iPhoneXPlus XP アイフォンテンプラス /XS MAX スペック 予約 発売日 価格 予想 まとめ 大画面モデル


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

iPhoneXという機種がこれから発売される予定となっておりますが、iPhoneXPlusという機種も発売される可能性があることがわかりました。

iPhoneXPlusというのは大画面のiPhoneXということになり、6インチを超える機種になる可能性が非常に高いと思われます。

最新の情報では2018年に発売されるiPhoneというのは3モデルが発売される可能性が高いといわれております。

3モデル同時に発売となっており、それぞれ画面サイズの異なるモデルが3つ発売される可能性が非常に高いということです。

画面サイズが異なり、また画面を構成する部品も有機ELを採用する機種が2機種発売される可能性があるということです。

iPhoneXPlusの購入なら各社オンラインショップ

日本でも各社からiPhoneXPlusというモデルは発売されるでしょう。

<ドコモ>


ドコモでもiPhoneを所持する人はかなり増えてきました。iPhoneはもともとソフトバンクのみの発売でしたが、iPhoneの素晴らしさがみんなわかってきたということでしょうか。iPhoneがほしいと思う人はどこのキャリアでも所持できるようになったので、おもいきってドコモユーザーの人もiPhoneに乗り換えてみてはどうでしょうか?

ドコモオンラインショップは事務手数料無料のキャンペーンを実施しております。

事務手数料が無料になるということはかなりいいと思いませんか?

どんな契約でもドコモオンラインショップから契約すると事務手数料が無料になるのです。

かなりオススメしたいので、これは検討してもらいたいですね。

<au>


au Online Shopは頭金が不要となっております。

頭金だけでも1万円ほどかかる店舗もあるので、かなりお得です。頭金というのは基本的には店舗の販売手数料となります。

オンラインショップならそのようなこともありませんので、予約をしたい人にとってはオススメしたいですね。

<ソフトバンク>

iPhoneの購入といえばやはり予約して購入するということが定番となってきております。

各社から購入することが可能となっており、予約購入も可能です。予約をするとかなり購入し易いですからね。

予約開始時間は16時1分というのは最近定例となっております。今この記事を執筆している時点ではiPhoneXPlusの発売日は確定しておりませんので、いつかは不明ですが、予約開始時間は16時1分になることは間違いないでしょうね。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



iPhoneXSPlus

iPhoneXPlusというのはiPhoneXよりも大画面になり、6インチというかなり大きな画面になることが予想されております。

今のところ発売時期などは不明確ですが、これはかなり発売してほしいですね。

最近はiPhoneの購入比率でも大画面を選択する人がかなり増えてきて半分以上がPlusモデルを選択するようです。

ざっくり4:6の割合でPlusモデルのほうが売れているようですね。

iPhone8でも同様にPlusモデルのほうが売れているので、今後Plusモデルに力を入れていく可能性というものは十分考えられます。

基本的な性能部分というのはiPhoneXとそれほど変わらないと思われます。

これは予想ということなので、実際に発売されるかどうかわかりませんが、発売されるのであれば2018年度になるのではないでしょうか。

今回予定されているiPhoneXPlusでは画面の解像度も飛躍的に向上します。

2688 x 1242なる可能性が非常に高く、かなり高解像度となっております。

iPhoneはRetinaディスプレイを採用しておりますが、Retinaディスプレイを採用しているにもかかわらず、解像度はそこまで高くはありませんでした。

iPhone8Plusの解像度は1920 x 1080となっており、いわゆるフルHD解像度となっております。フルHD解像度というのは日本ではXPERIAシリーズがフルHD解像度を採用しております。他社に関してはいわゆる2K解像度というさらに上のものを採用しており、iPhoneXPlusの画面解像度が現在より増すということに対してかなり期待できるのではないでしょうか。

解像度が高いことにより、それだけ画面に表示させられる情報が増えるため、細かい字でも読みやすくなるでしょう。

6.5インチという大画面モデルは日本で流行るのでしょうか?日本で大画面モデルというのは最近かなり増えてきており、iPhoneの大画面化というのはAndroidからの顧客を奪うということも目標の一つになっているようですね。Plusモデルというモデルが発売されると当然ながらかなり売れるでしょうね。

このPlusモデルというのは正直なところAndroidの置き換えもそうなのですが、iPadMiniとの置き換えも想定されているようです。

どのような置き換えになるかというとiPadのようなインターフェイスにもなるかもしれないということで、非常に期待が持てるところです。

ここまでの大画面モデルならiPadは不要になるかもしれません。さすがに10インチクラスのiPadと比較するとどうかと思いますが、7.9インチのiPadとなら比較しても遜色ないレベルにまでなっている可能性は十分にありえますよね・・・

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



今後Plusモデルのニーズは増えていく

iPhoneもそうですが、大画面というニーズというのはどんどん増えていくと予想されます。

その理由というのは、やはり大画面モデルというのは動画や写真などがかなり見やすいということにあります。

他にもウェブサイトを見やすいということも考えられます。

他の理由としてはiPhoneの場合のPlusモデルはデュアルカメラを搭載するなど見た目からして性能が良さそうに感じる人が多いのです。

そういうことを考えるとやはりiPhoneでPlusモデルを選択する人というのは間違いなく多いと思いますね。

わたしも実際に今利用しているのはiPhone7Plusを利用しております。

ポケットに普段入れておりますが、かなりいいと思います。

どうせ買うならPlusモデルと考える人も多いのではないでしょうか。

このiPhoneXPlusにもかなり期待したいところですね。徐々にplusモデルの契約が増えているということで、plusモデルは価格も高いのですが、それでも売れているということです。

6.3インチモデルになるという噂

iPhoneXPlusは6.3インチになる可能性があるようですね。最新の情報ですと、iPhoneXの次のモデルというのは5.8インチ、6.3インチ、6.1インチのモデルが発売される見込みになっているようです。

iPhoneXPlusはその中でも最も大きいモデルとなる予想となっております。現行のiPhoneXと同様の大きさになる可能性もあり、非常に期待出来ると思います。

6.3インチというのは非常に大画面となっておりますので、かなり期待出来るのではないでしょうか。

5.8インチモデルでも最近はアプリも対応してきているので、結構大きく見ることが可能です。

6.3インチならかなりの情報量が表示されるのではないでしょうか。

最新の情報では6.5インチになると見られております。

今回は6.1インチ、5.8インチ、6.5インチの3つのモデルが登場する予定です。

その後6.5インチになるという噂

2018年8月の時点では6.5インチモデルになるという情報が一番有力です。6.5インチという非常に大画面モデルになる可能性が非常に高いのです。

今回2018年に発売されるiPhoneは6.5インチ、6.1インチ、5.8インチの3つのモデルが発売される予定になっております。

今まではPlusモデルという大画面モデルが発売されておりましたが、今回のPlusモデルというのは今までのPlusモデルよりも1インチも容量アップするのです。

相当な大画面に成長することは間違いないということです。6.5インチなら本当にタブレットクラスになるということです。タブレットは7インチレベルからタブレットになると思われますので、本当に大画面ですね。

大画面モデルというのは日本でも最近はそれなりに人気が出てきているようなので、かなり期待できるかと思います。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



有機ELはLG及びSamsungの2社購買に

2018年からはLG及びSamsungの2社購買になる可能性が非常に高いことがわかりました。

今まではSamsungのみからしか購入しておりませんでしたが、LGも今後はAppleに有機ELを供給する可能性が非常に高いことがわかりました。

有機ELというのは部材としてもかなり高い部材であることは知っている人も多いと思います。

そのため本体代金が高くなる要因の一つとしては有機ELというものがあります。その有機ELを2社購買するということは、価格的にも競争力が増えるため、かなり期待出来ると思いませんか?

大画面のiPhoneは本当にかなり使えるモデルとなることは間違いないでしょう。

そのため部材の価格もかなり上がるかもしれませんが、2社購買を行うことで、少しでも安価に購入できればと思います。

せっかく買うのであれば、少しでも安価に購入したいですからね。それが消費者の声ですね。

iPhoneXは使い方も自分で調べられるのでGOOD

おそらく今後発売されるiPhoneしかりですが、iPhoneは自分のiPhoneにサポートプログラムをインストールすることで、iPhoneがどのようなものかすぐに調べることが可能です。

iPhoneはマニュアルがないので、難しいという人もいるのかもしれませんが、iPhoneは基本的にはマニュアルがなくても利用することが可能です。

またiPhoneは上記の動画のような使い勝手なども非常に簡単に掲載されておりますので、本当に操作性などは抜群です。

iPhoneXを含めiPhoneを所持する人が多いことはわかるような気もしますね

名称はiPhoneXsPlusになるかもしれない

名称だけの話ですが、大画面のiPhoneXというのはiPhoneXsPlusという名称になるかもしれません。

iPhone7の次のスマホはiPhone7sだと思っていましたが、iPhone7の次はiPhone8となりました。

一旦iPhone7sというようなs と呼ばれるものはなくなりましたが、今後iPhoneXsと呼ばれる名称になる可能性があります。

iPhoneXの後継モデルであり、かつ大画面モデルということになります。大画面モデルというのは非常に期待できるかと思います。

今の段階では6.5インチくらいの大きさになる可能性が高いといわれております。6.5インチというとかなりの大画面となります。

どうせ使うなら大画面のほうがいいと思いますね。このままの見た目でいくのであれば、iPhoneXPlusというのは形状はiPhoneXの形状をそのまま大きくしたような見た目になると思われます。

またiPhoneXのようにホームボタンはありません。ホームボタンもありません。ひょっとしたらディスプレイに指紋認証を内蔵してくるかもしれません。

基本的に新しい機能が盛り込まれることは間違いないと思います。

今の段階からかなり期待できるスマホになることは間違いないと思いますね。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



型番はiPhone11.5

Appleが管理している型番は11.5となるようです。2018年モデルでは11というシリーズとなりますが、その中で11.3、11.5というモデルがOLEDを搭載したモデルになる可能性が非常に高いことがわかりました。

OLEDを搭載したモデルというものが上位モデルとなり廉価版モデルではLCDを採用する予定になっているようです。

廉価版モデルといったところで、画面サイズは6.1インチとかなりの大画面に進化しており、またCPUなどは上位モデルと同じということもあり、価格だけが安価ということになります。カメラなどはシングルカメラなのですが、基本的な要素というものは11.5というiPhoneXPlusとなんら変わらないのです。

今回は一番上位モデルの価格が非常に気になるところですが、10万を超えるレベルになる可能性もあり、正直なところ一般大衆としてはかなり厳しい価格帯になるかもしれませんね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。