iPhone8の生産開始は11月から12月にずれ込み 初期の出荷台数は限定的に

2017年モデルのiPhoneを購入しようとしている人にとってはかなりの悲報ではないでしょうか。

iPhone8の本格生産開始が11月から12月までにずれ込むと言われております。

今が7月なので、本格生産開始までまだ半年近くなるということです。

3モデルが発売

今回発売される予定のiPhoneはiPhone7s及びiPhone7sPlus及びiPhonePlusとも言われております。

世間的にはiPhone8と言われておりますが、実際のところはiPhonePlusというのが正解のようです。

今回発売される3モデルですが、すべてのモデルにおいて残念ながら生産が遅れると味方をしております。

台湾メディア経済日報が報じるところによるとiPhone7s及びiPhone7sPlusの量産開始は8月前半になるということです。

これは今までの年よりも1〜2ヶ月ずれ込むということです。結構ずれ込むようですね。

これに伴い9月に発表は行われるものの、初回出荷に関しては残念ながらかなり少なくなり限定的になるといわれております。

組み立てはFoxconnが95%

今回のiPhonePlusの組み立ては95%がFoxconnが行うとされており、Pegatronは残りの製造を行っていると思います。

ただしiPhonePlus以外の製造はPegatronが65%担うと言われております。

通常であればiPhoneの製造に関しては2モデルだったのですが、今回は3モデル発売する予定になっております。

それが遅れの原因とも言われております。

今まで通り4.7インチ及び5.5インチディスプレイモデルとiPhonePlusの3モデルということで、量産体制にも手こずっているのかもしれませんね。

元々iPhonePlusは量産が遅れると言われておりましたが、やはり当初の予定どおり12月頃から出荷しだすのでしょうか?

在庫確保にやっきになる人もかなり多いでしょうね。

初回投稿日:2017年7月19日