SO-01K ドコモ版 XPERIA XZ1 スペックの一部がリーク ベンチマーク結果も登場

SO-01Kというドコモの次のモデルになると予想されている機種ですが、ベンチマークに登場したようですね。

それではSO-01Kのスペックがどうなるのか紹介したいと思います。

それより先にこのSO-01Kという機種はドコモから発売されるということもあり、オンラインショップでの購入は可能な機種となっております。

まずはオンラインショップに関して紹介したいと思います。

ドコモオンラインショップで購入する

こちらがドコモオンラインショップとなっております。ドコモオンラインショップで購入するとXiからXiへの機種変更時の事務手数料が無料になります。

事務手数料だけで2160円ほど安価に購入することが可能となっており、かなりオトクなことは間違いありません。

またドコモオンラインショップでは頭金というものがありません。ドコモオンラインショップ以外の店舗で購入するとたいていの場合頭金というものがあります。

頭金というのは店舗が独自に実施している金額で店舗によっては5400円とか8640円とかとられます。これは本来なら払う必要はありませんが、店舗が独自に設定している場合は払う必要があります。

その頭金がないというだけで非常にオトクなことは間違いありません。

それではSO-01Kのベンチマークの結果をお伝えしたいと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SO-01Kベンチマーク結果

こちらがベンチマーク結果になっております。

スペックとしては4GBのRAMを搭載していることやSnapdragon835が採用されていることがわかります。

これらは現行発売されているモデルのハイエンドモデルでは一般的になってきました。

XPERIA XZ1というシリーズはフラッグシップモデルでありながら立ち位置を若干落としてきました。

秋モデルでついにハイスペックに並ぶということになるのではないでしょうか。

ハイスペックモデルというのはたのしみにしている人もかなり多いと思いますので、これは期待したいモデルになることは間違いありません。

SO-01Kがドコモから発表非常に人気機種に

SO-01Kがドコモから発表されました。

SO-01Kという機種は非常に人気機種になっております。

とにかく今回フラッグシップになったということで、スペックはかなりよく仕上がっているようです。

スペックがよく仕上がっていることもそうですが、ソニーが発売しているということで非常に人気が出るということです。

Androidといえばソニーということなのでしょうか。

XPERIAシリーズはドコモからだけでなく、au、ソフトバンクも発売します。

すでに予約が開始されており、かなり人気の機種になっていることは間違いありません。

実際にベンチマークを取得してみた

こちらベンチマークの測定結果となっております。

ベンチマークはその機種をきっちり評価出来るツールとなっており、今のところこのベンチマークアプリがあるので、その機種の本来の能力を測定することが可能です。

基本的にはベンチマークの結果はかなりの人が気になるでしょう。

今回発売されたSO-01Kはドコモ版ですが、他のauやソフトバンクからも同様の機種が発売されており、ベンチマークの結果は基本的にどこも同じだと思います。

今回取得したのはSO-01Kです。ドコモ版のXPERIA XZ1を購入する人が間違いなく多いでしょう。

ドコモはXPERIA XZ1含めたXPERIAシリーズをかなり発売しております。そのためXPERIAファンの人が非常に多いのです。

引用元:playfuldroid

初回投稿日:2017年8月1日