iPhoneX2 /MAX iPhoneⅪ iPhone11 XI スペック 予約 価格 容量 2019年モデル ドコモ au ソフトバンク

iPhoneXs及びiPhoneXsMAXの発売が2018年に開始されました。その後継モデルもかなり気になるところではないかと思います。

2019年モデルではどのような名称になるのでしょうか?名称に関してはまだそれほど噂も出ておりません。

iPhoneXsの次ということで、iPhoneⅪになるのでしょうか?そのあたりも含めて名称は期待したいところです。

通常であれば、iPhoneXSという名称のあとは型番が変更していました。ただし最近はそのあたりの採番ルールも変更されてきており、正直なところわからないと思う人も多いでしょうね。

iPhoneXSやiPhoneXSMAXの後継モデルとして販売される予定のiPhoneXIです。

iPhoneXIはiPhoneXSやiPhoneXSMAXからどのように進化するのでしょうか?徐々に情報も出てきているようですね。

iPhoneX2(Ⅺ)の予約はオンラインショップがオススメ

<ドコモ>

 

<au>

 

<ソフトバンク>

 

次期iPhoneですが、iPhoneは予約購入しないと発売日に購入することはできません。

iPhoneを予約購入するためには各社オンラインショップがオススメです。各社のオンラインショップから購入することにより、間違いなく発売日にGET出来る可能性が非常に高いわけです。

iPhoneXr ドコモ 毎月の維持費は1480円〜に 本体代金込みの価格で非常に安価

2019年5月14日

iPhoneXrが現在かなり安価に販売されております。

こちらも合わせてご確認ください。かなりお得に購入することが可能となっております。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

各社のオンラインショップというのは発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅まで送付してくれるのです。

発売日に自宅に送付してくれるということは発売日の数日前に発送してくれるわけです。

とにかく発売日にiPhoneが欲しい人にとっては間違いなくお得に購入することが可能となっております。

また各社のオンラインショップというのは頭金が不要です。本体代金とは別途頭金というものがある店舗があります。

頭金は店舗によりマチマチですが、頭金がないオンラインショップはお得に購入することができます。

ぜひオンラインショップはオススメ出来るショップですね。iPhoneはオンラインショップでの人気はかなりのものです。オンラインショップでiPhoneのかなりの売上を上げるということなので、本当に素晴らしいと思いますね。iPhoneは今後もオンラインショップでかなり成功をしていくモデルではないでしょうか。徐々に店舗からオンラインショップにシフトしていくと思われますので、かなり楽しみですね。

ドコモオンラインショップドコモオンラインショップならXiからXiへの機種変更時の事務手数料が無料なので、更に購入しやすくなります。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモは2019年iPhoneは新料金プランで対応

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年5月9日

2019年のiPhoneの販売方式はドコモは新料金プランでの販売方式となります。そのため端末購入サポートや他には月々サポートといった特典はありません。

ギガホというプランにしてiPhoneを存分に楽しんでもらうことをオススメしたいですね。

新料金プランでiPhoneを楽しむということは、動画やゲームなどのパケットを消費するものをたくさん遊んでもそこまで高額な支払いにはなりません。

いわゆるパケ死というものを防ぐことが可能となるのです。

またテザリングなどでも有効となり、結構お得なプランであることは間違いありません。

iPhoneXIのスペックを予想

iPhoneX2は2019年に発売されるということもあり、CPUにはA13が採用される可能性が非常に高いです。

RAMの容量は4GBまでいく可能性も十分に考えられます。

有機ELディスプレイが採用されることは間違いないでしょう。

有機ELディスプレイに変わることにより、もちろんかなり薄型になる可能性が高いわけです。

有機ELはiPhoneXから引き継がれるわけですが、他のモデルも含めて有機ELが採用されるわけですね。

有機ELというのはある意味素晴らしい画面になることは間違いありません。いままでGALAXYシリーズでは採用されておりましたが、iPhoneにも採用されたことにより、各社のAndroidにも採用されることはほぼ間違いないと思います。

続いてカメラです。カメラはやはりデュアルカメラだと思います。

デュアルカメラですが、やはりF値は1.6くらいまで下がる可能性がありますよね。F値が下がることにより、暗室でもかなりキレイに撮ることが可能です。

暗室で写真を撮るということはもう当たり前になっております。最近流行りのインスタ映えするためには暗室でのカメラ撮影というものは必須になっているのです。最近の人は本当にカメラ機能に重視をおいている人もかなり多いと思います。

また芸能人が利用している写真などもかなりの人は気にしているでしょう。そういうことをからiPhoneの利用率というのはかなり増えていることは間違いありません。

iPhoneXMAXという機種は6.5インチという大画面モデルとなっており、iPhoneX2とiPhoneXPlusの2つの機種を今後発売することはほぼ間違いないかと思います。

iPhoneⅪではカメラが3つ搭載される予定

iPhone Ⅺに搭載されるカメラはトリプルカメラに リーク画像が流出

2019年1月9日

こちらの記事を確認してもらいたいのですが、iPhoneⅪではカメラが3つ搭載される見込みです。

3つのものカメラが搭載されるということで、カメラ好きには本当にたまらない仕様になっております。

現行では広角及び望遠の2つのカメラが搭載されておりますが、それがどうなるのでしょうか?

暗い場所での撮影に特化したカメラが搭載されるのかさらに望遠ができるようなレンズを搭載してくるのか非常に楽しみです。

現在iPhoneのカメラは10倍までのズームに対応しております。

それが20倍くらいまでズームに対応することができれば、コンデジ以上の性能に近づく可能性もかなりあります。

カメラの画素数に関してもかなり気になるところですね。画素数も飛躍的に向上していくのでしょうか。それらトータル的にどうなっていくのかかなり楽しみです。

カメラ性能に関してはもともとiPhoneはきれいと定評がありました。カメラ性能がいいということはかなりいいことかと思います。

最近はインスタグラムなどのツールを利用してカメラを利用する人もかなり増えているのです。そのためインスタなどを利用する人にとっては本当にカメラ性能というのはいいに越したことはありません。そういう観点からもiPhoneXIに搭載されるカメラというのは、非常に期待できるかと思います。

カメラが3つ搭載されるのはMAXのみのモデル限定のようです。

それ以外のモデルでは残念ながらカメラはデュアルカメラ止まりだと思います。

GALAXY S10+などの 2019年モデル 発表 デザイン 画面サイズ スペック カメラはトリプル 1TBのROMのモデルも

2019年4月14日

こちらGALAXYシリーズの最新モデルでもトリプルカメラが搭載されたということで、もう少しこのあたりはがんばってもらいたいところですよね。

MAXモデルのみがトリプルカメラになり、もうひとつのiPhoneⅪは残念ながらデュアルカメラのままということになります。

それでも毎年iPhoneはカメラのバージョンアップを行っており、カメラに関しては毎年かなりきれいになっております。そのためiPhone2019年モデルでもカメラ性能に関しては期待できるのではないかと思います。

iPhoneは先進的なイメージもかなり先行しており、iPhoneのカメラを基準に他のAndroid機種が製造されているような感じもします。

それだけ全世界から期待されているモデルであることは間違いありません。

A13のCPUを予想

次に発売されるCPUというのはA13になると予想されます。A13というのはA12の後継のCPUとなりますが、7nmというプロセス・ルールにて製造される見込みです。

基本的にA12と同じプロセスルールになります。

とはいうもののトータル的にはスペックの向上があるかと思います。

ちなみに2019年の初旬に販売される予定のXPERIA XZ4のベンチマーク結果は、40万程度となっております。

こちらがその結果です。iPhoneXSなどが36万程度なのです。

こちらiPhoneXRの結果です。

それよりはよくなることが予想されますので、おそらく45万程度までいけばかなり御の字ということになるかと思います。

基本的にはベンチマークというのは、CPUの速度に依存することが多いです。そういうことを考えるとベンチマークの結果が非常に高くなることが予想されます。

ベンチマークの結果というのは、その機種の能力を客観的に計測するものとなっておりますが、iPhoneとAndroidではそもそもOSも異なる為、実際のところはAndroidとiOSとで比較しても非常に難しいかと思います。

それでもおそらく近似値にベンチマークアプリも製造されていることから、iPhoneで計測した実測値というのは、Androidスマホの実測値とさほど変わらないという印象です。

iPhone 2019年モデルではFaceIDが新しくなる

2019年モデルのiPhoneではFaceIDが新しくなります。

2019年 iPhoneでは新型FaceIDを搭載したモデルが発売される予定に

2018年11月6日

こちらFaceIDの記事となっておりますが、新しいFaceIDが搭載されることにより、おそらくそれなりに暗い場所でも認証ができる様になると思われます。

現在のFaceIDは寝る前の本当に暗い場所では認証が出来ません。

本体の明かりで認証してもらいたいのですが、残念ながらそこまで精度がいいというわけではありません。

残念ながらそこまで精度がよくないので、そのあたり含めてFaceIDの能力が高くなることは大歓迎したいところですね。

FaceIDが新しくなり、暗い場所でも認証のロック解除が可能となる可能性が非常に高いです。

ロック解除が寝室でできないという人も結構多いと思いますが、そういう部分が解消される可能性が非常に高いということです。

日本国内におけるFaceIDの利用状況
日本国内でもFaceIDを利用して認証をする人が増えてきておりますが、FaceIDというのは、マスクをする日本人にとってはかなり辛いものと言えるかと思います。
指紋認証の頃は基本的にいつでも認証を解除することが可能でしたが、FaceIDになってから不便だと感じる人が相当増えてきたことは間違いありません。
iPhoneXにて初めて指紋認証機能が排除されFaceIDになり、2018年モデルではすべてのモデルでFaceIDが搭載されました。
そのためFaceIDに戸惑う声もかなり多かったことは事実あります。
・寝ぼけた顔でFaceIDをしても認証されない。
・マスクでは認証されない。
・メガネをかけると認証されない。

これらの不満も非常に多かったと思います。
認証されないという不満に関してはFaceIDを利用している時点ではどうすることもできないのです。
日本ではFaceIDというのはあまり受けない機能の一つなのかもしれません。

2020年モデルで5Gがやってくる?

2020年モデルのiPhoneで5Gがやってくるという情報があります。

2019年モデル今回記載しているモデルですが、こちらでは残念ながら5Gはやって来ません。

5Gというのは現在日本でもかなり高速通信になるということで、かなり期待している人も多いと思います。

日本での商用開始は2020年〜ということになりますので、2020年に5G対応のiPhoneが発売されてもおかしくはありません。

2019年の時点ではまだ5Gには対応しておりませんので、逆に今のタイミングで5G対応のモデルが発売されたとしてもその恩恵を受けることはできません。

2020年まで5Gは待ちたいですね。

それでも高速通信に対して期待している人もかなり多いはずです。私も5Gという次世代高速通信はかなり楽しみです。

ドコモ5Gは2020年に 商用開始 テスト運用は2019年9月から開始の予定

2019年5月14日

こちらに5Gに関する記事を掲載しておりますので、5Gに関して興味のある人は一度確認いただければと思います。

iPhoneが5Gに対応すると日本でもかなり5G対応のモデルが増えてくると思われます。

iPhoneユーザーの大半が5Gって何?と思うかもしれませんが、5Gに対応しているiPhoneが発売されるとやはり興味を示すことは間違いないと思います。

5Gになれば、かなり高速な通信ができるかと思いますので、かなり期待できると思います。

発売日の予想

iPhone6s 2015年9月25日(金)
iPhone7 2016年9月16日(金)
iPhone8 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年11月3日(金)
iPhoneXs 2018年9月21日(金)
iPhoneXs MAX 2018年9月21日(金)
iPhoneXr 2018年10月26日(金)

こちらが過去に発売されたiPhoneの発売日となっております。

やはりこれから予想するなら2019年の9月20日前後の金曜ということになります。

9月20日もしくは9月27日の発売と考えるのが妥当でしょうね。

複数のモデルが登場する可能性もあり、発売日に関しては今後どうなるのか未定です。

1つの発売日は9月の末頃になるかと思いますが、複数のモデルが発売される場合は複数の発売日になる可能性もあります。

発売日当初は在庫も非常に少なく、手に入れることがかなり難しいと思います。iPhoneの発売時期というのは日本では3月に続いて一番売れる時期です。

そのため各社かなりの施策を出してくると思われます。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

指紋認証機能が搭載される可能性

2019年発売のiPhoneで指紋認証機能が復活の予定 画面埋め込みに?

2019年3月29日

こちらに記事を確認いただきたいのですが、埋め込み型の指紋認証機能が搭載される可能性が非常に高いと思われます。

埋め込み型の指紋認証機能を搭載しているモデルというのは、すでに日本でも販売されておりますが、GALAXYシリーズもそれに追随すると言われており、埋め込み型を搭載するモデルというのは、もっとたくさんのモデルで採用される見込みとなっております。

画面に埋め込まれることで、利便性が向上する上に画面のサイズは現行のままとなり、非常に使い勝手がよくなると推測されます。

指紋認証が前面にくるということで、非常に使い勝手もよくなると思われます。

iPhoneXSの価格から2019年モデルを予想する

iPhoneXS iPhoneXSMAX iPhoneXR
64GB 128,952円 141,912円 98,496円
256GB 147,096円 160,056円 104,976円
512GB 171,720円 184,680円 116,640円

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXR 価格 値段 いくら 実質 一括 ドコモ au ソフトバンク 情報

2019年5月17日

こちらドコモの参考価格となっておりますが、iPhoneXRの64GBが10万円を切る価格帯ですが、それ以外のモデルではすべて10万円以上の価格設定となっております。

かなり高額な価格設定となっており、ここまで高額なモデルなら正直なところ次のモデルもこれより上の価格設定になると思われます。

相当高くなると思われますので、そのあたりがかなり微妙な部分です。価格が高くなるということはそれだけ売れにくくなります。

iPhoneX2の動画コンセプト動画

こちらにコンセプト動画が出てきました。

こちら背面から見るとデュアルカメラですが、縦置きではなく横置きとPlusモデルと同じような感じになっております。

見た目としてはデュアルカメラはこのような見た目のほうがかっこいいですね。

しかしながら写真や動画を横画面で撮る人が増えてきており、たてて動画などをとる人はそれほど多くはいません。

そういうことを考えるとiPhoneXのように横置きでも問題ないのかもしれませんね・・・

2020年でも5Gにはならず

5Gという次世代通信規格というものが2020年にも出てくると思われます。

2020年に通信規格が5Gになるということで、現行のLTEいわゆる4Gよりも100倍早くなるということです。

100倍の通信速度になるということで、かなり期待している人も多いと思います。

AndroidではGALAXYシリーズやXPERIAシリーズでも5G対応モデルが2019年にも発表されると言われております。

5Gに関しては2020年に正式運用が開始されるということで、かなり期待している人も多かったと思います。

ドコモ5Gは2020年に 商用開始 テスト運用は2019年9月から開始の予定

2019年5月14日

こちらを確認してもらいたいのですが、商用運用が近々出てきます。

iPhoneでも5Gに関して期待したいと思うかもしれませんが、2020年でも5G対応にならないといわれております。

それは若干悲しいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

2018年モデルのiPhoneXSは通信速度がかなり高速になった

こちらの記事を見てもらいたいのですが、2018年モデルはかなり通信速度が向上されるかもしれません。

通信速度が向上され、1Gbpsにも対応する可能性があります。

日本では1Gbpsのサービスはまだ開始されておりませんが、今後1Gbpsのサービスが開始されることはほぼ間違いないでしょう。

1Gbpsのサービスが開始されると、それに対応するスマホが続々と登場すると思われます。

技術的には1Gbpsのサービスが開始されるとそれを利用するスマホというものはすでにあるわけですが、残念ながらキャリアの整備がまだそこまで整っていないので、サービスの開始が出来ないのです。

Intelも新しい通信規格「LTE-Advanced Pro」に対応する新型LTEモデムチップ「Intel XMM 7560」というものを開発しており、基本的に組み込むだけで通信も可能になるでしょう。

今後さらなる通信速度の改善は行ってもらいたいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

2018年iPhoneのモデルは3モデル登場予定

2018年 iPhone スペック 3種類をリリースと日経が報じる 廉価版の機種の発売

こちらの記事を見てもらいたいのですが、2018年に発売されるiPhoneというのは3モデルになる見込みです。

2台は有機ELのモデルが発売される見込みになっているようですね。有機ELを搭載したモデルというのは、iPhoneXをかわきりに今後iPhoneの画面は有機ELに変わっていくと言われており、順当なながれかと思います。

部材の価格も液晶と比較すると価格は高くなりますが、今後iPhoneに提供されることにより、価格は若干ながら下がっていく傾向になると思われます。

価格が下がるということは、それだけ他の機種でも採用される見込みとなっております。

有機ELを搭載することで、さらに薄型になる可能性が高いということで、さらに新しい機能が盛り込める可能性があります。

上記の記事にもありますように、他には6.1インチのモデルが発売される可能性があります。6.1インチというのは、液晶モデルとして発売される見込みとなっております。液晶モデルも1つだけ残るということです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone 2018年モデルではLGが有機ELを提供する可能性が高い

2018年に発売されるiPhoneに関しては、LGが有機ELを提供すると言われております。

実際にはLGだけではなくSamsungも同様に有機ELを提供すると思われます。

これに伴いiPhoneXPlusという機種も今後発売される可能性があり、iPhoneXPlus及びiPhoneX2(イレブン)になるのかわかりませんが、このあたりの機種には2つの会社が製造した有機ELが採用される見込みになるでしょう。

有機ELというのは部材の価格としてはまだかなり高めに設定されているようですが、2社購買を行うことで、価格はかなり下がる可能性もあります。

そういうことを考えるとやはりiPhoneに関してはさらならる価格低下を求めたいですね。現状では10万円を超える機種となっております。

10万円を超える機種というのは、正直なところ消費者としてはかなり痛い価格設定となっております。10万円を超えると2年間毎月の支払いとしても5000円近くになってしまいます。

毎月5000円が機種代金として出ていくのです。これはかなり痛い出費であることは間違いありません。

そういうことを考えるとやはり毎月の維持費を下げるためにも本体代金の価格はかなり抑えてもらいたいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

RAMは4GB

RAMは4GBになる可能性が非常に高いようです。

ちなみにこれはハイスペックモデルに限るようです。

ハイスペックモデルというものは2機種発売される予定になっており、その2機種は有機ELを採用しております。

有機ELを採用するモデルが2つ発売され、iPhoneX2018年モデル及びiPhoneXPlusになる見込みです。

実際にまだ名称に関してはわかっていませんが、有機ELの2機種がハイエンドモデルであることは間違いありません。

それ以外にLCDを採用しているモデルも2つ発売される見込みになっているようです。

とにかく一番の最新モデルというのは、4GBのRAMを搭載する可能性があるということです。

4GBというとAndroidのフラッグシップモデルでは普通のことかもしれませんが、現行iPadで4GBモデルがあるものの、iPhoneでは3GBモデルしかありません。

そういうことを考えるとやはり4GBのモデルというのはかなり楽しみであることは間違いないでしょうね。

2019年モデルのiPhoneは5.8インチと6.5インチモデル

こちらに最新のiPhoneXの2018年モデルの情報を掲載しておきますが、6.5インチの大画面になる可能性が非常に高いことがこちらをみてもわかるかと思います。

2018年モデルの大画面モデルというのは、6.5インチという非常に大画面になります。

iPhoneXが5.8インチだったので、それよりも当然ながら画面サイズは大きくなるのです。画面サイズが大きくなることにより、当然ながらかなり今のiPhoneXよりも見やすくなるでしょう。

iPhoneXの5.8インチも現行のiPhone8Plusよりも画面が大きいわけですが、ノッチ部分があるのでやはり気になる人が気になるようですね。

このノッチがなければ、更に大画面に感じたかと思いますが、ノッチがあるのでそこまで大きくは感じません。

6.5インチという大画面になればノッチがあってもそれほど気になることはないかと思いますね。

6.5インチのモデルのiPhoneの名称はiPhoneXPlusとなる可能性もあります。iPhoneはスマホとしてここまでの大画面のモデルを発売するということは本当に今までなかったことです。

気になるのは価格ではないでしょうか。価格は相当高くなるのではないでしょうかね。

iPhoneは5.8インチと6.5インチの継続
2017年モデルのiPhoneXを皮切りに、2018年、2019年となるわけですが、2019年モデルも継続して5.8インチ及び6.5インチモデルの販売は行われる予定です。
5.8インチモデルは通常モデルとなり、6.5インチがMAXというモデルになると予想されます。
MAXは高いというイメージがあるものの、トリプルカメラを搭載し、非常に期待できるモデルになることは間違いありません。

CPUは7nmのプロセスルールにA12からA13への継続

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

A12では7nmというプロセス・ルールになりましたが、A13も継続して7nmのプロセス・ルールのスマホになる見込みです。

プロセス・ルールが細かいほうがバッテリーの消費も少なくなり、高性能であることが挙げられます。

こちらの記事を見てもらいたいのですが、7nmという非常に細かいプロセスルールで製造する可能性が高いことがわかりました。

7nmというのは相当細かいプロセスルールとなっており、消費電力の向上にはかなり期待できるスペックとなっております。

iPhoneというのは今のところ日本ではスマホの約半数を売り上げているという現実があります。

それくらい日本では人気モデルということですが、相当これは期待できるのではないでしょうか。2018年モデルのiPhoneというのはSnapDragon845と呼ばれるような他のスマホとはまたいい意味でブラッシュアップされたモデルとなることは間違いないでしょう。

プロセスルールに関してはSnapDragon855と呼ばれる次のモデルのものでは7nmが採用されるわけですが、2018年のうちに発売されるモデルで7nmのものが採用されるということは非常にありがたいということです。7nmのプロセスルールというのは個人的に見てもかなりオススメできるかと思います。j基本的にはそのプロセスルールが変更されるタイミングでのスマホの導入というのはかなりブラッシュアップされたモデルになることは間違いないと思いますね。

SnapDragon855とAシリーズのCPUというのは、よく比較対象となるかと思います。

AndroidはSnapDragon855と呼ばれるCPUを採用しており、CPU自体がAシリーズとは異なります。

動作するOSが異なるため、どちらのほうが能力が高いのかということは単純に比較することは難しいと思いますが、CPUの能力を単純に見るのであれば、SnapDragonのほうが高いような気がします。

コア数もSnapDragonほうが多いし、クロック数も高いです。そういうことを見るのであれば、間違いなく高いのではないかと思います。

2019年モデルのiPhoneではFaceIDとTouchID両方で認証可能になる可能性

2019年モデルのiPhoneではFaceID及びTouchIDの両方で認証が可能になる可能性が出てきました。

FaceIDとTouchIDの両方に対応したiPhoneが近々発売されるかもしれない

2018年12月18日

こちらの記事を見てもらえればいいと思いますが、2019年モデルではFaceID及びTouchIDの両方で認証が可能になると思われます。

画面埋め込み型の指紋認証技術が開発されていることは知っている人も多いと思いますが、iPhoneでもその技術を採用する可能性が非常に高いことがわかりました。

この上記のURLでの図はFaceIDの次にTouchIDを実施するという図を示しており、FaceIDで失敗してもTouchIDで成功させるという図となっております。

要するに複数の認証解除技術を盛り込みその順番で解除させるという特許となっているのです。

FaceIDを利用して認証解除出来ないという人も結構多いのではないでしょうか。その理由は寝顔だったり若干目をつぶっていたりといういつもと違う感じでFaceIDが自分の顔を捉えるとどうしてもこのようなことになるのです。

そのためその次に人が利用するのはTouchIDということで、TouchIDも解除をすることが可能にするという技術が出てくるわけです。

これはかなり楽しみなこと間違いありません。

iPhone 2019年モデルのカメラは3つで間違いなし

引用元:https://www.phonearena.com/news/iPhone-11-R-XS-Max-2019-molds-cases-images-new-design_id115969

こちらの写真を見てもらいたいですが、すでにここまでの画像が出回っているのです。

一番の大画面の機種に搭載されるとも言われておりますが、3つのカメラが変わった配置で置かれています。

基本的に3つのカメラを持つスマホというのは、まだ世界的に見ても非常に少なくなっており、XPERIA 1などでは3つのカメラを搭載しております。

それから遅れること約半年後にiPhone 2019年モデルが発売されるわけですが、かなり期待してもいいのではないかと思います。

iPhoneというのは、やはりかなり人気のGadgetとなっており、次でもかなり期待できるのではないかと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。