LG G8 ThinQ /+ Plus Pro スペック 日本 発売日 ドコモ au 新機能 予想 予約 噂


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

LGのGシリーズというものが世界的に見てもかなり人気のあることを知っている人は日本にはあまりいないでしょう。

世界的に見てもGシリーズというものは実はかなりの人気があるモデルの一つです。

それではGシリーズのG8に関して予想をしてみたいと思います。

LG G8は日本での発売はあるのか

まずは日本でLG G8は発売があるのか?ということですが、G8の発売はぜひ行ってほしいと思います。

ある意味期待を込めてという感じですね。まずG6というスマートフォンが発売されましたが、今のところ日本での発売はありません。

Gシリーズというのは世界的に見ても人気機種であることは間違いないわけですが、残念ながら日本での知名度という意味ではまだあまりありません。

日本ならXPERIAシリーズがAndroid機種の中ではかなりの知名度を占めているわけです。

そう考えると少し残念な感じがしますよね。

知名度がないから日本ではGシリーズというのはあまり売れません。

そういうことを考えるとやはり日本でのGシリーズの販売はないのでしょうか?となってしまいますよね。

それでも世界的に見れば購入することは可能です。最近はネットもかなり発達してきているので、ネットから購入しようとおもっている人もかなり多いことは間違いありません。そういう意味ではGシリーズもネットから購入する人はかなり増えていることは間違いありません。

それではどれくらいのスペックになるのでしょうか?

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



G8のスペックを予想

LGから発売されるG8のスペックを予想してみたいと思います。

今後2017年度中にSnapDragon845というCPUが登場すると言われております。

このSnapDragon845というCPUですが、SnapDragon835の後継モデルと言われております。

型番規則からSnapDragon855というCPUが845の後継に出てくると思われます。

今のところSnapDragon835というCPUの速度ですが、antutuベンチマークというソフトによると17万〜18万ほどの数値を示しております。

実はそれはかなり高いCPUとなっており、非常に高速に動作します。その前モデルではSnapDragon820というCPUでした。

SnapDragon820で15万ほどの能力でした。となれば、SnapDragon845で20万弱ほどとなり、それの後継ということであれば、21万ほどのベンチマークになると思われます。

当然ながら今より、1.3倍ほどは早くなることが予想されます。

またRAMの容量ですが、こちらもかなりの容量になると予想されます。おそらく8GBほどになることは予想されるでしょう。

続いてカメラですが、最近は画素数を上げるのではなく、単体のスペックを上げてきているような感じですね。

望遠などを付けたデュアルカメラというものが流行ってきております。画素数としては2000万画素レベルになることは予想されます。

LG G6のカメラの画素数が1300万画素です。とはいうもののF値が2.4のものと1.8のもの2つ付いているので、バランスがとれているのです。そのあたりがこれから先かなりのバランスがとれるようになると予想されます。

続いて画面の解像度ですが、このG8が発売されるころは2019年と予想されております。その頃になると4K解像度のものが発売されると思われます。

4K解像度というのはかなりの解像度ですが、現行XPERIA XZ PREMIUMでも採用されている解像度です。

これくらいの解像度のものは出てくると予想されます。

まだ先の話ですが、非常にたのしみな機種になることは間違いないと思いますね。

LG G8は4K解像度になる可能性も高い

こちら2018年の最新の記事となっておりますが、G8は4K解像度のディスプレイになる可能性があるようです。

4K解像度というとかなり高い解像度となります。

日本ではXPERIAシリーズの中でもPREMIUMモデルのみが4K解像度となっております。

4K解像度というのは最近テレビでは当たり前になってきておりますが、テレビの解像度というのは4Kといっても40インチとか50インチという非常に画面の大きさが大きいです。

それに比べてスマートフォンのサイズというのは5インチ〜6インチレベルです。

それくらい小さいモデルで4Kの解像度というと相当鮮明に見えることは間違いありません。

しかしながら、4K解像度といったところで、XPERIAのPREMIUMシリーズでは動画閲覧時や写真閲覧時と実はずっと4K解像度というわけではありません。

その理由は4K解像度をずっと保ったままにするとバッテリーの消耗が早くなるという理由からです。

バッテリーの消耗が早くならないように普段は2K解像度くらいになるとおもわれます。確かにずっと4K解像度でなくてもアイコンなどは十分綺麗ですからね。

4K解像度以外にも2019年に発売されるということで5Gにも対応している可能性も非常に高いと思われます。

4K解像度のスマホは2019年以降かなり増えてくるでしょう。

基本的に2019年以降にこのような4Kを採用したモデルのスマホが販売されることになるかと思います。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。