2018年モデルのiPhoneにFaceIDが全部付く予定 廉価版のiPhoneにも?

2018年モデルのiPhoneにFaceIDが搭載される見込みです。

FaceIDというのはiPhoneXで初めて搭載された顔面認証です。

今までは指紋認証でしたが、iPhoneXではホームボタンがないので、認証方式は顔面認証に変更されるのです。

実際にどのようになるのか?というのは2017年11月の発売以降にわかるわけですが、顔面認証はまだなれない認証方式なので、正直なところ利用者の意見をかなり聞きたいですね。


2018年モデルは全モデルに搭載予定

2018年に発売されるiPhoneには全モデルにFaceIDが搭載される見込みということですが、今後ホームボタンはなくなる動きになっていくのでしょうか?

ホームボタンが削除されたところで使い勝手に関しては賛否があるかと思います。

使い勝手がよくなるのであれば、iPhoneでのホームボタンがなくなるということ自体は問題ないでしょう。

今回もKGIのKUO氏による情報となっておりますので、信憑性はそれなりに高いかと思います。

これに伴い全面ディスプレイを搭載するモデルがメインになるということはほぼ間違いないでしょうね。

2018年以降に発売されるモデルには有機ELを採用するとも言われおり、今後有機ELの需要はかなり増すとも言われております。

有機ELに関していえばGALAXYシリーズは以前から採用されておりますが、このiPhoneに関しては今回のiPhoneXが初めてです。

iPhoneは世界的にもメジャーな機種となっており、今回有機ELが採用されたことにより全面ディスプレイが採用出来たということを考えると結論からすれば今後の業界スタンダードは有機ELになっていくのでしょう。

安価なモデルでの採用はないと思いますが、フラッグシップモデルでは有機ELが採用された機種というのがかなり出てくると思われます。

引用元:iphone-tech

初回投稿日:2017年9月21日

ツールバーへスキップ