auの機種をSIMフリーにしてドコモ系の MVNOの格安SIMを挿入してみた 通信出来るのか

auから発売されている機種をSIMフリーにしてみました。

SIMフリーにしてみましたが、結果的にau系の格安SIMを一般的には準備する必要がなく、手元にあったLINEモバイルで通信が出来るのか試したくなったので、一度試してみることにしました。

それでは本当に通信することが出来るのでしょうか?


auのSIMフリー機種にLINE MOBILEの格安SIMを挿した結果

こちらを見てもらいたいのですが、結果的に通信はできました。

この中での通信速度はそこまで早くはありませんが、通信速度は別で計測した結果では30Mbpsを超えるほどになっていました。

かなり高速に動作していたので、個人的にはかなりびっくりしましたね。

auのSIMフリーは一般的に何も考えることをしなければ基本的にau系のSIMを挿す必要があります。

au系のSIMというのは、最近ならUQ mobileを挿す人がかなり多いと思います。

それでは実はドコモ系のSIMでも通信出来る機種もあるということです。

実際にauのホームページにはどの機種がどの帯域で通信出来るかということも掲載されております。

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/compatible_network/

こちらに記載されております。

とはいうもののこれを見てもあまりわかりませんよね・・・

ある意味この帯域というのはプロが見るような感じになっているので、素人の人が見たところで・・・・という感じかもしれません。

それでも格安SIMの会社で対応している帯域とこの帯域がぴったりあえば全く問題ありません。

それくらいならプロでなくても見るくらいなら見れるのかもしれませんね。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIMフリーにするメリット

auの機種には限りませんが、ソフトバンクの機種も含めてSIMフリーにするメリットというのは、他社の格安SIMで利用するために実施している人がかなり多いわけです。

総務省主導の元にキャリアモデルの機種は非常に高く長期間にわたって利用が可能であるということを考えるとMVNOでも利用出来るようにしたいという総務省の指導があったからこそです。

SIMフリーにすることで、どんなMVNOでも利用出来るようにすることにより、毎月の通信費を下げるという施策をかなり前から実施してきているのです。

このようにこれから先というのはまだまだMVNOのSIMを利用出来る環境というものが整っていくものと考えるのが普通でしょうね。

今回はたまたまLINEモバイルを引き合いに出しましたが、LINEモバイルならドコモ系のスマホなら普通に通信を行うことが可能となっておりますので、ぜひそちらをご確認頂ければと思いますね。

初回投稿日:2017年10月2日

ツールバーへスキップ