AQUOS Sense SH-01K ドコモ 2017年 冬モデルとして発表 発売日は11月上旬

SH-01Kという機種がドコモの2017年冬モデルとして発表されました。auからはすでにこの機種の発表は行われており、それと同じ機種となっております。

基本的な性能は抑えられておりますが、シャープというメーカーの信頼性から考えると使える機種になることは間違いありません。

スマホ出始めの時代にシャープの機種を持った人もかなり多いのではないでしょうか。シャープの機種は日本国産スマホというだけあり、日本人が使いやすいようにかなりカスタマイズされております。

XPERIAなどの機種も当然ながら素晴らしい機種ですが、AQUOSシリーズというのは非常に素晴らしい機種になっております。

それではスペックを紹介したいと思います。

SH-01Kのスペック

大きさ 144.0×72.0×8.6mm
重さ 148g
OS Android7.1
CPU SnapDragon430
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 1310万画素/500万画素
カラー シャンパンゴールド、フロストラベンダー、シルキーホワイト、ベルベットBlack
Wi-Fi 802.11 b/g/n
その他 2700mAhバッテリー

低価格スマホということですが、エモパーも搭載しており機能としてはAQUOS Rなどと比較してもそれほど変わりません。

カメラのスペックなど細かい部分では当然ながら下になるわけですが、下になったところで、Androidスマホとしてやれることに関してはそれほど変わりません。

価格も非常におさえられているようで、3万円ほどで購入が可能ということです。

スマホの価格は本当に二極化していますね。高いモデルと安価なモデルの2つの二極化です。

この機種に関しては価格はかなり抑えられているので、スマホの最新機種にしたいと考えている人にとっては間違いないと思います。

ディスプレイはIGZOが採用されており、IGZOは非常に省エネです。

省エネでバッテリーの持ちもかなりよくなるので、バッテリーの持ちを気にしている人ならこの機種はかなりオススメ出来ると思いますね。

リッチカラーテクノロジーモバイル搭載

リッチカラーテクノロジーモバイルを搭載しております。

リッチカラーテクノロジーモバイルというのは、表現出来る色域が増えることで、より本物に近いかたちで表現出来るような技術です。

ディスプレイというものは毎日見るわけですからどうせ見るならキレイな画面で見たいですからね。新しい技術の搭載というのは本当に大歓迎です。

発売日は?

2017年11月上旬の発売日となっております。

発売日は割りと発表直後になるということです。

廉価版モデルというのはここ最近かなり販売台数を伸ばしております。

やはり購入し易い価格帯ということが受けているのだと思います。

初回投稿日:2017年10月19日