富士通が携帯電話事業を撤退 ドコモ MVNOで富士通の機種がなくなる? 非常に残念

富士通の携帯電話事業が撤退するようです。

とはいうものの、すぐには撤退ということはなるかどうか少し微妙です。イアのところ売却するといってもどこに事業を売却するかはまだ未定のようです。

Huaweiなども攻勢をかける

Huaweiというメーカーがありますが、中国メーカーです。こちらのメーカーが富士通に攻勢をかけているようです。売却先に中国メーカーを選ぶというのは、最近普通のことになってきたようなかんじがします。

シャープも中国メーカーに売却しました。

このように海外メーカーに売却するということも悪くはないのではないでしょうか。Huaweiは日本法人での年収が1000万円を超えるなど非常に優秀な企業であることは知っている人も多いと思います。ある意味売却される社員も幸せなのかもしれませんね。

日本では有名メーカーといえば、ソニーやシャープ、京セラなどがありますが、こちらへの売却の可能性もゼロではありません。

日本人として海外メーカーに売却されることはちょっと悲しい感じもしますが、仕方ないことなのでしょうか?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ARROWS M04が最後の機種になるの?

富士通から今後ARROWS M04が発売されることは間違いありません。→その後ARROWS M04が発売されました。 ARROWSシリ...

こちらARROWS M04という富士通の機種です。こちらの機種というのは、MVNOで最近発売されたばかりの機種となっております。

日本でのMVNOに関してはかなり力のある機種になって欲しいですが、今後ARROWSシリーズというのは発売されないのでしょうか。それはそれで非常に残念な感じもしますよね。

個人的にはかなり発売してほしい機種の一つです。

ARROWS M05の発売に関してもかなり期待したいところですね。

初回投稿日:2017年8月22日