開始となり、グローバルですでに発表しているGalaxy Note10よりも早い段階で発売するのです。日本時間の9月11日午前2時の発表から10日足らずで発売となるのです。

Galaxy Note10もそれくらいのパワーを持って日本で販売してもらいたいのですが、日本市場ではiPhoneの独占率が約半数となっており、日本では相当iPhoneの人気が高いです。正直なところAndroidスマホでもXPERIAの人気が日本では高く、Galaxy Note10はそこまで力を発揮できていないということなのです。

スペックだけを見るとiPhone11Proにも負けていないGalaxy Note10+となりますが、MAXモデルはGalaxy Note10+との比較対象にもなる機種かと思います。

ワイヤレスパワーシェア機能が搭載


画像引用元:https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/battery-powershare/

ワイヤレスパワーシェア機能が搭載される見込みです。こちらの機能というのは、GALAXY S10から搭載された機能となっており、GALAXY S10からGALAXY BUDSなどの充電が可能となる機能となります。

他のスマートフォンへの充電もQiを通じて可能となります。非常に楽しみな機能の一つですね。

この機能が搭載されるということで、バッテリー容量もかなりの容量になることが予想されます。

ワイヤレスパワーシェアが搭載されるとなると、Qiに対応しているスマホの充電が可能となり、かなり便利になります。

Qiに対応しているスマホは、どんどん増えてきており、ハイスペックモデルと言われるモデルならQiに対応しているモデルが大半です。

GALAXYシリーズだけでなく、iPhoneなどもQiに対応しており、今後ますますQi対応のスマホが増えてくるかと思います。

そういうことを考えると間違いなく便利になるでしょうね。

Galaxy Note10ではイヤフォンジャックがなくなる

Galaxy Note10ではイヤフォンジャックがなくなる可能性が高いということです。それはこちらのレンダリング画像からわかるかと思います。

Galaxyシリーズに関してはイヤフォンジャックがなくなるということは、考えにくかったわけですが、Galaxy Note10+でついにといった感じですね。

これからは音楽を聞くときには、USB Type-Cからの出力や、Bluetoothを利用した音楽伝送などになりそうです。

なぜGalaxyシリーズではイヤフォンジャックがなくなるということが、考えにくかったということですが、イヤフォンジャックはをなくすということは、サムスンは公言していなかったことが、原因の一つです。

そのため、イヤフォンジャックをなくすということは、同社にとってもかなりの変化で、かつユーザーにとってもかなりの変化です。

GALAXY BUDSのようなイヤフォンの発売も同社は行っており、今後はGALAXY BUDSなどをメインに考えていくことになるかと思います。

GALAXY BUDSというガジェットは、2万円近くするガジェットですが、ひょっとすると予約購入を行うことで、ひょっとするとプレゼントされるかもしれません。Galaxy S10の発売時は予約購入時に全員プレゼントされました。今後も予約購入は非常にお得な可能性も非常に高いので、GALAXY BUDSのプレゼントになれば、イヤフォンジャックがなくなってもいいのかな?とも思いますね。

カメラの絞り値を3段階に変更

カメラの絞り値をf/1.5、f/1.8、f/2.4という3段階に変化することが出来る、カメラを搭載する予定にしているようです。

絞り値が変化するとどう便利なのでしょうか。

まずは暗室や明るい場所などでの撮影時に自動的に絞り値が変化することで、きれいな撮影が出来るようになるかと思います。

GALAXY S10やGALAXY NOTE9などではインカメラにおいて、絞り値が変更出来るカメラを搭載しておりました。

それがどこまで浸透しているかは微妙なところです。やはり絞り値を知らない人もかなり多いということではないかと思います。

そういう状況から絞り値が可変になるということは、アピールしてもいいのではないかと思います。

最近のGALAXYシリーズのカメラというのは、本当によくなったと思います。GALAXY S7 EDGEあたりからカメラにはかなり力を入れているのではないでしょうか。

これからもカメラはどんどん進化させてくると思います。

見た目はパンチディスプレイに

こちらGALAXY S10のデザインですが、GALAXY NOTE10でもこのようにパンチディスプレイになるでしょう。

ベースはGALAXY S10+となんら変わらないと思われます。

GALAXYシリーズではノッチというものを採用しておりませんので、Galaxy Note10+でも同様にパンチディスプレイになると思われます。

画素数に関してもGALAXY S10+とほぼ同じ画素数になるのではないかと思います。

基本的にはGALAXY S10+とGALAXY NOTE10というのは同じようなスペックになることが予想されます。

パンチディスプレイが採用されたのはGALAXY S10シリーズがはじめになりますので、実際に日本で発売された後のレビューなどを見て確かめたいですよね。

ノッチタイプのものならiPhoneなどで確認できるわけですが、パンチディスプレイはまだ利用している人が非常に少ないので、情報もそこまで多くはありません。動画などを閲覧するときにどの程度の妨げになるのか確認しておきたいところですね。

パンチディスプレイというのは、今後GALAXYシリーズに継続して搭載されると予想されます。パンチディスプレイは、2019年の段階ではまだ様子見かもしれません。今後各社がパンチディスプレイというものを搭載してくると思われますが、有機ELでないと結構厳しいかもしれません。液晶ではパンチディスプレイはかなり厳しいと予想されます。

GALAXY S10+が発表されスペックも近いものと予想

GALAXY S10+のスペック

モデル名Galaxy S10+
寸法未定
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ6.4インチ
画面占有率93.1%
解像度QHD+
ディスプレイQuad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサSnapdragon 855 or Samsung Exynos 9820
RAM8GB or 12GB
内蔵ストレージ128GB or 512GB or 1TB
microSD最大512GB
前面カメラ10MP、f/1.9、8MP f/2.2
背面カメラ1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTECat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi802.11ax
Bluetoothv5.0
PaymentNFC, MST
カラーバリエーションPrism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue、Ceramic White、Ceramic Black
バッテリー容量4100mAh
認証センサー指紋認証(画面内蔵)
その他IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

こちらがGALAXY S10+のスペックですが、GALAXY NOTE10とほぼ同じくらいになると予想されます。

今までのモデルでもGALAXY S9+はGALAXY NOTE9と近いものとなっております。

そういう観点から今回もGALAXY S10+と近いかたちで販売されると予想されると思われます。

GALAXY NOTE10の画面サイズは6.66インチに

なんと6.66インチという非常に大画面になると予想されております。

6.66インチというとiPhoneXSMAXよりも大画面になります。

かなりの大画面です。

GALAXYシリーズはS10でもかなり大画面になる予定ですが、NOTEシリーズはさらに大画面化されるということです。

基本的に画面サイズが大きくなるとそれだけ使い勝手も工場すると思われます。

GALAXY NOTE9からスタイラスがブルートゥース対応に

GALAXY NOTEシリーズといえばやはりスタイラスでしょう。スタイラスが同梱されているスマホといえばやはりGALAXY NOTEではないでしょうか。

スタイラスの精度がかなりよくなる可能性もあります。スタイラスがあるからGALAXY NOTEシリーズを購入するというひとが非常に多いです。

スタイラスというのは本当に便利です。色々書くことが可能なので、メモ帳代わりに利用することが可能です。

メモ帳代わりにスマホが利用できれば本当に便利ですよね。

手書きメモをスマホで撮れるという醍醐味は本当になかなかないでしょうね。

GALAXY NOTEシリーズというのは本当にいいと思います。 GALAXY NOTE8が2017年現在発売されており、かなり売上も上々のようですね。

やはり人気機種であることは間違いありません。

スタイラスの使い勝手に関しては本当に賛否があるかと思います。手書き機能が大好きな人にとっては本当に使い勝手がかなりいいかと思います。ただし手書きではなく、文字入力でも十分という人にとってはスタイラスを利用する場面というのはあまり出てこないかもしれません。

それでも何か絵を書いてみたいなどという要望にはきっちりこのスタイラスは答えてくれるわけです。実際には鉛筆のように長くはないので、簡易的にしか字などを書くことは出来ないかもしれませんが、それでも間違いなくないよりマシです。

スタイラスがあるということが、このGALAXYシリーズですので、スタイラスを目当てに購入しても間違いないでしょう。

最新の情報では、GALAXY NOTE10に搭載されるCPUというのは、SnapDragon855になるでしょう。基本的には、GALAXY S10とスペック的にはほぼ同じとなります。

Snapdragon 8150 スナドラ8150 CPU 2019年 発売されるスマホに搭載予定
SnapDragon8150と呼ばれる最新のCPUが2019年にも登場するといわれております。 2018年に発売されていたモデルというのはSnapDragon845というCPUですが、それの後継モデルということになります。 ...

こちらが最新のCPUの情報となっております。こちらのCPUが搭載される可能性が高いのです。

こちらのCPUというのは、結果的にSnapDragon845の後継モデルとなっており、SnapDragon855になるといわれていたものです。

このCPUが採用される予定になっており、7nmで製造される見込みです。

7nmというのは、すでにiPhoneで採用されているCPUと同じCPUになると思われます。

前面ディスプレイに指紋認証がくる

前面パネルにに指紋認証が出てくるかもしれません。

2019年に発売されるサムスンのスマホには指紋認証がやってくる予定となっております。

2019年に発売されるフラッグシップモデルに搭載されるということになりますので、GALAXY S10にも採用される見込みとなっております。

GALAXY S10に関しては2019年の3月ごろ発売されるスマホとなっておりますので、それよりも後に発売されるGALAXY NOTE10ならある意味当然のことかもしれません。

指紋認証機能が前面に搭載されるということは、それだけで非常に使い勝手もいいということになります。

背面の指紋認証というのはどうも使い勝手が悪く、背面がすっきりしません。特にケースをつけている人にとっては背面にあることで、それだけで認証しづらくなるのです。

それが前面にくるということはかなり便利になるでしょうね。

GALAXY S10でも前面ディスプレイに指紋認証機能が搭載されるようになりました。

それに伴い使い勝手はかなり向上するものと思われます。

GALAXY S10の指紋認証機能というのは、2019年4月時点では日本からGALAXY S10の発売がまだありませんので、実際に利用している人はいませんが、利用するとおそらくやめることが出来ないのではないかと思います。今までのように背面にあるより、前面にあるほうが間違いなく使い勝手は向上しますからね。

GALAXY NOTE10で4K解像度になる可能性も高い

Galaxy Note10+で4K解像度になる可能性も非常に高いことがわかりました。

4K解像度というだけでなく、4KでありながらOLEDという非常に素晴らしい組み合わせになる可能性があります。

日本市場ではXPERIAのPREMIUMモデルが4K解像度を採用しております。

4K解像度が実際に出力されているのは、動画を見ているときや写真を見ているときという一部の機能を触っているときですが、その理由は消費電力の問題です。

OLEDは消費電力はそこまで食うことはないと思われますので、つねに4K解像度になりそうですね。

今のGALAXYシリーズもそうですが、そのあたりは設定で変更できるようになるのでしょうね。

4K解像度というのは、最近テレビでは当たり前になりつつありますが、スマホではまだそこまで当たり前ということではありません。

それでも技術的には全く問題なく4Kにすることが可能なので、見た目もきれいになるGALAXYシリーズというのはかなり楽しみですね。

4Kまでになると気になるのは電力消費量となっております。それでも大容量バッテリーを搭載すると思われますので、それなりのバッテリー容量になるかと思います。

GALAXYシリーズではいわゆるノッチと呼ばれるものを利用しておりませんので、画面サイズはそろそろ限界に来ているのではないかとも思いますね。

GALAXY NOTE10ではイヤフォンジャックがなくなるかもしれない

GALAXYNOTE10はイヤフォンジャックをなくす方向に GALAXYS11でも同様の対応
今後GALAXYシリーズでイヤフォンジャックが無くなる可能性が非常に高いことがわかりました。 3.5φのイヤフォンジャックがあることでGALAXYシリーズを選択している人も多いと思いますが、3.5φのイヤフォンジャックは流れと...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、今後イヤフォンジャックというのはなくなっていく方向になっているようです。

SC-03L SC-04L SC-05L GALAXY S10 /S10+ 予約 Galaxy Buds プレゼントキャンペーン 特典
ドコモから今後GALAXYシリーズの最新モデルの発売が行われます。 現在グローバルモデルとして発表されたGALAXY S10シリーズでは、予約購入時にGalaxy Budsをプレゼントするという施策を開始します。 それに伴い、G...

Samsungはこのようなガジェットを販売します。

これはワイヤレスイヤフォンとなっており、ワイヤレスパワーシェアと呼ばれる機能により、ワイヤレスイヤフォンを充電することが可能なのです。

GALAXY NOTE10でも同様の機能が搭載されると思われます。

ワイヤレスパワーシェアと呼ばれる機能というのは非常に便利な機能の一つです。今後GALAXYシリーズには搭載されることは間違いないでしょう。

この機能が搭載されるとGALAXY NOTE10でもワイヤレス化が進んでいくかもしれません。

iPhoneも同様にワイヤレス化が進んでおり、iPhoneの場合有線で音楽を聞こうと思うとライトニングにイヤフォンを挿す必要があるのです。

GALAXY NOTE10でも同様の動きになることはほぼ間違いないかと思いますね。

GALAXY NOTE10では複数のモデルの登場の可能性が高い

GALAXY NOTE10では複数のモデルの発表が高いと言われております。

まずは画面サイズ違いです。画面サイズが異なるモデルが発売される可能性があります。

6.28、6.75インチのモデルが発売される可能性があるということです。

現在までNOTEシリーズというのは1つのモデルでしたが、小型の画面でもSペンを楽しみたいという人の要望に答えたものになるのではないでしょうか。

画面サイズを抑えたことにより、価格も若干安価になる可能性がもあります。

コンパクトモデルというわけではありませんが、約0.5インチほど画面サイズの大きさに違いがあります。

2つのモデルが発売されたところで、画面サイズは0.5インチ程度しか変わりません。

Sペンを利用する上での使い勝手という意味ではそれほど問題はないかと思います。

GALAXY NOTEシリーズは日本でも販売される予定になっているモデルですが、GALAXY NOTEシリーズとして2機種のモデルが販売されるのかどうかは未定です。

また今回はGALAXY NOTE10では5Gに対応するモデルが登場するとも言われております。

画面サイズ違いが2つでそれぞれ5Gに対応するモデルで2×2ということでトータル4つのモデルが発売される可能性が高いということです。

5G 次世代通信規格の割当 いつから?ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイルで実施
次世代通信規格の割当をドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルで完了しました。 いわゆる5Gと呼ばれるものとなっており、理論上は現在の4Gと比較すると100倍の通信速度となります。 今回割り当てられるものは以下の通りです。 ...

こちら日本でも5Gのサービスが徐々に近づいており、5Gに対する認知度もかなり出てくると思われます。

GALAXY NOTE10が販売される頃には5Gという言葉もかなり浸透しているものと想像できます。

今回5Gに対応しているモデルが複数販売されるということで、かなりオススメしたいですね。画面の大画面化はGALAXY S10+でもかなりの大画面となっており、大画面化に伴い、他のモデルでも大画面にしていく方向に進んでいくものと思われます。

GALAXY NOTE10はPROとeの2つのモデルが発売予定

GALAXY NOTE10は2つのモデルが発売され、それぞれに5Gモデル及び5G非対応モデルの2つの合計4つのモデルが発売される可能性が高いと言われておりますが、それぞれのモデルはGALAXY NOTE10 PROそしてGALAXY NOTE10eの2つのモデル名称になる可能性が浮上してきました。

6.75インチのモデルがGALAXY NOTE10PROと呼ばれるモデルとなっており、6.28インチのモデルがGALAXY NOTE10eとなる可能性が高いと思われます。

Appleではモデル名称にMAXやPlusなどをつけておりますが、GALAXYシリーズはPlusというモデルはあるものの、MAXというモデル名のものは存在しません。

今後iPhoneと異なる名称をつけつつも、似通った大画面モデルとそうでないモデルとの区別は行っていくものと思われます。

コンパクトモデルであったとしても6.28インチと非常に大画面です。正直なところ十分といえるくらいの大画面なのです。

今Androidスマホで5インチ台のスマホが少なくなってきました。5インチ台ならコンパクトという位置づけになるのではないかと思います。それくらい画面占有率が高くなっており、かなりオススメできるかと思います。2つのモデルの名称まで流出しており、今後発売を待つばかりかと思います。

複数のモデルのGALAXY NOTE10が発売される見込みとなっていますが、複数のモデルのGALAXY NOTE10であれば、日本でも複数発売されるの?と思うかもしれませんが、冬モデルでは発売されないでしょう。

正直なところ日本ではNOTEシリーズというのは、注目を浴びるものの、そこまで人気があるモデルではないのです。好きな人は好きなのですが、一般の人はたいてい別の機種を選択するのです。同じAndroidならXPERIAを利用する人の方が多いので、残念ながら日本では1つのモデルしか発売がありません。

GALAXY NOTE10ではSoDに対応

GALAXY NOTE10ではディスプレイから音がなる SoD サウンドオンディスプレイが搭載の予定
GALAXY NOTE10が今後発売される予定になっておりますが、GALAXY NOTE10ではサウンドオンディスプレイと呼ばれる技術が搭載される見込みとなっています。 今回そのサウンドオンディスプレイの内容がツイッターに投稿されてお...

こちらGALAXY NOTE10ではSoDに対応している可能性があるようです。

SoDというのは何かということですが、ディスプレイからサウンドを出力するという技術です。

これにより、ベゼルレスというものがさらに加速するものと思われます。ベゼルがあるスマホというのは最近非常に少なくなっており、Samsungもベゼルに関してはより少なくしようとかなり努力をしていると思います。

SoD技術を搭載しているスマホはまだ少ないのですが、GALAXY NOTE10に搭載されるのであれば、今後同様に採用するスマホは間違いなく増えるかと思います。

今後このような新しい技術が採用されるスマホというのは、飛躍的に伸びていくのでしょうね。

Galaxy Note10はDex機能が強化ノートパソコン並に

Galaxy Note10の日本語ページも充実 ノートパソコン並の容量が魅力的
GALAXY NOTE10用のホームページも立ち上がってきたようですね。Galaxy Note10専用のホームページなので、日本語されているだけといわれるとそうなのかもしれませんが、Galaxyシリーズでも日本で販売されていないもしくは販売...

Galaxy Note10ではDex機能がかなり強化されています。

ノートパソコンへUSBケーブルでつないで利用することが可能となります。

ノートパソコンへUSBケーブルをつなぐことで、ノートパソコンからリモートデスクトップのような機能を実現することができる様になりました。

これはかなりの機能強化かと思います。基本的にAndroid単体で楽しむこともできるわけですが、パソコンと接続することもできるということで、パソコンを利用している人にとっても非常にありがたい機能が追加されることになります。

ノートパソコンなどに直接つないで利用することができることで、色々な利用シーンを想定できるかと思います。

一番の利用シーンというのは、やはりAndroidとノートパソコンの融合です。リモートデスクトップのような機能もありますが、リモートデスクトップのような機能というのも、データのコピーなどもデスクトップ上からパソコンに行うことが可能となります。

これに伴い、どのようなメリットあるのかということですが、Galaxy Note10で撮影した動画なども瞬時に移動することができます。

WindowsとAndroidの互換性というのは、このようなところでも発揮されるわけです。これはかなりありがたい誤算です。

リモートデスクトップのように利用できるということで、ノートパソコンのリソースを利用することなく、Galaxy Note10のリソースとして利用することができるため、パソコンがそこまで重たくなることはないかと思います。また今回日本語のページもできており、日本語のページでは512GBのROMを搭載しているということも謳われており、大容量のROMを搭載することで、保存容量に困ることはなくなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました