ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ドコモ シェアパック 回線ごとの上限通信量を設定可能に 分割請求オプションも可能

ドコモはシェアパックを回線ごとに上限の通信量をもうけることが出来る施策を9月1日から実施することを発表しました。

これに伴いどのようなことが有利になるのでしょうか?

そもそもシェアパックというのはどのようなものなのでしょうか?

シェアパックとは?

シェアパックというのは、親回線の人が10GBの契約をするとします。

するとそこにぶら下がっている子回線がその10GBから通信を行うということで、10GBを超えると高速通信部分が終わるということです。

仮に親を含めて4台が10GBのシェアパックに加入している場合は1台あたり平均で、2.5GBの通信を利用することが可能となります。

しかしながら1台が7GBほどの通信を行うとどういうことになるのか?ということですが、後の3台を3GBで分ける必要があり、実際のところ1人1GBの通信しか出来ないということになってしまいます。

そのようなことになってしまうと7GBも通信した人が通信をそこまでしないように縛りたいと思うわけです。

それが今回出来た施策となっております。

このようなイメージです。

回線毎に通信の上限を設定出来るため、○○の回線は3GBまでとか1GBまでとか行うことが可能です。それを超えたら低速通信になるのです。

これで家族の分け合い分を公平に負担させることが可能になるわけですね。これは結構いい施策だと思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

分割請求オプション

こちらが分割請求オプションとなっております。

シェア分の請求を分割して請求することが可能です。親になっている電話番号の負担はかなり大きいです。

それこそ20GBなどという契約をしている場合だとかなりの請求が発生しますが、これらの請求をみんなで分担することが可能となります。

それにより1つの回線への負担金額をかなり減らすことが可能です。

離れて暮らす家族にとってもこれはかなりありがたい施策になることは間違いありません。

基本的にそもそもこの施策が今頃?という感じですが、これにより、親の1台に負担をかけることなくスマホを所持することが可能になったことは間違いありません。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモへの機種変更はドコモオンラインショップがオススメ

ドコモへの機種変更はドコモオンラインショップがオススメなことを知っていますか?

こちらがドコモオンラインショップのホームページとなっておりますが、こちらのドコモオンラインショップは機種変更時の事務手数料が無料となっております。

ぜひ検討してほしいですね。

家族間で利用制限ができることで予算内に収めることが可能

家族間で利用制限ができるため、トータル10GBの契約の内訳を見たときに家族でたくさん利用して通信制限がかかるということがないように抑えることができるというのは非常に助かります。

外出先で動画の閲覧などを控えるだけで飛躍的に通信料というのは下げることができるわけですが、高校生や大学生のお子さんを持つ家庭ではなかなかそういったことが難しくなるのではないかと思います。

毎月の通信費というのは最近家計を逼迫しているとも言われております。

1人あたり1万円近くの利用料金を支払っている家族もかなりいるとも言われています。

4人家族で3万〜4万円という通信費を払っており、そこまでの支払いになると正直なところ家計は逼迫して当たり前かもしれません。

それが一人あたりの通信量を抑えることができれば、家計にはかなりいいと思います。

また今は本体代金も非常に高くなっており、高額な維持費を払うよりも高額な本体代金を払うほうが痛いと思っている家庭は多いと思います。

そのようなことから本体代金を圧縮したいと考えている人も多いと思いますが、本体価格というのはグローバル価格が適用されているケースが多い為、実際に価格を下げるということは難しいと思います。

どうしても10万円ほどの価格帯になってしまうわけです。

10万円を超えるような本体代金を2年で支払ったとしても毎月4000円ほどになります。4000円毎月通信量と合算で請求されるとなるとかなり辛いでしょう。それが4人家族の場合だとそれだけで、16000円ほどになりますからね・・・

分割で購入するというのもいかがなものかと思います。それくらい本体の価格というのは高止まりしている現状があるのです。

今後も本体代金は下がる要素が少なく、通信費を下げるような施策がいろいろ出てほしいですね。

2019年に入りドコモは4割通信費を下げるというような施策を打ち出す予定にしており、市場の期待はかなり高まってきていることは間違いありませんが、それに伴い、MVNOの消滅なども出てくるかもしれません。通信費は安いことに越したことはありませんが、通信費を下げなさいという政府の施策も本当にどうかと思いますね。確かに今は市場の原理がほぼ働いていないと思いますが、通信費を下げるとか本体と分離プランを出すとか結構難しい要求を出しているようですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。