2015年 5月以降に発売の機種をSIMフリーにすると ソフトバンクの機種+ドコモのMVNOが最高

2015年5月以降に発売の機種はSIMフリーで発売されるというニュースは以前お伝えしました。

2015年 夏以降に発売されるモデル(iPhone6sも)はSIMロック解除することを義務化

となると一番オススメな組み合わせをお伝えしたいと思います。

しかしながらキャッシュバックなどの条件が今と同じことが条件ですね。

まずはソフトバンクにMNPします。

MNPするときには当然ながら高額キャッシュバックがもらえる可能性が高いからですね。

そして、そこでSIMフリーの機種をGETするわけです。

しかしながらソフトバンクは半年間使う必要があるので(半年以内の解約は違約金倍増などの重い処分がまっている)半年は使いましょう。

ここで半年使ったSIMフリーの機種を次はドコモかauにMNPで飛ばすわけですね。

そしてこのSIMフリーの機種に契約したいのがMVNOのSIMです。

SIMフリーになっている機械なので、ドコモ系のMVNOでも使うことが可能なわけです。

何故ドコモかauに飛ばすのか?ということですが、最低維持費が安いからということです。

ドコモは番号保管サービスを使えば毎月400円で寝かすことが可能です。

ドコモの番号保管サービスを使って 毎月の最低維持費を400円に

auに関しては1000円ほどで寝かすことも可能です。

携帯電話の最低維持費はauがお得 寝かし 寝かせに最適

となると寝かすことを前提でMNPで飛ばすわけですが、それはそれでいいのです。

そうすることにより、新しい端末をまたGET出来る上に最低維持費で寝かしながらMVNOを使ってもソフトバンクで契約するより安価ではありませんか?

それを無限ループのように使うわけですね。

まだ先の話なので、机上の空論ですが・・・

実際そうなるとこれの無限ループが一番お得なように感じますね。

iPhone6sやXperiaZ4のSIMフリー化には期待

現行発売されている機種はSIMフリーにする必要はないということなので、今後発売される機種にかなり期待です。

5月の時点ではひょっとするとGALAXYS6も発売されていない可能性が高く、GALAXYS6やXperiaZ4などがSIMフリー化の対象になってくると思います。

そうなることでソフトバンクは苦境に立たされるわけです。

ソフトバンクの機種を安くでGETして解約された後にMVNOにMNPされるという感じですね。ソフトバンクはMNPに対する施策を打ち出してきており、それなりに通信費での回収は可能になりましたが、SIMフリー化にされるとかなり厳しいようですね。

いわゆるソフトバンクのMVNOにあたるのがワイモバイルになっているわけですが、ソフトバンクもワイモバイルへのMNPを認めるように(店によってはOKなところもある)なれば少しは本来の意味での他社の流出は防げるはずですよね。

今後はその方向になっていくのではないでしょうか。

ワイモバイル→ソフトバンク→ワイモバイル

このMNPの繰り返しが結局ソフトバンクに利益をもたらすわけですね。

初期投稿日:2015年2月9日