大画面のiPhoneを2018年には発売 6インチ超え 有機EL OLED採用 より薄型になるのか?

iPhoneの2018年モデルですが、かなり大画面のiPhoneが発売される予定になっております。

なんとiPhoneは6インチを超える画面になる可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhoneはすべてでOLED採用に

OLEDというのは有機ELのことですが、すべてのiPhoneでOLEDが採用される予定になっております。

2018年に発売されるiPhoneではすべて有機ELが採用される見込みになっているようです。 iPhoneに関して色々な噂がありますが...

こちらを見てもらいたいのですが、こちらにも同様の記事が掲載されております。

OLEDになるとメリットというのはやはり薄型になることでしょうね。薄型になることにより、iPhoneはさらなる薄型になると思われます。

しかしながらiPhoneは防水性能も入っているので、元々実はそれほど薄くはなりません。

しかしながら最近の成形技術はかなりのものだと思いますね。ゴムをそこまで薄く加工する技術というのは本当にすごいことだと思います。

それに伴い防水性能を担保しているわけです。

少し話がそれてしまいましたが、iPhone8sもしくはiPhone9で採用される可能性のある大画面OLEDですが、どれくらいの画面サイズになるのでしょうか?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

画面サイズは?

5.28インチと6.46インチの2つのモデルが発売される可能性が高いことがわかりましたが、5.28インチは今のところ保留になっているようです。

5.28インチが保留になっているのは現在の技術で大画面を維持しつつ小型化に成功したということにもなっているようですね。

画面サイズはある意味小型化されながら最大のサイズを求められているような気がしますが、実際にはすべての消費者がそれを望んでいるかどうかは疑問です。

小型モデルで画面サイズが小さくてもそれはそれで構わないと感じている人も多くいるはずです。

それでもiPhoneの2018年モデルにはかなり期待したいところですね。

引用元:etnews

初回投稿日:2017年8月30日