ヤフー 驚愕の30億人分の個人情報流出 米ヤフーだが 全人口の半数近くの流出には驚いた

昨日ニュースになっていたが、30億人分という非常に多くの人の個人情報を流出されました。

30億人分の個人情報をよくかき集めたなぁ〜と思うわけですが、本当にヤフーってすごい会社なんですね・・・

30億人ということは単純計算で日本の人口の半分くらいはその中に含まれるのではないでしょうか。

きっとわたしの情報もその中に入っているのでしょう。


個人情報の危機

個人情報を司るような会社というのは本当にセキュリティに関してはかなり力を入れておく必要があります。

個人情報を抜かれるということは、実際のところ今はデータで一括管理しているところが多いので、その穴をつかれるとかなり簡単に抜くことが可能となっております。

当然ながらヤフーなどという会社はそのあたりのセキュリティに関しての知識もすごいものがあるでしょう。また専門組織も持っているでしょう。

それでもかなりのデータを抜かれるということは、本当にびっくり驚愕ですよね。

最近重大セキュリティ事故がおきた時の損害額が1件あたり2億円を超えて過去最高になったというニュースもありました。

その2億円というのは、内部コストやこれからの対策予算なども含まれているといいますが、かなりの金額だと思いませんか?

正直なところ2億も被害額が出れば小さい会社なら吹っ飛ぶような額です。

それくらいが普通に失われるのです。2億円失われたらかなり厳しいと思いませんか?

そう考えると会社としてある程度のセキュリティ専門部隊をおいて対策にあたるほうが結果的に安くなると思いませんか?

中小企業であったとしてもかなりの情報を持っているのです。

・顧客データ
・従業員のデータ
・顧客重要データ
・銀行の情報
・自社のノウハウ

これらが流出したら大変だと思いませんか?

おそらく一時的には大丈夫かもしれませんが、これらがなくなるとどうなるのか?

企業は信頼を失う

情報が流出したところで、一時的には問題ありません。

おそらく保証などを払うことで、一旦は終息することが予想されますが、実は一番大きなものというのは信頼です。

その時に信頼を間違いなく失うわけです。

信頼を失ったらどうなりますか?

その後の取引が当然なくなっていくわけです。

信頼ってかなり重要で大事なことなんです。信頼を回復することは容易なことではありません。

ベネッセ事件でもまだ信頼回復出来ておらず、当時まで顧客は回復していないといいます。

個人情報などを流出させると、会社は多大な被害を被るわけだけではなく信頼も同時に失うわけです。

自社は大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、大丈夫かどうかは正直なところ誰もわかりません。

最近は基幹システムをクラウドに上げるなど、危険にさらされる可能性が非常に高いことは周知の事実ですが、利便性を考えるとクラウドに載せるということは悪い選択肢ではないと思いますが、セキュリティレベルは下がるということも懸念する必要があります。

自社は大丈夫ということは絶対ありませんので、もう一度見直してみるべきですよね。

初回投稿日:2017年10月5日

ツールバーへスキップ