YouTuberは夢を与える仕事なのか? 子供が将来なりたい仕事にランクイン

YouTuberという職業をここ最近聞かれるようになりました。YouTuberというのは本当になれる仕事なのでしょうか?本当に仕事として成り立つのでしょうか?YouTuberに子供がなりたいと言ったら親はどう思うのでしょうか?
一昔前では考えられないようなことですが、子供の夢というのは結構切実なものがあるのです。

テレビの世界からネットの世界

昔は憧れるというのはテレビの世界でした。テレビの世界いわゆる俳優になりたい。女優になりたい。お笑い芸人になりたい。スポーツ選手になりたいというテレビの向こう側の世界に憧れる人が非常に多かったことは間違いありません。
確かにヒーローと呼ばれる仕事につく人というのは一部の限られた才能を持った人しかなれないということがある意味通説でしたからね。
それがYouTubeという非常に敷居の低いところまでになってきたのです。
YouTubeならアカウントを持っていたら誰でも投稿をすることが可能です。
当然ながら人気になるためにはかなりの努力も必要ですが、それなりの視聴者を集める必要がありますからね。
それでも昔はテレビというある意味敷居の高い世界だったのです。それが今ではスマホがあれば、YouTuberに誰でもなれるわけです。
そんなYouTuberですが、本当に職業として成り立つのでしょうか?
そのあたりが非常に疑問ですよね。



YouTuberの最高年収だけでは語れない

YouTuberのトップクラスの年収は1億円を超えているとも言われております。
1億円プレイヤーというのはサラリーマンではまずなれないレベルです。
1億円も貰えるならトップYouTuberになりたい!と思う人がいても当然なのです。
当然ながら大人でもそれに憧れる人というのはかなりいるに違いありません。
1億円も貰えるのであればやろうかなぁ〜としかも手元にあるスマホからの投稿で出来るのです。
それでは自分もYouTuberになれるかもしれない・・・と幻想を描くわけですね。
しかし世の中そんなにうまく出来ているはずはありません。基本的には動画を上げても誰も見てくれません。



負のスパイラルからやめる人が多い

動画を上げる

誰も見てくれない

動画を上げる

誰も見てくれない。

たまに見てくれていることを確認

収益に結びつかない

動画を上げる

結局誰も見ない

この負のスパイラルに陥った状態で人はモチベーションを高めることはできません。そして結局自分には才能がないということで諦めていくわけです。

確かに宣伝もしないで誰も見てくれるわけありません。

収入として儲けだすというのはやはり100万PVを声出してからと言われております。基本的に1回再生されるごとに平均0.1円となるのです。あくまで平均なので、もっと高い人もいるかもしれません。0.1円ということは100万PVの動画を作成したところで、10万円ほどにしかならないのです。

100万PVって普通に考えてすごくないか?と思う人も多いと思います。確かに100万回も再生させるというのは本当にすごいことです。しかしながら10万円程度なのです。初任給で20万円ですよね。そういうことを考えると10万円ってそれほど多くない金額なのです。



何を題材にするか 誰をターゲットにするかが大事

単純に動画を上げているだけではアクセスも増えないでしょう。結局職業にしようとするとターゲットを決めて何の動画をアップするかということを吟味する必要があるのです。実はそれって結構難しいと思いませんか?
いわゆるマーケティングの世界です。マーケティングの世界と動画制作という二足のわらじをする必要があるのです。
それって普通の人ならなかなか出来ないことかもしれませんね。それでもマーケティングって実に面白いです。
マーケティングが出来る人ならYouTuberになれるチャンスがあるかもしれませんね。
しかしながら動画を撮る技術というのもいるわけです。わたしも定期的に動画を上げているのですが、動画のクオリティは本当に最低です。自分でもわかっているのですが、普通にスマホのレビューをするだけなので、動画はスマホで撮っています。やはり気合の入った人ならビデオカメラそれもそれなりのいいもので撮る人が多いはずです。そういう色々なことを組み合わせて動画の作成を行うので、結構難しいことも覚える必要があります。
YouTuberになりたいということはいいことだと思いますが、結果的に職業として成り立つまでにはかなり厳しい試練がいるでしょうね。
しかもそれを継続的にやっていく必要があるのです。
かなり難しい職業の一つだとわたしは思っています。

YouTubeも広告収入へのハードルがかなりあがった

YouTuberへのハードルがかなりあがりました。

広告収入を得ることができるハードルをかなり上げてきたのです。

どれくらいあがったのか紹介したいですね。

・1年間に4000時間
・チャンネル登録者数1000人

これって結構ハードル高くないですか?

というレベルです。YouTuberを目指していた人はがっかりしているかもしれませんが、実はこれくらいないとそれなりの収益を得ることが出来ません。

実は4000時間年間に再生させたとしても広告収入としては数万円レベルです。

実は結構厳しいのです。広告で稼ぐということは非常に魅力的ですが、ハードルが非常に高いからやめておくという人も増えていくことは間違いないでしょうね。今後YouTuberも淘汰されていく時代がやってくるかと思います。
それこそ毎日動画を上げ続けている人がどうしても上位に表示されるようになっていくでしょうね。

逆にそれでいいのかもしれません。それでも実際にはYouTubeだけでメシが食えている人というのは本当に一握りです。

チャンネル登録者数の数が1000人ってすごいなぁ〜と思っている人もいると思いますが、それだけではメシを食っていくことはかなり厳しいでしょうね。

やはり10万人程度のチャンネル登録者数がいないとメシを食っていくレベルにまで達するのは厳しいのかもしれません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。