ARROWS NX F-01K ドコモ 2017年 冬モデル スペック 価格 発売日

2017年冬モデルの一つとしてARROWS NX F-01Kという機種を紹介したいと思います。

こちらの機種はARROWSシリーズとして登場しており、富士通の機種となっております。

富士通に関しては、日本ではここ最近はそこまでに人気はなくなってきておりますが、富士通は日本メーカーの機種ということもあり、信頼性はかなり高いモデルとなっております。

ドコモからは富士通の機種を基本的に毎回発売しており、ある一定のファンがいることは間違いありません。

ARROWSシリーズというのは5年ほど前から出てきたのですが、その間色々な問題と直面しながら継続して販売されているスマートフォンとなっております。

基本的な性能というのは富士通からするとフラッグシップモデルという位置付けの機種ですが、最近はミドルレンジのスマホという感じに変わってきているような気がします。

F-01Kの購入はドコモオンラインショップ


こちらドコモオンラインショップというドコモ公式のオンラインショップです。こちらのドコモオンラインショップでは非常に便利に購入出来ることを知っていますか?

ドコモオンラインショップでの購入を行うことにより、XiからXiへの機種変更時の事務手数料が無料になるのです。

それだけではありません。自宅まで送料無料で送ってくれるのです。

また頭金も無料となっており、かなりお得に購入することが可能なのです。

最近ドコモオンラインショップを利用する人がかなり増えてきており、かなりお得に購入することが出来るようになりました。

わざわざ店舗に足を運ぶ必要もありません。最近は店舗に足を運んでも1時間待ちはザラです。それが不要になるのはドコモオンラインショップだけです。

それではARROWS NX F-01Kのスペックに関して紹介したいと思います。

F-01Kスペック

大きさ 149.0×72.0×8.1mm
重さ 150g台
OS Android7.1
CPU SnapDragon660
RAM 4GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 2300万画素/500万画素
カラー Ivory White,Blue Black,Moss Green
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 2580mAhバッテリー、IPX5/8

スペックとしては一般的なスペックかと思いますね。

防塵などにも対応しているというのはさすがといったところ。

最近の富士通は若干強固なスマホを目指しているように感じます。

今回も1.5mから落としても問題ないような作りになっております。

富士通は今までの路線から若干ながら路線を変更してきたように思いますね。

若干ニッチな分野への参入ということを考えているのかと思います。

今まではどちらかというとハイスペックの富士通という印象でしたが、最近はそんな印象あまりありません。

ある意味ニッチな印象ということなのではないでしょうか。

今後は逆にこのような施策が流行っていくのかもしれませんね。

Exliderが素晴らしい

今回はなかなか素晴らしい機能が搭載されております。

再度の部分を触るだけで大きくなったりするのです。これは新しい機能ではないでしょうか。

このような機能というのは非常に面白い機能となっており、これはかなり使える機能の一つではないでしょうか。

さすが国産モデルといったところですね。

このExliderという機能はこの機種にしかない機能です。他の機種では体感することが出来ませんので、ぜひこれは利用したい機能ですね。

発売日は?

2017年12月上旬と案内されております。

MO-01Kとほぼ同じ発売日になるのではないでしょうか。

12月上旬というとまだまだ期間はあるように思いますが、2ヶ月弱での発売となります。

おそらく年末商戦などを睨んだ発売日になっていると予想されております。

価格はおそらく6万円前後くらいになると予想されますね。

それくらいの価格帯でないと富士通の機種は売れないのでしょうか?

価格に関しては最近かなりシビアだと思います。ハイスペックモデルは当然ながらかなり高額な価格設定になるのですが、ある程度知名度もあるので、売れるのですが、富士通は今はハイスペックモデルを発売するより価格で勝負している感が非常に強いですね。

価格で勝負している部分でいえばシャープも同様に価格で勝負している部分があります。シャープは海外に販路がまだあるので、少しはマシなのかもしれませんが、富士通は海外での販路はほとんどありません。日本メーカーでありながら海外進出が進んでいないメーカーです。

ヨーロッパなどでは出してほしいということもあるようですが、実際にヨーロッパで発売されている機種というのは、ソニーくらいでしょうか。

日本メーカーも日本以外の国でがんばってもらいたいですね。

2017年12月に発売予定

今回のARROWS NXというものもミル規格という落としても割れないという機種となっており、非常にメジャーな機種となっております。

富士通の機種はここ最近あまり売れていないようなので、次こそテコ入れを行うようです。

富士通は日本国産機種となっており、日本での知名度という意味ではかなりのものです。

知名度が高いスマホというのは、非常にいいと思います。富士通という機種はパソコンも作っており、信頼性は非常に高いです。

昨今そこまで富士通の機種を聞くことはなくなり、auなどから発売されることはなくなりましたが、ドコモでは継続発売中となっております。

ドコモは基幹システムを富士通のシステムを使っていることもあり、富士通の機種はある意味売り続けるわけです。

そういう意味では富士通の機種というのはドコモびいきにしていることは間違いありません。

個人的な感想としては富士通の機種はスナップドラゴンのCPUを採用してから評価がかなり高くなり、ある意味ニッチなところに出てきたと思います。ミル規格を採用している時点でニッチな分野に出てきたなぁ〜という印象です。

今のところミドルレンジスマホというものはそれほど発売されておりません。富士通は元々ハイスペックモデルを中心に発売をしておりましたが、ここにきてミドルレンジのスマホを発売してきております。ミドルレンジのスマホを発売することで、価格を少しでも安くする動きになっていると思われます。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

F-01Kは割れないスマホという位置付け

F-01Kというのは割れないスマホという位置付けとなっており、かなり人気が出る機種になると思われます。

今後発売は12月の上旬ということで、楽しみにしている人もいるでしょう。

なかなか割れないスマホというものはありません。非常に最近このようなスマホというものが少なくなってきたのです。

割れないスマホといったところで、実際に高いところから落としたら割れますからね。割れるのが普通なのですが、この割れないスマホというのは、非常にいいと思います。

ニッチな分野に参入してきた富士通のこれからの意気込みは非常に期待出来るかと思います。

割れないスマホというキャッチフレーズかなりオススメしたいですね。

割れるスマホというキャッチフレーズもいかがなものかと思いますが、実際に高いところからスマホを落とすと割れることが普通なのです。そういうことをクリアしているF-01Kという機種はなかなかのものではないでしょうか。

新CMもスタート

新CMもスタートしました。

新機種がドコモから発売されます。 F-01Kという機種となっており、今回は割れない刑事ということで、小栗旬及び山田孝之を使って...

具体的な内容はこちらに記載しております。

小栗旬及び山田孝之が出ております。このCMをかわきりに今回のこのF-01Kはかなり売れることが予想されます。

とにかく最近の富士通はかなり低迷しておりましたが、今回はかなり気合を入れております。

価格もXPERIAほど高くはないので、まだ購入し易い価格帯となっております。

F-01Kは今回本気で富士通が販売に力をいれている機種なので、かなり楽しみにしたいところですね。

新CMもスタートしてかなり売れているようですね。富士通は国産モデルということだけあり、国産モデルならではの機能も盛り沢山です。

初回投稿日:2017年10月18日