32bitアプリはAppStoreから検索結果の排除 iOS11で昔のアプリは利用出来ない状態に

32bitアプリの排除は徐々に進んでいっているようです。32bitというのは、以前は主流でしたが、昨今ではOSも64bitということもあり、32bit対応を行わなくなってきております。
といっても消費者は32bitとか64bitとかあまりわかりませんよね・・・

32bitアプリが排除されると困る人は?

32bitアプリが排除されて困るという人は実はかなり少数だと思います。
32bitアプリが主流だった数年前のアプリを使い続けているという人は結構少ないと思います。
途中でアプリのアップデートがかかった場合は64bitアプリ化されている場合がたいていだからです。
昔のままアプリのアップデートがないというアプリは気をつける必要があります。
32bitアプリを使い続けるということは今後出来なくなります。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11で完全排除に

iOS11という次のiPhoneやiPadに搭載される新型のOSではこのように過去の遺産をどんどん排除していく動きになっているのです。
それはそれで構わないとも思いますが、やはり過去の遺産をそのまま使い続けているユーザーにとってはかなり不便ですよね。
しかしながら初期の頃にiPhoneを購入したというユーザーはある程度そういった知識も豊富なユーザーが多いのでそれほど問題になることはありません。しかしながらiPhoneがとりあえず人気だから機種変更してみたというユーザーはちょっと厳しいかもしれませんね。
そういう人は自分の利用しているものが何かということをわからない人が多いのです。
そういう人は使えなくなったから諦めようと思っていただければいいと思います。
OSのアップデートはわたし個人的にはわりと慎重に行うのですが、それを行わない人も結構多いことは間違いありません。
そういう人は突然アプリが利用出来なくなったといったところで、諦めるしかありません。そのあたりを見極めていく必要があるのかもしれませんね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11にしてから32BITアプリが動作しない人が非常に多い

最新のOSにした人もかなりいると思いますが、最新のiOS11にした時から古いアプリが動作しなくなったという報告がかなり出てきております。

アップデートする前までは動作していたけど、最新のOSになってからはアプリが起動しなくなったという報告です。

最新のOSにすることにより、最新の機能が利用出来るようになる反面古いものを切り捨てるということもやるわけです。ある意味それは時代の流れということで仕方ないことかもしれません。

時代の流れに逆らうことはできませんが、最新のアプリしか動作しないというのはちょっと悲しいですよね。

特にiOS11というのはiPadのためのアップデートとか言われております。いわゆるパソコンのように利用したいというiPadユーザーのニーズに答えたアップデートとなっていることがメインなのです。そしてその裏で32bitアプリケーションの排除というものも行われているわけです。

OSが新しくなることはいいことなのですが、やはり古いものを切るということはもう少しかんがえてもらいたかったと思います。

とはいうものの現在のアーキテクチャーとしては64bitというのが普通になってきており、64bitアプリケーションというのが普通なのです。その普通についていけなくなった古いアプリケーションというのはセキュリティの問題などもはらんでおりなんともいえないわけですね。

そういう観点から考えるとある意味古いアプリケーションを削除するというのは仕方ないことかもしれません。

引用元:toucharcade

初回投稿日:2017年6月5日