SnapDragon660 スナドラ660 ミドルレンジ 8コア搭載のCPU開発中 2017年秋モデル以降で登場の予定

SnapDragon660というCPUがQualcommから今後発売される予定になっております。

SnapDragonの6番台シリーズというのはいわゆるミドルレンジのCPUとなっております。

日本から発売されるスマホにも搭載される予定があるようですね。昨今ミドルレンジといってもかなりよくなってきており、十分の動作速度であることは間違いありません。

どんな仕様に?

オクタコアを搭載する1.84GHzで動作するといわれております。

スペック的には最新のSnapDragon835には及ばないものの、十分使えるレベルのスペックになるとも言われております。

十分使えるレベルということで、日本で発売されるスマホでもミドルレンジクラスに搭載されることが予想されております。

最近Qualcommから発売されるCPUに関していえばミドルレンジのものでもオクタコアを搭載するなど非常によくなってきていることは間違いありません。

数年前まではクアッドコアいわゆる4コアだったのですが、今はオクタコアが搭載されているのです。

パソコンでもデュアルコアのハイパースレッディングで動作するものがあるのに、スマホの世界では普通に8コアというものが採用されているということを考えればすごいですね。

今後このSnapDragon660を採用しているモデルは秋から冬モデルにかけて発売されてくるスマホに搭載されてくる可能性が高いと思われます。

SnapDragonの最高のシリーズはSnapDragon8番台ですが、6番台でも十分使える機種となっていることは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

新型プラットフォーム採用機種ZE554KL

Zenfone4という新しいモデルが発表されましたが、こちらで新しいSnapDragon660が採用されております。

このSnapDragon660の実力はどのようなものなのでしょうか?

この実力というのは本当に気になる人も多いかと思います。

基本的には新しいCPUが搭載されるとなると色々な機種でためしたくなると思います。

新型のZenfone4で搭載されたということは、今後日本でも展開されることは間違いないと思います。

このSnapDragonの6番台というのはミドルレンジのものに搭載されるということで、本当のハイスペックモデルには搭載されることはありません。

ハイスペックモデルに搭載されませんが、基本的にはハイスペックモデルとほぼ同じようなものになっております。

そこまですでにレベルが高くなっているのです。

引用元:weibo

初回投稿日:2017年7月28日