GALAXY Note10 ギャラクシーノート10 スペック 発売日 価格 ドコモ au 日本発売は?

GALAXY

GALAXY Note10という機種が今後発売されると思われますので、紹介しておきたいと思います。

GALAXY Note10という機種が発売される頃というのは、2019年頃になる見込みです。

2017年ではGALAXY Note8までが発売されました。GALAXY  S7が発売された時にGALAXY S7とGALAXY Note7という名称の統合が行われました。

そしてその後GALAXY Note7は発火問題などで発売が見送られました。そしてGALAXY Note8という機種が発売されたのです。

そんな経緯のあるGALAXYシリーズですが、その中でのNoteシリーズというスタイラスが付属しているモデルに関してのスペックなどを予想してみたいと思います。

GALAXY Note10のスペック予想

GALAXY NOTE10というのはNOTE8からすると2つ後のモデルとなっております。NOTE8の前の前のモデルというのはNOTE5となっております。

NOTE5からNOTE8へのスペックアップはどの程度行われたのでしょうか?ということを基準に考えると現在この記事を掲載している2017年現在から2年後はどのように進化しているのかある程度想像することは可能となっております。

2018年にハイスペック機種に搭載されるCPUはSnapDragon845になる予定となっており、2019年にはSnapDragon855というモデルが発表される可能性が非常に高いです。

よってGALAXY NOTE10に搭載されるCPUというのはSnapDragon855が採用される可能性というのが非常に高いと思います。

GALAXY NOTE10になる頃にはRAMの容量に関しても8GBは当たり前になっていると思います。

8GBのRAMの容量というのはかなりのものかと思います。

ROMに関しても色々な種類のモデルが発売される可能性がありますが、128GBや256GBあたりになると思われます。

この頃になるとGALAXYシリーズでも3.5Φのイヤフォンジャックがなくなる可能性もありますね。

3.5Φのイヤフォンジャックがなくなるということがあったらある意味暴動が起きるかもしれませんが、これはiPhoneに続けでなくなってしまうかもしれません。

本当にそうならないようにしてもらいたいとは思いますね。

SnapDragon855という最新のCPUをQualcommは開発しているという情報があるようです。 Qualcommという...

すでにSnapDragon855というCPUは開発されており、こちらが搭載される可能性が非常に高いです。こちらのCPUは2018年にも発売されるといわれておりますが、GALAXY NOTE9が発売される2019年の主流のCPUとなっており、今後間違いなくこちらのCPUがメインになっていくことは間違いないでしょう。

GALAXY NOTEシリーズといえばスタイラス

GALAXY NOTEシリーズといえばやはりスタイラスでしょう。スタイラスが同梱されているスマホといえばやはりGALAXY NOTEではないでしょうか。

スタイラスの精度がかなりよくなる可能性もあります。スタイラスがあるからGALAXY NOTEシリーズを購入するというひとが非常に多いです。

スタイラスというのは本当に便利です。色々書くことが可能なので、メモ帳代わりに利用することが可能です。

メモ帳代わりにスマホが利用できれば本当に便利ですよね。

手書きメモをスマホで撮れるという醍醐味は本当になかなかないでしょうね。

GALAXY NOTEシリーズというのは本当にいいと思います。 GALAXY NOTE8が2017年現在発売されており、かなり売上も上々のようですね。

やはり人気機種であることは間違いありません。

スタイラスの使い勝手に関しては本当に賛否があるかと思います。手書き機能が大好きな人にとっては本当に使い勝手がかなりいいかと思います。ただし手書きではなく、文字入力でも十分という人にとってはスタイラスを利用する場面というのはあまり出てこないかもしれません。

それでも何か絵を書いてみたいなどという要望にはきっちりこのスタイラスは答えてくれるわけです。実際には鉛筆のように長くはないので、簡易的にしか字などを書くことは出来ないかもしれませんが、それでも間違いなくないよりマシです。

スタイラスがあるということが、このGALAXYシリーズですので、スタイラスを目当てに購入しても間違いないでしょう。

初回投稿日:2017年11月1日

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする