次期XPERIA F値が1.8に 2.0からさらに低い値に変更で暗い場所でキレイに撮れる

次期XPERIAシリーズのカメラがよくなるという情報です。次期XPERIAシリーズというのは、半年に1度発売されており、2018年の2月にMWCで発表される見込みになっている機種です。

XPERIAシリーズというのは、カメラ機能に関してはかなり期待している人が多いことは間違いありません。カメラといえばXPERIAといっても過言ではありません。それくらいカメラ性能を気にして購入している人が増えていることは間違いありません。

F値が1.8に変更

F値というのは暗室でのカメラの能力を示すものです。暗室でカメラを撮る時に、当然ながら明るく撮りたいと思う人は多いでしょう。

昼ならそれなりに明るく写真が撮れるのですが、暗室になるとカメラの性能が落ちたのかなぁ?なんて思う人も多いと思います。

そんなカメラの性能を示すF値ですが、F値がさらに低くなるということです。

F値が低いといっても実際にスペック表に出てくるのは画素数だけがメインに出てくるので、イマイチピンとこない人が非常に多いことは間違いありません。

それでも実は暗室で写真を撮るのであればF値というのは重要なファクターなのです。このF値を放置していてはいけません。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

現行のXPERIAのF値は2.0

F値 1.6の超高性能 V30+ L-01K LGのスマホのカメラ 写真 性能がずば抜けてオススメ

こちらの記事を見てもらいたいのですが、V30+という機種が今後ドコモから発売されるのですが、この機種というのはF値が1.6となっております。かなりの暗室での写真をキレイに撮ることができます。

このようにF値を売りにしている機種もあるほどなのです。

そのXPERIAシリーズのカメラがついに1.8となるのです。かなりありがたいはなしではないでしょうか。

F値が1.8となるとかなりキレイに写真を撮ることが可能です。暗室でもそれほど問題はありません。暗室で写真を撮る機会の多い人はXPERIAでも問題ないでしょうね。

このF値というのは、人によってはあまり注意して見ないと思いますが、見る人は見ます。カタログスペックにもF値のことはあまり触れられていないので、正直なところそこまで見る機会というものはないのかもしれませんが、やはりそれでも見ておくべきでしょうね。このF値がカメラ性能に与える影響というのはかなりのものだと思います。

画素数は据え置き?

ただし画素数は1900万画素に据え置かれるようです。

画素数は一時期2300万画素までいきましたので、そこまでなくてもいいのでは?と感じている人もかなり多かったと思います。

1900万画素というのは、今となってはそこまで高い画素数ではありませんが、一度2300万画素を経験しているソニーだから出来る画素数ダウンです。

そのためエンドユーザーとしてもなんとなくの安心感はあると思いますね。

次期XPERIAシリーズのカメラには期待したいところです。

初回投稿日:2017年10月30日


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。