au ソフトバンクのテザリングオプションは必要か不要か?解約すべきか?

ドコモはSPモードに申しこめばテザリングは使えます。

しかしながらauとソフトバンクはテザリングをしようと思うとテザリングオプションに申し込む必要があります。

通常は500円/月で発生しますが、現在2年間限定でテザリングオプションは無料となっております。

このテザリングオプションというものですが、本当に必要なのでしょうか?

そもそもテザリングとは?スマホ自身がルーターとなって、他の機種をネットワーク環境につなげることの出来る機能のことを指します。

これは必要か不要かといわれると、無料であれば是非付けるべきオプションです。

何故付けたほうがいいのか?ということですが、仮にノートパソコンがあれば、外出先でノートパソコンがネットにつなげることが出来ます。

他には任天堂DSみたいなものを所持している場合でもネットに繋げれます。

ありがたいのは、過去に使用していた古い機種もこのテザリングを使ってネットにつなげることが出来るのです。

古い機種なんか使わない、パソコンも何も持っていないという人なら不要かもしれませんが、たいていの人は何かしら他に通信の出来る機器を所持していることが多いのです。

ということはこれはつけるべきオプションです。

しかしながら2年間という限定でしかつけれません。

そうなると2年後には単純に500円毎月の維持費があがるわけです。

そうならない為にはやはり2年経てばMNPいわゆる番号そのままでお乗りかえをするのがお得だと思いますね。

そうすることで、この500円を浮かすことが可能です。

テザリングは必要なオプションなので、付けておいても損はないです。

注意点は

テザリング中にパソコンを使用しているとOSのアップデートなどが自動で動作することがあります。

その時に通信はスマホがするので5GBの制限や7GBの制限にひっかからないように注意が必要ですね。

Windowsを使っているならWindows Updateは光回線などに繋がっている時にだけ、ONにしたいところですが、自分では制御出来ません。

とりあえずアップデートを手動に変更しておきましょう。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

テザリングオプションは何かあった時には使える

2017年1月30日追記

現状では5GBまでの契約の場合テザリングオプションを使うことは無料となっております。その時は基本的にはカケホーダイ系のプラン及び5GBまでのプランであればテザリングオプションというのは無料です。

ここ最近流行りの20GB以上の契約の場合は1000円のテザリングオプションが発生しますが、4月まではそれが無料です。

5GBまでの契約を行う人はテザリングオプションというのは無料なので、これは申し込んでおいて損はないと思います。

万が一パソコンなどを外出先で動作させる必要があった時はこれで対処可能ですからね・・・

20GB以上の契約でも1000円が2017年4月以降に発生しますが、1000円でパソコンなどが外出先から使うことが出来るのです。

そう考えるとこれまた付けておいてもいいと思います。テザリングオプションという考え方はテザリングが出てきた時から色々言われておりましたが、特にソフトバンクはテザリングという言葉にはかなり敏感でした。その敏感な理由ですが、トラフィックの問題です。パソコンなどの通信をLTE回線に載せることは他の人達からするとあまり美味しい話ではありません。

他の人のトラフィックを食う可能性が非常に高く嫌っていたのですが、今はソフトバンクにしてもそういうことをに対して積極的に行ってきております。

こういうものもあるくらいです。

softbank Air 2/3 ソフトバンクエアー 自宅のネットが使い放題 パケット制限なし

こういうものを用いて、今は通信をどんどんさせている時代なのです。ということは正直なところLTE回線はまだ余裕があるといえると思います。

そういうことから本来なら別にテザリングはオプションという形ではなくてもいいのですが、それでもやはり儲けるためなのでしょうね・・・

それでも個人的にはテザリングオプションというものは付けておいて損はないような気がしますが、どうでしょうか?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

テザリングオプションは変わった

基本的にテザリングオプションは今は無料です。

無料ですが、以下の料金プランにした場合は1000円のテザリングオプション料金をとられます。

データ定額20/30
U18データ定額20

こちらのプランです。

個人的ですが、テザリングオプションは1000円とはいえ入っておくほういいと思います。

やはり外出先で他のガジェットで通信が出来るようにしたいと思うこともあるかもしれません。

しかしながら1000円発生するということはMVNOを利用するという手もあるのです。MVNOを利用しSIMフリーのスマホを利用することでテザリングも可能になるのです。

それなら結構お得かもしれません。

SIMロックフリー 格安SIM MVNO メリット デメリット キャンペーン 格安スマホ 安い

MVNOとはこんなものです。このようなものを使うというのもいいと思いますね。

テザリングオプションは仕事を外出先でする人は必須

au、ソフトバンクのテザリングオプションというのは外出先で仕事をする人にとっては必須なオプションです。

このオプションがあるかないかで大違いです。

またキャリアモデルのSIMを利用するということは速度低下が非常に少なくかなりメリットのあることではないかと思うのです。

格安SIMを利用して外出先で通信を行う人もいますが、実際のところ格安スマホを利用して外出先でスマホを利用するというのは時間帯によっては極端に遅い時もあり、仕事にならない可能性も高いわけです。

仕事にならないということは、本当に残念なことではないでしょうか。

基本的には仕事をしたいと思っている人が大半なので、仕事をしたいと思っている人はこのようなテザリングオプションを利用して仕事に活用するほうがいいと思います。

間違いなくそのほうがメリットがあると思いますね。基本的にはテザリングオプションというのは外出先で仕事をする人をメインに考えられた契約であることは間違いないと思います。それにしても同じ通信なのにオプションを付けるというのは結構しんどいですよね・・・

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。