当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

docomo With お得 ドコモウィズ ドコモで機種変更 1500円の値引きを毎月受けつつ SIMフリー端末を利用

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

ドコモは毎月の割引を1500円受けられるサービスを提供していることを知っていますか?

しかも機種変更を行うまでの間継続して1500円の割引のサービスを受けることが可能なのです。

今後2019年4月以降に発表される新プランにより、ドコモウィズはなくなるかもしれません。

かなりお得な機種がいろいろと販売されており、現在このドコモウィズというサービスが格安SIM業界に対しての驚異となっているのです。

そのためドコモ ウィズを利用してスマホを購入する人が非常に増えているのです。

ドコモはシェアパックという考え方があり、契約したデータ容量を家族で分け合えるという制度があります。こちらの制度を利用して毎月1500円の通信費の割引を永年受けることが出来るというものです。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

docomo With戦略

1500円毎月の恩恵を受けることができる施策の適用条件などを掲載しておきます。

<適用開始時期>
「docomo with」対象製品を購入した日から適用され月内に契約した場合だと日割りで割引額が適用されます。ただし以下の場合は翌月からの適用となります。
・必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合
・月々サポート及び重畳適用不可のキャンペーン割引※1を適用中の場合
*1)
「月々サポート」「はじめてスマホ割」「シニア特割」「ドコモにチェンジ割」「ドコモの学割2017(1,000円/月割引)」「シニアはじめてスマホ割」は重畳契約不可となります。重畳不可のキャンペーン割引契約中の回線が「docomo with」を申込んだ場合、キャンペーン割引は当月末までの適用となり、「docomo with」は翌月からの適用となります。なお、「ドコモの学割2016」「ドコモの学割2017」について、基本料割引は重畳不可となりますが、dポイント進呈(1,000pt/月)等の各種特典およびボーナスパケット(5GB/月)のみ重畳適用されます。

<適用終了>
以下のいずれかに該当した場合は前月末までの適用となります。
・「docomo with」対象外端末への機種変更
・端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せずに定価で購入した場合やSIMフリー端末等の既にお持ちの端末にSIMを差し替えて利用した場合は「docomo with」を継続適用
・適用条件(対象料金プラン/必須パケットパック)を満たさなくなった場合
・回線解約

ドコモ 同じ機種を長く使うユーザーが安く 毎月の通信費を割引 維持費を下げるスマホ
総務省がキャリアに対して、安価にスマホを維持できるようにと、色々注文を出しています。 実際にスマホの価格は安価になっているのでしょうか・ 「docomo with」は、 2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了い...

こちらにdocomo With戦略のことを詳しく記載しておりますので、こちらを是非確認頂ければと思います。

このdocomoWith戦略というものは、毎月の通信費をかなり安価にすることが可能となっており、非常にオトクな契約が出来るということです。

シャアの子回線なら最低月額280円という維持費で利用することも可能になっている非常にオトクな施策です。

この施策を使わない手はありません。

毎月1500円を永続的に引いてくれるのです。これは非常にありがたい施策となっております。シェアを組んでいるのであれば、相当安価にスマホを維持することが可能です。毎月の維持費というのはかなり高いですからね。維持費を安く抑えるということは本当に必須事項ではないでしょうか。

そのためにこのWith対応の機種を購入するというのはありではないでしょうか。

with対象のスマホにはいろいろなモデルがありますが、基本的には廉価版という位置づけとなっております。

とはいうものの毎月1500円を永久に下げることのできるSIMを手に入れたということは間違いありません。

それではこの施策をどのように利用するのでしょうか。

ドコモオンラインショップにてドコモウィズ戦略対象の機種を購入する

docomo With戦略により、ドコモオンラインショップでも機種変更を行うことが可能です。

こちらの機種に機種変更を行うことにより、毎月の通信費の割引を永年利用することが可能なのです。

よって最もオトクになるのは2年と1ヶ月目以降継続して利用し続けるということです。

それ以外の端末であれば、2年間は端末の割引を継続して受けることが可能になっているので、2年間は実はどの端末でも問題ありません。

オトクになるのは2年以上経過して利用した時なのです。2年以上経過した時に最大の恩恵を受けることが可能となっているわけです。

2年以上利用することにより最大のメリット

永年割引ということは2年以上継続して利用することが最大のメリットです。

それはどういうことを示しているのか?ということですが、別に2年間この機種を継続して欲しいという願いがあると思いますが、2年間契約するとセキュリティの問題なども発生するということもあり、個人的にはオススメできません。

その時はSIMフリーの機種を利用するのです。

世の中にはSIMフリーの機種がかなりたくさん発売されております。2年以上利用する場合はSIMフリーの機種を購入するのです。それにより間違いなくオトクに永年1500円の割引を受けながら新しい機種を購入することが可能になっているのです。

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こんな感じのSIMフリーの機種を利用することにより、かなりオトクに契約することが可能となっております。

間違いなくオトクなので、ぜひ検討してほしいですね。

この1500円値引きされたSIMを持っておくということはかなりのメリットのあることではないでしょうか。毎月の維持費が300円程度となっており、かなりお安いのです。

安価に費用を抑えられたSIMというのは非常にお得です。

まさに格安SIMをドコモ回線からGETするというかなりの離れ業となっております。2年間スマホを維持し続けるということはそれほど難しくはありません。

スマホの維持も毎月数百円となっておりますので、維持に関してもそこまで気にすることはないと思います。そしてそのSIMをSIMフリーに挿す準備だけしておけばいいわけです。SIMフリースマホというのは昨今かなり発売されております。SIMフリースマホのメリットというのは、どこの回線にも縛られないという仕組みです。

どこの回線にも縛られないということで、非常にメリットがあるのです。それこそドコモのSIMを挿しても問題ありません。

毎月のスマホの通信費の恩恵をある意味最大に享受することができるのが2年以上経過したときです。

2年間毎月1500円の割引を受けた場合、最大36000円です。

それが仮に4年になったらどうでしょうか?72000円もの恩恵を受けることが可能なのです。

最近のスマホは廉価版モデルでもかなりいいモデルが多数販売されており、恩恵を受けることができるモデルというのがかなり販売されております。

そのため2年以上継続して同じスマホを使い続けるなんて人も今後増えてくると思います。

ドコモウィズ端末にiPhone7が登場

docomo withに関していえば最近はiPhone7がドコモウィズ端末として登場しました。

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こちらを見てもらいたいのですが、iPhone7が登場したことにより、さらにドコモウィズは加速すると思われます。

毎月の割引の恩恵を受けながらiPhone7は非常に安価に購入することが可能となっております。

4万円ちょっとくらいで購入できるようになりますので、2年以上維持するとかなり低価格でiPhone7を維持することができるということになります。

かなりお得な施策となっておりますので、初めてiPhoneを持つ人でもかなりいい施策です。

できる限り長く利用する

docomo withの端末はできるだけ長く利用することをオススメします。

毎月1500円安く利用し続けるということは2年で契約が終わるということは非常にもったいないのです。

できることなら5年くらい継続で契約し続けたいでしょう。

5年なら60回分1500円が引かれるのです。

9万円もお得にスマホを持てるわけですね。どうせなら少しでも長く持てるほうがお得であることは間違いないでしょう。

docomo withというのは少しでも長くdocomoと契約してもらうための施策となっているわけですね。

GALAXY FEEL2が非常にオススメ

GALAXY FEEL2 ギャラクシーフィール2 SC-02L スペック 発売日 価格
ドコモからGALAXY FEEL2という比較的安価なスマホが発売されました。 GALAXY FEELというスマホはすでに発売中ですが、それの後継モデルとなります。 安く維持することが可能ということで、FEELシリーズは実...

新しくGALAXY FEEL2という機種の販売が開始されました。

こちらの機種というのは非常にメリットがあるかと思います。

このGALAXY FEEL2という機種というのはスペックも高くカメラなどの性能も非常にいい機種となっております。

これからの時期に契約するのであれば、GALAXY FEEL2は非常にオススメできる機種となっております。

ただしこのGALAXY FEEL2という機種を学生が購入しても学割の適用にはなりません。

学割の適用になる機種というのは、ドコモウィズ対象の機種にはならないのです。

学割はドコモウィズと重複契約は出来ません。そのためGALAXY FEEL2の購入になるとドコモウィズが適用されます。

GALAXY FEEL2の割引額というのは、実際に1500円/月となっているので、実質学割と同じだけの割引となっています。

そしてこちらのドコモウィズに関しては1年だけで割引が終了することはありません。

基本的に継続的に割引が適用されます。次回の機種変更まで続くということでそういうメリットはかなりあるかと思いますね。

AQUOS SENSE2の販売が開始

AQUOS SENSE2というモデルの販売が開始されました。

AQUOS sense2 スペック 価格 レビュー 評価 評判 安く買えておすすめ機種に
SH-01Lの発売が開始されました。 AQUOS sense2という名称ですが、ドコモからはSH-01Lという名称で販売されております。 まずはどのようなスペックなのか紹介したいと思います。 AQUOS SENSE...

こちらのモデルがAQUOS SENSE2となっておりますが、どうでしょうか?

実はこのAQUOS SENSE2ですが、カメラ性能に関して非常に定評のあるスマホとなっているのです。

こちらiPhone8との動画比較となっております。

iPhone8もカメラ性能は非常に高いわけですが、実際のところAQUOS SENSE2と比較するとまだまだ高額機種です。

それがカメラ性能ではiPhone8より勝っているように思いませんか?

かなりレベルの高いカメラを搭載しているのです。

こちら単体で撮っている動画となっております。こちらの動画に関してもかなりのものかと思います。

カメラの性能に関してはかなりいいと思いますね。

カメラ性能が非常に高いスマホもドコモ ウィズ対象のスマホとして販売されているわけです。それだけドコモ ウィズ対象モデルであったとしてもレベルが上がっているということになります。

文字入力に関しても全く問題ありません。絵文字や顔文字も多数搭載されており、非常にいいと思います。

このように今かなり使えるモデルとしてドコモウィズ対象機種というのは販売されているのです。

かなりおすすめできると思われます。

一番安価なMONOを狙う

MONOという機種が実はかなり安価に発売されていることを知っていますか?

monoMO-01Kというモデルは非常に安いのです。

この記事を執筆している時点は2019年にはいってからですが、2019年の時点で毎月の支払いは1000円ほどとなっております。

24回の支払いを考えると毎月1500円値引きをする施策からすると毎月マイナスとなります。

このように非常にお得なのです。

このmonoMO-01Kを契約してSIMフリーのスマホで利用するという方法が最近ではかなりお得な方法となっております。

SIMフリーモデルのスマホというのは、最近ではかなりたやすく手に入れることが可能となっており、monoMO-01Kを契約してその後SIMフリースマホを利用するなんていう人がかなりいるわけです。

そういうことを考えると本当にこれはオススメしたい契約ではないでしょうか。

毎月の価格を抑えながら、お得に維持をするということが最近の流行りかと思いますね。

MONOはかなり安いモデルとなっており、2年間の維持費なら実質0円以下になります。最近なかなか実質0円以下のスマホってないですからね。

iPhone7がdocomo Withとして登場

ドコモ iPhone7 アイフォーン7 が安売り販売中 お得に契約したほうがいい
ドコモからiPhone7がお得に購入できます。 過去にはdocomo with対象機種となっていましたが、2019年6月1日からギガホとギガライトの2つの契約を行う必要があります。 それからはあまり販売台数が増えませんでしたが、...

こちらが最新の記事となっておりますが、docomo WithとしてiPhone7が登場します。

iPhone6sの販売も好調でしたが、iPhone7に入ってさらに好調になると思われます。

2016年9月に発売されたiPhone7ですが、未だに所持している人は多いです。

iPhone7で十分と思っていた人も一番いいのはiPhone7からiPhone7への機種変更ではないかと思います。

ずっとiPhone7を利用することになりますが、iPhone7を好んで持っていた人にとってはこれはかなりありがたい施策ではないかと思います。

iPhone7でもスペックなどは十分な仕上がりとなっており、かなりいいと思います。

年数でいえば2.5年ほど前に販売されたモデルですが、毎月の維持費が1500円割引になるということで、期待している人も多いでしょう。

またdocomo Withは次回機種変更まで永続的に1500円の割引となるため機種変更を行うと2年後も継続して1500円の割引の恩恵を受けることができるのです。継続して割引の恩恵を受けることができるというのは非常にいいことですよね。

iPhone7は近々販売するとは思っていましたが、思っていたよりも早い段階での販売となり、かなりありがたく思っている人は多いと思います。

iPhone7にはかなり期待したいところです。

ドコモウィズという言葉を聞いたことありませんか?ドコモウィズというのは、簡単にいうと毎月1500円の割引を次回の機種変更まで継続的に受け続けることができるというものとなっております。

ドコモウィズに加入すると仮に4年継続して契約するとどれくらいの割引の恩恵を受けることができるのかということですが、1500円x48回もの恩恵を受けることができるのです。

72000円も安くなるわけです。

実はかなりメリットがある機種というわけですね。

それではなぜそんな今でもiPhone6sをオススメできるのでしょうか?

ドコモ ウィズとしてiPhone6sをオススメできるわけ

現在発売されているiPhoneですが、最新はiPhoneXSやiPhoneXRなどの機種が最新モデルとなっておりますが、iPhone6sでもなぜいいのでしょうか?

iPhone6sというのは結構古めの機種として認識している人も多いと思いますが、そんな中でiPhone6sでもまだ大丈夫な理由をオススメしたいと思います。

iOS12がインストールできる

iOS12というものがインストールすることができるのです。このiOS12というのは、2018年に登場した最新のOSとなっております。

このOSというのは、iPhone5sまでインストールが可能となっており、iPhone6sの2世代前のモデルとなっております。

2世代前の機種でも2018年に登場したOSのインストールが可能ということです。

最新のOSをiPhone6sでも享受することが可能となっているのです。OSが新しいということはどういうことか?ということですが、セキュリティ的にいいということ以上に最新のOSでしか対応していないアプリや新しい機能を利用することができるということなのです。

そのためiOS12をインストールすることができるという点ではかなりのメリットがあるわけです。

またiOS12の機能面の強化として過去に発売されたモデルの動作速度の向上というものが挙げられます。

要するに過去に発売されたiPhoneであったとしても最新のOSにアップデートすることにより、最大の恩恵を受けることができるわけです。

AndroidスマホならiPhone6sの発売された年度いわゆる2015年になるわけですが、その頃に発売されたモデルというものは正直なところすでに販売を行っておりません。

またその頃に発売されているものというのは最新のOSにアップデートされることはありません。そのため2015年モデルのAndroidスマホなら利用することがかなり困難な状態になるのです。

そのため最新のOSを利用することができるということが最大の恩恵となっているわけです。

iOSのいつ頃までバージョンアップされる?

現在がiOS12となっておりますので、2019年に発表されるiOSというのは13です。

2020年ならiOS14となる見込みです。現時点でiPhone5sまで対応しているということを考えるとiPhone6sも2年後までのOSのバージョンアップの恩恵を受けることができると思われます。

となれば、2020年のOSのアップデートまで受けることができます。

そして次の2021年のiOS15のインストールはかなり厳しいものと思われます。

2021年のOSのアップデートが厳しかったとしても2021年の9月から10月にかけて最新のOSへのアップデートになるわけですので、そこまで耐えることができるということです。

またOSのアップデートに関してもそこまでこだわることがなければ、2021年も継続して利用することが可能ということで、2022年頃が次回の機種変更の頃と考えるとかなり長期間利用し続けることが可能となっているのです。

そのためiPhone6sを購入しても十分使い続けることが可能ということなのです。

ドコモウィズを利用することで、280円〜利用も可能

ドコモウィズを利用することで、毎月の通信費を280円〜利用することが可能となります。

これはドコモのシェアプランに加入することが前提になっているのですが、シェアプランの子回線を利用することで、280円で利用することが可能となります。

その内訳は以下の通りです。

980+300+500-1500=280円+税金ということになります。

980円というのは通話料の最低料金となっており、300円はSPモード利用料となっております。

500円というのはシェアパックの子に入る為の費用となっており、こちらの500円を払うことにより、シェアの子に入ることが可能となるのです。

そしてドコモウィズというのは、毎月の通信費から1500円の値引きの恩恵を受けることができる為、iPhone6sの維持費は最大280円+税金ということになります。

これが最安値でiPhone6sを維持する方法となっております。

とにかく安くスマホを維持したいという人にとってはこのiPhone6sというのは非常にオススメできるかと思います。

性能に関してはiPhone6sは非常に高性能です。iPhoneXSやiPhoneXRと比較すると劣るわけですが、それでも正直なところ十分利用し続けることは可能かと思いますね。

ドコモオンラインショップでの購入がオススメ

iPhone6sを購入するのであれば、ドコモオンラインショップが非常にオススメです。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 オンラインショップを利用する人が増えてきたということは、それだけリアルに行動を起こしてスマホなどを購入することが、面倒だと考える人が増えたことによるものだと...

こちらを見てもらえればいいのですが、事務手数料などが無料です。

事務手数料を無料で行ってもらえるということはかなりメリットがあります。

ぜひドコモオンラインショップでの購入を検討してもらいたいですね。

ドコモウィズは今後なくなる

ドコモウィズは今後なくなります。新しい料金プランが発動されるということで、今後はどうなるのでしょうか?

気にしている人もかなり多いかと思います。今後なくなりますが、今の時点でドコモウィズに契約しておくほうがいいのでしょうか?

ドコモ ウィズ 新プランの ギガライト ギガホに変更すると割引がなくなる件
ドコモウィズに加入している人もかなり多いと思いますが、ドコモウィズというのは、次回機種変更まで毎月の利用料金が1500円割引くという施策となっています。 そのためドコモウィズを契約して、継続してドコモを使い続けようと思う人はかなり多い...

こちらをご確認してください。2019年6月1日までにドコモウィズに契約しておくほうが間違いなくお得です。

それも1人だけの契約ならまだしも家族全員がドコモウィズに契約している場合は要注意です。

家族全員がドコモウィズの場合間違いなく新プランへの加入はもったいないです。

新プランにするよりも間違いなく2019年5月31日までに契約したいところですね。

引用元:iPhone6s

タイトルとURLをコピーしました