iPhoneX2 /MAX iPhoneⅪ iPhone11 XI スペック 予約 価格 容量 2019年モデル ドコモ au ソフトバンク


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

iPhoneXs及びiPhoneXsMAXの発売が2018年に開始されました。

2019年モデルではどのような名称になるのでしょうか?名称に関してはまだそれほど噂も出ておりません。

iPhoneXsの次ということで、iPhoneⅪになるのでしょうか?そのあたりも含めて名称は期待したいところです。

通常であれば、iPhoneXSという名称のあとは型番が変更していました。ただし最近はそのあたりの採番ルールも変更されてきており、正直なところわからないと思う人も多いでしょうね。

iPhoneXSやiPhoneXSMAXの後継モデルとして販売される予定のiPhoneXIです。

iPhoneXIはiPhoneXSやiPhoneXSMAXからどのように進化するのでしょうか?徐々に情報も出てきているようですね。

iPhoneX2(Ⅺ)の予約はオンラインショップがオススメ

<ドコモ>


<au>


<ソフトバンク>

次期iPhoneですが、iPhoneは予約購入しないと発売日に購入することはできません。

iPhoneを予約購入するためには各社オンラインショップがオススメです。各社のオンラインショップから購入することにより、間違いなく発売日にGET出来る可能性が非常に高いわけです。

iPhoneXrが現在かなり安価に販売されております。

こちらも合わせてご確認ください。かなりお得に購入することが可能となっております。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

各社のオンラインショップというのは発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅まで送付してくれるのです。

発売日に自宅に送付してくれるということは発売日の数日前に発送してくれるわけです。

とにかく発売日にiPhoneが欲しい人にとっては間違いなくお得に購入することが可能となっております。

また各社のオンラインショップというのは頭金が不要です。頭金だけで店舗によっては1万円以上搾取される店舗もありますので、それだけでかなりお得に購入することが可能となっております。

ぜひオンラインショップはオススメ出来るショップですね。iPhoneはオンラインショップでの人気はかなりのものです。オンラインショップでiPhoneのかなりの売上を上げるということなので、本当に素晴らしいと思いますね。iPhoneは今後もオンラインショップでかなり成功をしていくモデルではないでしょうか。徐々に店舗からオンラインショップにシフトしていくと思われますので、かなり楽しみですね。

ドコモオンラインショップドコモオンラインショップならXiからXiへの機種変更時の事務手数料が無料なので、更に購入しやすくなります。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

iPhoneXIのスペックを予想

iPhoneX2は2019年に発売されるということもあり、CPUにはA13が採用される可能性が非常に高いです。

RAMの容量は4GBまでいく可能性も十分に考えられます。

有機ELディスプレイが採用されることは間違いないでしょう。

有機ELディスプレイに変わることにより、もちろんかなり薄型になる可能性が高いわけです。

有機ELはiPhoneXから引き継がれるわけですが、他のモデルも含めて有機ELが採用されるわけですね。

有機ELというのはある意味素晴らしい画面になることは間違いありません。いままでGALAXYシリーズでは採用されておりましたが、iPhoneにも採用されたことにより、各社のAndroidにも採用されることはほぼ間違いないと思います。

続いてカメラです。カメラはやはりデュアルカメラだと思います。

デュアルカメラですが、やはりF値は1.6くらいまで下がる可能性がありますよね。F値が下がることにより、暗室でもかなりキレイに撮ることが可能です。

暗室で写真を撮るということはもう当たり前になっております。最近流行りのインスタ映えするためには暗室でのカメラ撮影というものは必須になっているのです。最近の人は本当にカメラ機能に重視をおいている人もかなり多いと思います。

また芸能人が利用している写真などもかなりの人は気にしているでしょう。そういうことをからiPhoneの利用率というのはかなり増えていることは間違いありません。

iPhoneXMAXという機種は6.5インチという大画面モデルとなっており、iPhoneX2とiPhoneXPlusの2つの機種を今後発売することはほぼ間違いないかと思います。

iPhoneⅪではカメラが3つ搭載される予定

こちらの記事を確認してもらいたいのですが、iPhoneⅪではカメラが3つ搭載される見込みです。

3つのものカメラが搭載されるということで、カメラ好きには本当にたまらない仕様になっております。

現行では広角及び望遠の2つのカメラが搭載されておりますが、それがどうなるのでしょうか?

暗い場所での撮影に特化したカメラが搭載されるのかさらに望遠ができるようなレンズを搭載してくるのか非常に楽しみです。

現在iPhoneのカメラは10倍までのズームに対応しております。

それが20倍くらいまでズームに対応することができれば、コンデジ以上の性能に近づく可能性もかなりあります。

カメラの画素数に関してもかなり気になるところですね。画素数も飛躍的に向上していくのでしょうか。それらトータル的にどうなっていくのかかなり楽しみです。

カメラ性能に関してはもともとiPhoneはきれいと定評がありました。カメラ性能がいいということはかなりいいことかと思います。

最近はインスタグラムなどのツールを利用してカメラを利用する人もかなり増えているのです。そのためインスタなどを利用する人にとっては本当にカメラ性能というのはいいに越したことはありません。そういう観点からもiPhoneXIに搭載されるカメラというのは、非常に期待できるかと思います。

A13のCPUを予想

次に発売されるCPUというのはA13になると予想されます。A13というのはA12の後継のCPUとなりますが、7nmというプロセス・ルールにて製造される見込みです。

基本的にA12と同じプロセスルールになります。

とはいうもののトータル的にはスペックの向上があるかと思います。

ちなみに2019年の初旬に販売される予定のXPERIA XZ4のベンチマーク結果は、40万程度となっております。

こちらがその結果です。iPhoneXSなどが36万程度なのです。

こちらiPhoneXRの結果です。

それよりはよくなることが予想されますので、おそらく45万程度までいけばかなり御の字ということになるかと思います。

基本的にはベンチマークというのは、CPUの速度に依存することが多いです。そういうことを考えるとベンチマークの結果が非常に高くなることが予想されます。

iPhone 2019年モデルではFaceIDが新しくなる

2019年モデルのiPhoneではFaceIDが新しくなります。

こちらFaceIDの記事となっておりますが、新しいFaceIDが搭載されることにより、おそらくそれなりに暗い場所でも認証ができる様になると思われます。

現在のFaceIDは寝る前の本当に暗い場所では認証が出来ません。

本体の明かりで認証してもらいたいのですが、残念ながらそこまで精度がいいというわけではありません。

残念ながらそこまで精度がよくないので、そのあたり含めてFaceIDの能力が高くなることは大歓迎したいところですね。

発売日の予想

iPhone6s 2015年9月25日(金)
iPhone7 2016年9月16日(金)
iPhone8 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年11月3日(金)
iPhoneXs 2018年9月21日(金)
iPhoneXs MAX 2018年9月21日(金)
iPhoneXr 2018年10月26日(金)

iPhoneX2というモデルの発売は2019年になるのでしょうか?iPhoneXsという名称で2018年モデルは発売されることはほぼ間違いないかと思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

指紋認証機能が搭載される可能性

こちらに記事を確認いただきたいのですが、埋め込み型の指紋認証機能が搭載される可能性が非常に高いと思われます。

埋め込み型の指紋認証機能を搭載しているモデルというのは、すでに日本でも販売されておりますが、GALAXYシリーズもそれに追随すると言われており、埋め込み型を搭載するモデルというのは、もっとたくさんのモデルで採用される見込みとなっております。

画面に埋め込まれることで、利便性が向上する上に画面のサイズは現行のままとなり、非常に使い勝手がよくなると推測されます。

指紋認証が前面にくるということで、非常に使い勝手もよくなると思われます。

iPhoneXsの価格から2019年モデルを予想する

iPhoneXS iPhoneXSMAX iPhoneXR
64GB 128,952円 141,912円 98,496円
256GB 147,096円 160,056円 104,976円
512GB 171,720円 184,680円 116,640円

こちらドコモの参考価格となっておりますが、iPhoneXRの64GBが10万円を切る価格帯ですが、それ以外のモデルではすべて10万円以上の価格設定となっております。

かなり高額な価格設定となっており、ここまで高額なモデルなら正直なところ次のモデルもこれより上の価格設定になると思われます。

相当高くなると思われますので、そのあたりがかなり微妙な部分です。価格が高くなるということはそれだけ売れにくくなります。

iPhoneX2の動画コンセプト動画

こちらにコンセプト動画が出てきました。

こちら背面から見るとデュアルカメラですが、縦置きではなく横置きとPlusモデルと同じような感じになっております。

見た目としてはデュアルカメラはこのような見た目のほうがかっこいいですね。

しかしながら写真や動画を横画面で撮る人が増えてきており、たてて動画などをとる人はそれほど多くはいません。

そういうことを考えるとiPhoneXのように横置きでも問題ないのかもしれませんね・・・

現行のiPhone8及びiPhoneXのスペック比較

機種 iPhone8 iPhone8Plus iPhoneX
大きさ 138.4×67.3×7.3mm 158.4×78.1×7.5mm 143.6×70.9×7.7mm
重さ 148g 202g 174g
OS iOS11 iOS11 iOS11
CPU A11 A11 A11
RAM 2GB 3GB 3GB
ROM 64、256GB 64、256GB 64、256GB
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ 5.8インチ
解像度 1,334 x 750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準) 1,920 x 1,080ドット 401ppi 1300:1コントラスト比(標準) 2436×1125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/700万画素 F値1.8 1200万画素/700万画素(背面デュアルカメラ) 光学2倍ズーム 広角F値1.8、望遠F値2.8 1200万画素/700万画素(背面デュアルカメラ) 広角F値1.8、望遠F値2.4 最大10倍のデジタルズーム
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー ゴールド、シルバー、スペースグレー スペースグレー、シルバー
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
最大800Mbps
その他 Touch ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー Face ID、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

こちらが現行のiPhoneのスペック比較となっておりますが、スペック的には両方ともかなりいいと思います。

次に発売されるモデルの名称はiPhoneX(テン)2になるのかどうかわかりませんが、期待している人は多いのではないでしょうか。

iPhoneは日本ではかなり人気のガジェットとなっており、非常にいい機種の一つです。ガジェットオタクに関して言えば、このiPhoneはどちらの購入をしようか考えている人にとっても間違いなくiPhoneXをとるでしょうね。

やはりそれは見た目です。価格はiPhoneXのほうが高いわけですが、見た目を考えるとやはりiPhoneXに分がありそうですね。

個人的に見てもiPhoneXのほうが欲しくなります。今回はiPhone8よりもiPhoneXのほうが売れることは間違いありません。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

次に発売されるiPhoneでJDIのディスプレイが採用される可能性

iPhone9になるのかiPhoneⅪになるのかまだ名称のほうは不明ですが、次に発売されるiPhoneの情報も徐々に出てきつつあります。

次に発売されるiPhoneに採用されるディスプレイはJDIが採用される可能性があるということです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

JDIというのは、ジャパンディスプレイという会社で日本の会社となっております。スマホやタブレットにかなりのディスプレイを採用しており、納入実績に関してもかなりのものかと思います。

納入実績もかなりあるので、どうなるんでしょうね。日本のメーカーということはかなり日本人にとっては嬉しいことになるのではないでしょうか。

JDIは最近のニュースではXiaomiに採用されるなど、中国製のスマホにも搭載実績があるので、非常にいいですよね。

色々なメーカーで採用実績があるので、Appleも目を付けているわけですが、有機ELは次のiPhoneで採用される見込みになっているので、JDIもそれに対応するのでしょうか。

そのあたりは今後どうなるのか楽しみなところです。

ディスプレイに関しては毎日触る部分です。そういう意味ではどこのメーカーになるのか非常に気になるところではないでしょうか。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

2018年モデルのiPhoneは通信速度がかなり高速になる可能性が高い

こちらの記事を見てもらいたいのですが、2018年モデルはかなり通信速度が向上されるかもしれません。

通信速度が向上され、1Gbpsにも対応する可能性があります。

日本では1Gbpsのサービスはまだ開始されておりませんが、今後1Gbpsのサービスが開始されることはほぼ間違いないでしょう。

1Gbpsのサービスが開始されると、それに対応するスマホが続々と登場すると思われます。

技術的には1Gbpsのサービスが開始されるとそれを利用するスマホというものはすでにあるわけですが、残念ながらキャリアの整備がまだそこまで整っていないので、サービスの開始が出来ないのです。

Intelも新しい通信規格「LTE-Advanced Pro」に対応する新型LTEモデムチップ「Intel XMM 7560」というものを開発しており、基本的に組み込むだけで通信も可能になるでしょう。

今後さらなる通信速度の改善は行ってもらいたいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

2018年iPhoneのモデルは3モデル登場予定

2018年 iPhone スペック 3種類をリリースと日経が報じる 廉価版の機種の発売

こちらの記事を見てもらいたいのですが、2018年に発売されるiPhoneというのは3モデルになる見込みです。

2台は有機ELのモデルが発売される見込みになっているようですね。有機ELを搭載したモデルというのは、iPhoneXをかわきりに今後iPhoneの画面は有機ELに変わっていくと言われており、順当なながれかと思います。

部材の価格も液晶と比較すると価格は高くなりますが、今後iPhoneに提供されることにより、価格は若干ながら下がっていく傾向になると思われます。

価格が下がるということは、それだけ他の機種でも採用される見込みとなっております。

有機ELを搭載することで、さらに薄型になる可能性が高いということで、さらに新しい機能が盛り込める可能性があります。

上記の記事にもありますように、他には6.1インチのモデルが発売される可能性があります。6.1インチというのは、液晶モデルとして発売される見込みとなっております。液晶モデルも1つだけ残るということです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

iPhone 2018年モデルではLGが有機ELを提供する可能性が高い

2018年に発売されるiPhoneに関しては、LGが有機ELを提供すると言われております。

実際にはLGだけではなくSamsungも同様に有機ELを提供すると思われます。

これに伴いiPhoneXPlusという機種も今後発売される可能性があり、iPhoneXPlus及びiPhoneX2(イレブン)になるのかわかりませんが、このあたりの機種には2つの会社が製造した有機ELが採用される見込みになるでしょう。

有機ELというのは部材の価格としてはまだかなり高めに設定されているようですが、2社購買を行うことで、価格はかなり下がる可能性もあります。

そういうことを考えるとやはりiPhoneに関してはさらならる価格低下を求めたいですね。現状では10万円を超える機種となっております。

10万円を超える機種というのは、正直なところ消費者としてはかなり痛い価格設定となっております。10万円を超えると2年間毎月の支払いとしても5000円近くになってしまいます。

毎月5000円が機種代金として出ていくのです。これはかなり痛い出費であることは間違いありません。

そういうことを考えるとやはり毎月の維持費を下げるためにも本体代金の価格はかなり抑えてもらいたいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

RAMは4GB

RAMは4GBになる可能性が非常に高いようです。

ちなみにこれはハイスペックモデルに限るようです。

ハイスペックモデルというものは2機種発売される予定になっており、その2機種は有機ELを採用しております。

有機ELを採用するモデルが2つ発売され、iPhoneX2018年モデル及びiPhoneXPlusになる見込みです。

実際にまだ名称に関してはわかっていませんが、有機ELの2機種がハイエンドモデルであることは間違いありません。

それ以外にLCDを採用しているモデルも2つ発売される見込みになっているようです。

とにかく一番の最新モデルというのは、4GBのRAMを搭載する可能性があるということです。

4GBというとAndroidのフラッグシップモデルでは普通のことかもしれませんが、現行iPadで4GBモデルがあるものの、iPhoneでは3GBモデルしかありません。

そういうことを考えるとやはり4GBのモデルというのはかなり楽しみであることは間違いないでしょうね。

2018年モデルのiPhoneXは6.5インチ?

こちらに最新のiPhoneXの2018年モデルの情報を掲載しておきますが、6.5インチの大画面になる可能性が非常に高いことがこちらをみてもわかるかと思います。

2018年モデルの大画面モデルというのは、6.5インチという非常に大画面になります。

iPhoneXが5.8インチだったので、それよりも当然ながら画面サイズは大きくなるのです。画面サイズが大きくなることにより、当然ながらかなり今のiPhoneXよりも見やすくなるでしょう。

iPhoneXの5.8インチも現行のiPhone8Plusよりも画面が大きいわけですが、ノッチ部分があるのでやはり気になる人が気になるようですね。

このノッチがなければ、更に大画面に感じたかと思いますが、ノッチがあるのでそこまで大きくは感じません。

6.5インチという大画面になればノッチがあってもそれほど気になることはないかと思いますね。

6.5インチのモデルのiPhoneの名称はiPhoneXPlusとなる可能性もあります。iPhoneはスマホとしてここまでの大画面のモデルを発売するということは本当に今までなかったことです。

気になるのは価格ではないでしょうか。価格は相当高くなるのではないでしょうかね。

iPhoneXで金色の発売が見送られた?

iPhoneXでは金色(ゴールド)モデルも存在した? アメリカのFCCから判明

こちらの記事をみてもらいたいのですが、iPhoneXの時にすでにゴールドモデルというものは発売される可能性があったということです。

それならiPhoneXというのは次のモデルでiPhoneX2のゴールドモデルというものは発売される可能性もあると思います。

iPhoneXというスマホは2018年も継続して発売されることはほぼ間違いないと思います。

iPhoneXというスマホは2018年にどの配色で登場するのかわかりませんが、かなり期待できるのではないでしょうか。

新色というわけではありませんが、iPhoneXの金色という色に関してはかなり期待できるかと思います。

CPUは7nmのプロセスルールに

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ
au
SB
ymobileL

CPUは7nmのプロセスルールになる見込みです。

次期 iPhone 2018年モデルで搭載されるA12は7nmのプロセスルールを採用

こちらの記事を見てもらいたいのですが、7nmという非常に細かいプロセスルールで製造する可能性が高いことがわかりました。

7nmというのは相当細かいプロセスルールとなっており、消費電力の向上にはかなり期待できるスペックとなっております。

iPhoneというのは今のところ日本ではスマホの約半数を売り上げているという現実があります。

それくらい日本では人気モデルということですが、相当これは期待できるのではないでしょうか。2018年モデルのiPhoneというのはSnapDragon845と呼ばれるような他のスマホとはまたいい意味でブラッシュアップされたモデルとなることは間違いないでしょう。

プロセスルールに関してはSnapDragon855と呼ばれる次のモデルのものでは7nmが採用されるわけですが、2018年のうちに発売されるモデルで7nmのものが採用されるということは非常にありがたいということです。7nmのプロセスルールというのは個人的に見てもかなりオススメできるかと思います。j基本的にはそのプロセスルールが変更されるタイミングでのスマホの導入というのはかなりブラッシュアップされたモデルになることは間違いないと思いますね。

2019年モデルのiPhoneではFaceIDとTouchID両方で認証可能になる可能性

2019年モデルのiPhoneではFaceID及びTouchIDの両方で認証が可能になる可能性が出てきました。

こちらの記事を見てもらえればいいと思いますが、2019年モデルではFaceID及びTouchIDの両方で認証が可能になると思われます。

画面埋め込み型の指紋認証技術が開発されていることは知っている人も多いと思いますが、iPhoneでもその技術を採用する可能性が非常に高いことがわかりました。

この上記のURLでの図はFaceIDの次にTouchIDを実施するという図を示しており、FaceIDで失敗してもTouchIDで成功させるという図となっております。

要するに複数の認証解除技術を盛り込みその順番で解除させるという特許となっているのです。

FaceIDを利用して認証解除出来ないという人も結構多いのではないでしょうか。その理由は寝顔だったり若干目をつぶっていたりといういつもと違う感じでFaceIDが自分の顔を捉えるとどうしてもこのようなことになるのです。

そのためその次に人が利用するのはTouchIDということで、TouchIDも解除をすることが可能にするという技術が出てくるわけです。

これはかなり楽しみなこと間違いありません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。